Top/S-79

体操 冨田(←中野)×鹿島

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    | >>463-470続きモナ。大層。登美(←那賀野)×貸間をめざせ。
 ____________  \         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄V ̄ ̄| 中途半端な終わり方だったからなー。
 | |                | |            \
 | | |> PLAY.       | |              ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧  実は801初挑戦だゴルァ!
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ ) 
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |

※やっぱり舞台はイ/ン/タ/ー/ハ/イです。
 途中出てくるエピソードは、架空の創作です。_| ̄|○
 長くてスイマセン。

 ※2※

 名前を呼ばれ、一瞬、呼吸の仕方が分からなくなる。どうしようもなく、
鼓動が早い。登美多は、ぎこちなく息を吐いた。
 貸間は、いつまでも冷めない歓声の中、真っ直ぐ登美多の方へ向かって歩いてくる。
今、自分が、会場内の主役だと気付いていないのだろうか。演技中からは想像もできない、
ひどく無防備な笑顔を登美多ひとりに向けている。

……こんな時、どんな表情を返せば良い?
 笑おうとしたが、うまくいかなかった。
 鉄棒の握り方、跳躍の仕方を教えてくれる人はいたが、登美多に「笑顔」を
教えてくれる人はいなかった。不器用を無愛想と取り違えられ、誤解されるのはいつものこと。
しかし、高校に入るまで、笑顔の必要性を考えたことは、ほとんど無かった。
いつも隣に、笑わなくても通じる人がいた。自分の分まで笑ってくれる人がいたからだ。
 進む道を分け、初めて登美多は、自分がどれほど貸間に守られていたかを実感した。
言葉が足りない時、いつも貸間が隣からフォローを入れてくれた。生きることが不器用な登美多を、
貸間は常に柔らかな膜で覆い、守っていた。

 登美多の目の前に、貸間の拳が突きつけられた。演技を終えた興奮で、
貸間の頬は赤く上気している。古い合図だ。
 椅子から立ち上がり、登美多は親友と対峙した。
 突き出された拳に、緩く自分の拳を当てる。体温が離れると共に、
炭/酸/マ/グ/ネ/シ/ウ/ムの粉が、わずかながら空中に舞った。
一瞬、泣きたくなるくらい優しい既視感が、眼前を過ぎる。登美多は、通り過ぎた記憶の残り香を辿ってみた。
しかし、いつの思い出かは分からない。思い当たる記憶が多すぎるのだ。
……それくらいに、何度もこうやって、互いの拳を合わせてきた。相手への、尊敬と賞賛を込めて。
 貸間を目で追っていたらしい他校の選手が、わずかにざわめいた。
「おい……貸間と一緒にいるの、去年、個人優勝した楽難の登美多だぞ」「あの2人って親しいのかよ」
「幼なじみだって聞いたけどな」「うわ。なんか、スポ根マンガみたいな設定だな」「なんだそれ、出来すぎじゃねーの?」
 周囲の喚く声が、登美多の耳に入ってくる。周りにどう思われようと構わなかった。
しかし、少し困ったような貸間の微笑みに、口さがないギャラリーへ、泡立つような怒りを感じた。
「ま、仕方ないよ。ヒロも俺も、なんか目立つみたいやし」
 貸間は、登美多の怒りを敏感に察したらしい。空気を変えるように明るく笑って言った。
「……そやな」
 また気を使わせてしまった。登美多は、落ちそうになる肩を強く張った。
自己嫌悪したことがバレれば、貸間は更に気を使うだろう。貸間は、驚くほど他人の感情に敏感で、優しかった。
誰に対しても、分け隔てなく。
 楽難のコーチが、貸間に近づいてきた。コーチは、先ほどのアン馬演技を手放しで誉めている。
照れるように笑う貸間を、登美多はぼんやり見つめた。明るく礼儀正しく、
しかも全国のトップ選手とあって、貸間はどこへ行っても人気者だった。

 貸間は、誰にでも優しい。胸の中で繰り返してみた。鳩尾深くに、黒い感情が灯る。
――そう。別に、俺が特別なわけじゃない……。
 はっと気付き、慌てて感情の火を消す。この卑屈さは何だ?
登美多は動揺した。なに馬鹿なことを考えているんだ。今は試合中で、互いの健闘を願う場面だろう。
優しいとか、特別とか、そういう次元の問題を考える時じゃない。
 どうかしてる。登美多は頭を小さく振った。こんなのは自分じゃない。
器具に向かっている時の静けさを思いだそうとするが、
胸の奥でチリチリ燻る何かが痛くて、どうにも上手くいかない。

「ヒロ」
 突然、名前を呼ばれ、はっと我に返る。貸間は、ようやくコーチに解放されたらしい。
「なに」動揺を勘付かれそうで、相手の目をまともに見ることができない。
「さっき見てたんやけど。すごい上達したやん。……驚いたわ」
 演技の話を切り出され、登美多は貸間を見上げた。
「……おい。9.98を叩き出したお前が、それを言うか?」
 登美多は、半ば呆れて言った。今しがた、最高得点を叩き出した男の言葉じゃ無いな、
と苦笑する。普通なら嫌味に聞こえるだろうが、貸間の場合、皮肉めいたものを全く感じない。
先ほどの黒い感情が、ゆっくり瓦解していくのを感じた。穏やかな暖かさが、胸に満ちていく。
 貸間は照れるように笑った。細い目がさらに細くなり、目尻に柔らかい笑い皺が拠る。
「や、でも、得意なアン馬やったし。
 これからは苦手な吊り輪とか続くしなぁ。ヒロは、こっからが本領発揮やろ?」
「あー、まぁ。……そのつもりや」
 答えた登美多は、貸間の整った体躯を眺めた。ある意味、貸間の身体は整いすぎていた。
トップに君臨する体操選手としては、筋肉の薄さは否めない。
……しかし。と、登美多は改めて貸間を眺める。
前回の大会で顔を合わせた時よりも、格段に身体を作ってきている。
 登美多は密かに驚いていた。これだけ筋肉をつけるには、
どれだけ練習を重ねてきたことだろう。離れているからこそ、相手の練習量が一目で測れた。

 不意に、貸間の顔から笑顔が消えた。
 演技中以外で、こんな真剣な表情を見せることは、めったにない。登美多は身を固くした。
「……あのな、こんな所で話すことやないと思うんやけど」
 貸間は言い淀み、周囲を気にするような素振りを見せた。
「なんや?」
「その」音量を押さえた声が、貸間の口から漏れた。「……大学の話やねん」
 大学。一瞬の空白を置き、頭を殴られたような衝撃が来た。
 思わず辺りを見回す。コーチは他の選手のアップに気を取られている。
色んな大学から、自分に推薦が来ているらしい、ということは担任教師から既に聞いていた。
しかし、どこの大学か詳しく知らなかったし、知ろうともしなかった。
 進路の選択は、嫌でも登美多に、高校を選んだ時のことを思い出させる。
貸間と別の道を選んだ、あの日の事を。

「タケ、それは……」声が上擦った。
 貸間の目が、真っ直ぐ登美多を射た。普段見せない強い視線に、息を呑む。
 貸間が意を決したように口を開いた。 
「俺と一緒に、殉大に行けへんか?」
「ちょっ、待っ」
「今日な、※田さんも会場に来てんねん」貸間は一瞬、目を伏せる。「……殉大の人と一緒に」
 つまり、スカウトに来ているということか。登美多は下唇を噛んだ。
この場、つまり、イ/ン/タ/ー/ハ/イで良い成績を残せ、という意味だった。

「※田さんが来てるんか……」ぼんやりつぶやく。
 きれいな顔をした、三つ年上の先輩の顔が思い浮かんだ。

「真の天才」幼い頃、所属していた大層クラブのコーチが、
※田の演技を見て、そう口走るのを、何度か聞いたことがある。
 あの※田さんが……。大入りの観客席に目を向けるが、この遠さでは分からない。
 貸間と共に大層クラブに通っていた時、戯れに※田が「技を教えたる」と言ってきたことがあった。
幼い貸間と登美多は※田に質問をぶつけたが、結局、重要な部分は分からず仕舞いだった。
「どうやったら、そんな風に回れるん?」と言うふたりの問いに、
※田は首を傾げ、答えた。「え、回ろうと思ったら回れるやん」
 当時は、教えたくないから、わざとそんな風に言うんだろうと思っていたが、今になれば分かる。
あまりにもセンスが勝ちすぎ、※田自身も説明できなかったのだろう。
「試合中に、心を乱すようなこと言って……すまん」
 表情を暗くする貸間に、登美多は、何か言葉をかけようとした。……その時。

 どしりと重い衝撃が背中を直撃し、言葉の代わりに「うぉっ」と情けない叫び声が出た。
「せーんぱーい。俺の演技、見てくれてましたよ、ねっ?」
 登美多の背中に飛び乗った那賀野が、後頭部に頭突きを食らわせた。
「ぐ、痛ッ、やめッ」
「まさか、話に夢中になって、見てないって言いませんよねぇ? まさか、そんな、ねぇ?」
「やめんかい!」
 背中から那賀野を振り落とし、一喝する。
 床に尻餅をついた那賀野は、恨めしさを込めた目で登美多を睨み付けてくる。

 貸間に向き直ると、貸間の表情は硬く凍っていた。

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |
 | |                | |           ∧_∧ 終わってねーじゃん・・・
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |

 読んで頂いた方、ありがとうございます。
 この場を借りて、心よりの御礼を。

 そして、ネタ元にした大層弾指のみなさん、スンマセン_| ̄|○
 イメージ崩してたら、ほんまにゴメンヨ。


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP