Top/1-781

1-781 の変更点


*オリジナルポエム 『単純』 [#n401ea13]
#title(オリジナルポエム 『単純』) [#n401ea13]
《単純》

純粋で
簡単で
単純で


絡まる事のない毛糸のような
ピースの少ないパズルのような
初めての告白のようなー…



気付いてた事があった
気付いてない事があった
気付かないふりをしている事があった
気付いているふりをしている事があった


「ねぇ」
「何」
「寒いな」
「そうだな」
「手」
「ん…」
「あったかい」
「俺は冷てぇよ、体温奪うなって」
「やーだ」

大きい目と長い睫と
乾いた唇と白い息と

甘い、甘い、甘い、

指先がからまって
奪われる
体温も、何もかも、全て

「ねぇ」
「何」
「寂しいな」
「寒いじゃなくて?」
「ん、寂しい」
「何が」
「わかんない」
「…そっか」


まだ指は
絡んだままで


「ねぇ」
「何」
「好きって10回言って」
「…好き好き好きすきすきすきスキスキスキ好き」
「ありがと」
「何だよそれ」
「わかんない」
「ばーか」

互いの指がじゃれ合うように
まだ絡んだまま解けなくて
体温はまだ、俺のが高い


間が在って、
つい口走った言葉があった

「寂しい?」
「ううん」
「何で?」
「だって、手、あったかいもん」
「何だそれ」
「好きって言ってくれたから」
「そんなんで良いの」
「うん、好き」

大きい目、長い睫
乾いた唇、白い息

閉じて、伏せて
重ねて、殺して


「ねぇ」
「何」
「今の何?」
「ちゅー」
「そっか」
「ん、」


静かな道は
やたらと寒くて
溜息を吐く事すら
許されなくて


愛してる、と呟こうとしたら
やけに重たい言葉だと気付いて


「ねぇ」
「何」
「もっかいしよ」
「何を」
「ちゅー」
「ばーか」
「何で」


恋人じゃない
友達じゃない
親友じゃない

恋人より寂しくて
友達より甘くて
親友よりあたたかい

「ねぇ」
「何」
「好きだから」
「ん、」

自分より背の低いその体を
くいっと引っ張る、
容易く引き寄せられた躰は
余りにも無防備で心配になるけれど



甘いキスで熱を奪って

「…んっ…」

あたたかいキスで寂しさを拭って

「…っ…」

単純で
純粋で
簡単で

それだけだ

好きだ、と
#comment

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP