Top/70-439

紫水晶の夜(アメテュストナハト)

描写抑えたつもりですが、レイプですので、苦手な人は注意して下さい。

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

紫水晶の夜(アメテュストナハト)

 二十世紀初頭、爛熟と退廃の帝都ウィーンにあって、貧民宿泊施設や独身男子寮は、困窮者の受け皿であると同時に同性愛者の溜まり場でもあった。ウィーンだけではなく他の大都市でも、これは公然の秘密だった。
 当時としては比較的モダンで快適な宿泊所だったメルデマン街の独身男子寮は、入居者の約七割が三十五歳以下の若年層で、男性が若い男を買いに行く場所として殊に有名だった。
 男娼たちは日の暮れ時になると一階の広い談話室に集まって来て、それぞれ思い思いに寛ぐふりをしながら、客を待っていた。客は談話室をそぞろ歩いては、好みの男の子を品定めし、話しかけたり通り過ぎたりした。隣に座って商談成立となれば、二人寄り添って入居者の各自に与えられた居室へと消えるのがここの暗黙の了解だった。
 「名前は?」
 ある裕福そうな身なりをした壮年の男が、談話室の隅に座ってスケッチブックに絵を描いていた黒髪の青年に目を留めた。
 「アドルフ。アーディだのデュフィだの呼ばないでね」
 年の頃二十歳ほどの痩せた青年は、射抜くような碧い目を上げ、素気なく答えた。澄まし返り、気怠そうで、一人でも多くの客を取ろう、一クローネでも多く稼ごうという気など更々ないように思える。そこが逆に遊び慣れた男の興味を惹いた。
 「アドルフ、目がいいな。気に入った、おまえにするよ」
 「こちらどうぞ。煙草はやめてね」
 青年はにこりともせず、スケッチブックを閉じ、立ってすたすたと廊下を歩き始めた。客は首を傾げ、独りごちながらついて行った。
 「愛想のない奴だな。まあいいや」

 「何するの!?ぼくが自分でしている所を見せるだけ、あなたはそれをスケッチするだけって言ったでしょう!?」
 突然の接近と抱擁に驚き、青年は男の腕を振りほどこうともがいた。男は薄笑いを浮かべ、尚も抗う相手をベッドの上で無理やり抱き寄せ、既に男娼自らが露にしていた下半身に手を伸ばし、まさぐった。
 「堅いこと言うなよ。金なら後で余計に払うから」
 「嫌だ、嫌だ、触るんなら、嫌!」
 「アドルフ、言うことを聞け!おまえは俺に金で買われたんだ」
 「何だ、お金なんか!」
 有無を言わさぬ平手にバシッと一発頬を張られて、青年の華奢な体はベッドに倒れこんだ。意識が朦朧としている間に、男に容易く組み敷かれ、カッターシャツの釦を全部外されて、殆ど丸裸にされた。
 以前の恋人で同棲もしていた音大生のグストル以外には誰にも触れさせたことも、口づけさせたこともない肌を、見知らぬ男の手と唇が遠慮会釈もなく這いずり回った。片方の乳首を弄くり回され、もう片方の乳首に吸いつかれた。男の舌がねっとりと乳首に絡む。
 男はファスナーを下げ、彼の家系の宗派に従って、生後すぐ、神に捧げる為に包皮の一部を切り取られた陰茎を引き出すと、これを青年の太腿に擦りつけた。
 「嫌だ・・・・やめて・・・・」
 おぞましさに鳥肌を立て、羞恥に頬を赤らめながら、青年は喰い縛った歯の間から哀願の呻きを洩らした。
 「何かまととぶってるんだ、ふしだらなお嬢さん?こんな所にいて、男の前でセンズリ掻いて金取って、自分だけは違う、きれいでいられると思ってたのか?」
 青年の髪を掻き上げ、感じやすい耳や首筋を舐めながら、男が淫靡に笑った。
 その言葉の通りだった。毎夜のように、この独身男子寮のあちらでもこちらでも、同じような浅ましい営みが繰り広げられていた。ここはとっくの昔に、半ば男色を売る売春宿と化していた。たった今も、隣室の住人の嬌声とベッドの軋る音が聞こえてくる。昼間会った時には良識人ぶって挨拶などしている、同じ年頃の大人しくて小綺麗なブロンドだが、ひどい時には一晩に二人も三人もの客を引っ張りこんでいることすらある。独身男子寮の壁は薄く、盗み聞くつもりなどなくても、また静かに読書や思索に耽りたくとも、夜通し隣室で行われていることがすっかり伝わってしまうのだ。
 その一方で、何が起きても飽くまで当人どうしのことがここの掟だ。どれだけ泣こうが喚こうが、誰も助けに来てくれる筈はなかった。
 「アドルフ・・・・おまえの肌、女みたいにきめが細かくて柔らかいな。ほら、嫌がっててもしっかり勃って、先っぽが濡れてきたじゃないか」
 男が息を弾ませてそう囁く。男の言った通り、どうしようもなく体が反応している様、今しも自分が女のように体を開かせられ、自分自身の滴りを塗られて男の怒張したペニスを受け入れさせられようとしている様を、青年は抵抗する気力も失い、諦念の眼差しで眺めていた。
 なぜなのか。グストルに抱かれる時、彼の侵入を許す時はいつも、騎士にかしずかれる女王のように誇らしく、満ち足りて、こんなに屈辱的な思いを味わったことなど一度もなかった。
 まだ故郷のリンツにいた十七の頃、グストルと「リエンツィ」を観劇した晩、満天の星の下で神託(ヴィジョン)を受けた自分の選ばれし聖なる人生は、グストルとあんなにも愛しあい、共に創作や鑑賞の喜びにのめりこんだ幸福な年月は、一体何だったのか。あれも、これも、美大に進学する夢と一緒に跡形もなく潰え去ってしまったのか。あんなにも自分を思い、大切にしてくれたグストルの許を自分から飛び出し、最早リンツに帰る家や家族すら持たない自分は一体何者なのか。
 グストル・・・・君はぼくがいなくても、順調に音大に通って勉強を続け、やがてプロの音楽家として華々しくデビューするんだろうな。こんな姿、君にはとても見せられない・・・・。
 灼熱の槍に体を貫かれ、突き上げられ、引き落とされ、燃え盛る恐ろしい情欲の渦に無情にも翻弄されてよがり、悶えながら、男の体の下で、青年はさめざめと涙を流した。男が堪能し、果てるまで、涙を流し続けた。
 食後のちょっとした甘味でも楽しむかのように、青年の頬に戯れの口づけをして、男は初めて気がついた。
 「何だ、泣いてるのか。恋人がいる――いたのか。初めてじゃないものな」
 起き上がり、身繕いを始めた男の後ろで、尚も一頻り、声を殺して泣いた後で、青年は枕にしがみつき、低く呟いた。
 「許さない。今度会ったら絶対に殺してやる」
 男は意にも介さず、寧ろおもしろがるようにしゃあしゃあと答えた。
 「へえ?でももう会うことないと思うよ。今夜の夜行でウィーンを発って、当分オーストリアには戻らない。仕事でヨーロッパ中飛び回ってるんでね。それに君は俺の名前も知らないだろ」
 「会わなくたって、名前を知らなくたって殺せるよ」
 「どうやって?」
 青年の口調があまりにも確信に満ちていたので、男のからかうような声色、蔑みの笑みも今やどこか中途半端だった。青年は相手のその顔をまっすぐ見つめたまま、衣服の上から、彼の一物をぐいと掴んだ。たった今自分にあれほどの恥辱と、そしてそれと表裏一体の思いがけない快楽を与えた忌まわしい凶器。
 「さっきこの目で、この体で確かめたよ。あなたユダヤ系だよね?」
 「そうだが」
 「ヨーロッパ中のユダヤ人を集めて皆殺しにすればいいんだ。そうすればあなたも絶対殺せる。覚えておけ、ぼくは絶対にやってやる」
 まだ涙で濡れた碧い瞳に狂気じみた光を躍らせて、青年は生真面目に宣言した。
 「馬鹿言うな、ただの貧しい絵描きで淫売のくせに。じゃあな、おまえなかなかの上玉だったよ、アドルフ」
 男はせせら笑って、札を一枚と、身に着けていた高価な紫水晶の首飾りをベッドの上に投げ出し、部屋を出て行った。
 乱れたベッドの上で、青年はのろのろと体を動かした。裸足のままで床に降りた。
 そっと手を伸ばし、今さっき男が残していった冷たい石を取った。
 窓から射しこむ寒々とした月光を浴びながら、復讐の刃にも、また、今夜粉々に砕け散った彼の心の破片にも似たそれを握り、未だ名のなき絵描きの青年はいつまでもそこに立ち続けた。

Ende

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

ロータル・マハタン「ヒトラーの秘密の生活」より。


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP