Top/S-31

R.S.3_LxM 26

「こっちだ。」
洞窟に着くと、老人が案内を始めた。
「そんなことして貰ったのは初めてだよ。サービスいいねぇ。」
ノーラが感心したように言いながらついて行く。
実は「財宝の洞窟」とやらの情報に金を出すのはこれで3回目だ。
グレートアーチに着いてすぐ、ノーラは若者の情報を買っている。
拾い物もしたので全くの無駄という訳でもないのだろうが、そこに財宝は無かった。
魔物が出ることも考慮すると、割に合わないというべきだろう。

「随分と広い洞窟だな。」
ミカエルの声が反響し、その感想を裏付ける。
先ほどの2つとは明らかに違う。ノーラの頬が期待で染まる。
工房のシンボル、聖王の槍。彼女はこれを探すために旅しているのだ。
探しに出た父は惨殺され、「赤サンゴのピアス」という情報を残した。
それが海賊を意味することを知り、今はその洞窟にいる。
見つかるかも知れない、その思いが彼女を先に進ませていた。
隠し部屋や仕掛け扉を通り抜ける度、期待が高まっていく。

激しい水音。滝が、洞窟の中でその音を響かせる。
「ここは・・・。」
どこからともなく差し込む光が、財宝の入っているであろう箱を照らす。
「これですね!」
詩人が我先に駆け寄り箱を開けるその時、巨大な魔物が現れた。
「チッ、ここも魔物に乗っ取られたか。」
老人が忌々しげに舌打ちすると、斧を振りかざした。

ノーラの棍棒と、老人の斧が唸る。
ミカエルの小剣が舞う。
詩人は・・・渡された剣を不器用に振るった。
魔物の牙が、彼らを狙う。


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP