Top/S-86

谷&丘

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    |  >>83の続きみたい。っつーことは100-1パロ?
 ____________  \         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄V ̄ ̄|  なんかモンモンとしてます~
 | |                | |            \
 | | |> PLAY.       | |              ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ 
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ )
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

昔のことを思い出していた。
朝。冷たい空気が喉に染みて、起き抜けに咳き込んだ。曇り空の寒い日。
コホ…と乾いた音をたてた。
そろ…と瞼を開くと、隣のベッドに腰掛けるようにして谷部が俺を見ていた。
よれよれのネルシャツに寝癖のついた髪。
なに、みとんねん。
声には出さず、口だけ動かして睨みつけると。
いや、ちっちゃい面白い生き物やーと思って。
そういって、いつものようにヘラーと笑った。
気持ち悪いな、自分。
呟いて背中をむけた。谷部の瞳をまっすぐ見返せなかった。
冷たいようにみえて、本当はあったかくて、包み込むような目。
東京で細なって薄っぺらになってかじかんでた俺の心。
溶かしてくれたんはおまえ。
そんなん、よういえん。
そんなんは、一生、言えん。

はあ、はあ、はあ、………。
上ずった息づかいと、くぐもったような喘ぎ声が響いていた。
汗でべとべとになった互いの肌が擦れて、音をたて、鈍く光る。

谷部の指は驚くほど、慎重に優しく丘村の肌を滑った。
普段乱暴なその手がこわごわと頬を掴む。
濡れた漆黒の目玉が逸らすように鎖骨のほうへ降りていった。
「ん……はあ……」
既に丘村は自分の発する甘い声を止められなくなっていた。
耳がジンとするほど熱い。頭の奥がグワンとなって全ての音が遠ざかっていく。
冷たい玄関の床に押し付けられた背中は悲鳴をあげていた。

“あんたをみてるとかなしくてたまらん…。”

谷部の声がずっと頭の奥でこだましている。
そういって泣いた。
おまえ。
死ぬほど感じた。イってまうかと思った。
ドス黒い悦びが体中を駆け巡った。

おまえは俺だけのもんや。

谷部の顎から滴り落ちた汗が丘村の額に跳ねた。
「ん……」
紅潮した小さな顔を両手で包み込むと谷部は指で唇を開き、また舌を差し入れた。
飲み込みきれない唾液が丘村の口の端から糸をひいた。
谷部は迷うように一瞬、動きを止めたが、ヤケクソのように丘村のTシャツをたくし上げると上半身を剥いた。
汗で湿った生地が耳の裏の柔らかい肌を擦って鈍い痛みが走る。
「いっつ……」
丘村の呟きも聞こえないように、そろりと谷部の熱い舌が白い胸を擦った。
電気が走ったように体が跳ねる。
谷部の舌が自分を触っているという背徳感が余計に体を熱くさせていた。
荒い息づかいの谷部はひたむきな愛撫をくり返した。
「ん…ん……」
あ……かん。
ただ気持ちいい。快感でこのままいってしまいたい。何も考えたくない。
女のように、絡みついて。

「…エロい顔……」
谷部は胸の突起に息を吹きかけるように呟いた。
「溶けそうな顔…すんなや……エロい…」
息があがってうまく返事ができない。
「そら…そやろ……やってんだから……」
おもろないで…。
呟きは口に吸い込まれて。

迷うように揺れた谷部の瞳が。
悲鳴をあげているような気がして。

揃いのユニフォーム着て、一緒のグラウンド走ったやんか。
コケて、口の中に土がはいって、雨の匂い、雑草の匂い、かけ声、ボールの皮の感触。
先輩、俺をsなめとったらあかんで。
そういって前を走っていったおまえ。ミットが揺れて。歓声。
振り向いて、こっちを見て、笑ったお前は、眩しかったなぁ……。
めちゃめちゃ、男前やったよなぁ……。

「ん……ふ……」
谷部の慣れた指が丘村を翻弄していく。
身体の奥がマグマのようにうねって、脈打っている。
女みたいに嬌声をあげて。欲しがっている。
いやや。こんなん。あかん。こんなおまえ、みたないねん。

揺れる谷部の瞳。
本当は助けてほしいんやろ。こんなん、おまえの本当やないんやろ。
ほんまに俺を抱きたかったんちゃうやろ。
おまえは本当にどこまでも底なしのお人好しやんな。

「泣くなや…」
感極まってんのか。谷部は苦しそうに吐き捨てると、途端に丘村の肩に顔を埋めて動かなくなった。
しばらくしてあったかい涙が肩に流れてきた。
丘村はそれでも最後の一言がいえずに、天井を見ていた。
肩にかかる重みが自分を責めているようで、慰めているようで。
百数えて、それから、まっすぐ見つめかえしてみようか。
そしたら笑ってくれるだろうか。

アホやなーー俺ら。そうやんな。

愛してるで。

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |
 | |                | |           ∧_∧ モシカシテツヅク…カモ??
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP