Top/66-119

フジ.ゼロッ.クス.TVーCM.少年×ジャグラー

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

ダニエル少年は 毎日 石畳広場で皆に見向きもされずにジャグリングをする男を見ていた.
ダニエル少年にはジャグラーが 確かな技術を持ちながらも自分の価値を見出せないままに毎日を過ごしている様に見えた.
ある日 ちょっとしたアイデアを思いついたダニエル少年は キーボードを抱えてジャグラーの立つ広場に走った.
ダニエル少年のキーボードは鍵盤がセンサーになっており 叩くとプリセットしてある音が順番に出る.
ボールを自在に操るあのジャグラーなら 鍵盤にボールを当て まるで本当に弾いているかのように見せてくれるはずだ.
ちなみに鍵盤上ならどこを叩いても登録してある音が鳴る仕組みで ボールの当たった位置は音程に関係ない.
ダニエル少年はジャグラーの足元にキーボードを置き ジャグラーを促した.ダニエル少年の瞳を見つめ 得心したジャグラーは足元のキーボードにボールを弾ませた.
ボールが鍵盤を跳ねる度キーボードが軽やかに鳴り 16分音符の走句がはしる.
道行く人の足が止まり皆がジャグラーを見た.数分前までジャグラーに見向きもしなかった人々が 驚嘆と賞賛を隠そうとはしなかった.
「ハンガリー狂詩曲 第2番 嬰ハ短調」.ジャグラーは名曲をボールで奏で ダニエル少年は誇らしげに笑った.
演奏を終えたジャグラーは喜びを迸しらせ ダニエル少年にバルでカフェ・コン・レッチェをご馳走した.
夕暮れ時に二人は別れ それから10年ばかり後になって ふとしたことからダニエル青年はジャグラーと親しくなった.
殆ど10年ぶりに再会した二人は 何度も会っているうちに親しくなった.一緒に旅行に出た事も多々ある.ある夜にダニエル青年とジャグラーは旅先で結ばれた.
同時に果て 股間を熱く濡らしたジャグラーは ダニエルの腕枕に頭を預け 10年前を思い出した.
彼はあの日 パートナーの存在が「不可能」を「可能」へと導く事を知った.パートナーがいれば 可能性は拡がる.
ダニエルとダニエルのキーボードが彼を輝かせてくれた様に. Solution for you. 富士.Zeroッ.クス.

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP