Top/65-122

ル/ナ/ド/ン/第三 冒険者×弱気吸血鬼8

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )一週間たったので投稿しに来ました~。

うーん、と、バルドは考えた。
「なんとなく」
「賭け」
と、夜桜は一言だけ言った。
「負けない…」
「じゃあ俺も言うよ」
ぐ、と、顎を軽くつかみ、目線を合わせる。
バルドは口の端を持ち上げて、自信ありげな顔だった。
八の字の眉毛になって困り果てる夜桜とは正反対だ。
「俺も負ける気がしない」

その夜、ヴァンパイアは落ちているローブをこっそり借りて、家を抜け出し、ダンジョンにもぐった。
 都市ダンジョンに依頼はなかったらしく、相変わらず鬼畜な顔ぶれがそろい、目の前をサキュバス系九体がよぎった。
とはいってもここは日倭なので、呼ばれ方は違うが、言葉は大体共通しているので、彼女らの噂話は理解できた。
「あらん」
サキュバスの一人が足を止めて、こちらを見る。
「いい男じゃない、でもちょっと気がよわそー、あなた吸血鬼系ネ、見た目からするとガルズヘイム?」
一人止まれば皆止まる。
一気に九人のサキュバス系に囲まれて、夜桜は戸惑った。
「が、ガルズヘイムヴァンパイアだ、君たちみたいなのを探していた」
「あらあら、この九人のうちだれがターゲットー?」
サキュバス系は一斉に笑い出した。
サキュバス系といえば初心者殺しで有名。
 ヴァンパイアと違って、ボスモンスターが九体みっしりいればいいと思えば、どれだけ強いか理解できるだろう。
とは言え彼女らも女の子、ガルズヘイムのサキュバス系と同じく、恋愛話に無理やり持っていった。
「誰もターゲットじゃなくて…、むしろ困っている。人間と今暮らしているのだが」
「え?」
というわけで、越後屋の布団の上に皆で座ると、相談事を始めた。九人のサキュバス系は、興味を持って話を聞いた。
「人間と暮らしてるって、本気?」

「どんな子!?可愛い子!?私たちより可愛かったら許せないわね、うふふ、殺しちゃうかも…」
ゾクッと背中に寒い言葉が走る。
サキュバス系は見た目と違って案外残酷だったのを忘れていた。
それはどこの国も共通しているらしい。
「いや、ただの人間の男だ。多分この国の君たちなら知っている。バルドというガルズヘイムの男だ」
キャー、と黄色い声が上がった。
彼女らも見たことがあるらしく、そうねそうね、と口々に噂話を始めた。
正直テンションの高いこのノリにはついていけない。
「バルドと言ったら財力もあってー」
「案外無邪気な性格でかっこよくてー」
「おまけに強いときた」
「確か善と秩序系の人間よねー」
「私が人間だったらアプローチしてるわー」
「ガルズヘイムの戦士って結構素敵よね、でも、私は日倭戦士が好みー」
サキュバスが、夜桜にもっともっとと話をせがむ。
バルドの名前を出した途端の食いつきようと言ったら。
これで彼女たちに人殺し癖がなければ完璧なのだが、と夜桜は思った。
「私は気が弱い。人間に生まれたかった、戦闘を拒否したら、殴られてここに連れてこられた」
「あらまー、拉致に近いわね」
「人間に生まれたい吸血鬼というのも珍しいわ」
「それで何悩んでるのー?」
「バルドの私生活ってどんなのー?」
「ガルズヘイムの話聞きたいー」
いっぺんに言われても、と、夜桜は戸惑い、かいつまんで話をした。
まず寂しがり屋という自分の性格と、バルドが毎日添い寝してくれていることと、名前をつけてくれていること、話をしたいと言えば話をしてくれる。
「それってほぼ同棲ね」
「うんうん、うふふ、可愛いわ、あなた」
「いいないいなー、私も名前ほしいのに!!」
「添い寝とか!」
「夜桜なんて可愛い名前!でも女の子みたーい」
一気に九人に夜桜と連呼された。
「でもうまくいっているみたいだけど?異世界で人間と吸血鬼が旅するお話あったよねー」

「あったあった、それもうまくいってるみたいだから、悩みごとないじゃない」
とにかく話を聞いてくれ、と、夜桜はいったん彼女らを黙らせた。
彼女たちサキュバス系の目はわくわくと好奇心で満ちていて、今更ながらこの九人に話をしたことを後悔した。
せっかくなら死神系にでも言えばよかった。
馬鹿にされそうだが。
「賭けをしようと言い出した。私が抱いている感情が恋愛ならバルドの勝ち、違ったら私の勝ち、正直負けたくはないけど、バルドは負ける気がしないと言いだした」
「男のほうが趣味なのかあ、バルドもあなたも」
「同性愛者はこの世に何人かいるからねー」
あらあらと九人は話しこみだした。
何度も言うが、この女子の恋愛話好きなノリにはついていけない。
若干疲れながらも、夜桜は続けた。
「それが、恋愛したことないからわからないのだ。それにからかわれているだけで、バルドにはその気がないのではないかと思う」
大丈夫、同性愛に偏見なんてないから、と、何人かが口をそろえて言うが、明らかに恋愛話なら何でもよしな流れだ。
そのうち一人がその話を聞いて、意味深な発言をした。
「添い寝されて寝ちゃったんでしょ。あの吸血鬼系のあなたが。何回も」
「?そうだが?」
「じゃあ負けね!」
「は…」
思わず口をあけて、眉をしかめる。
なぜに負けたのか意味がわかっていない夜桜に、そのサキュバスはにっこり笑った。
 モンスターでありながら、笑えば人間の女以上に可愛い。
それはもちろんサキュバス系であるから。
けれど夜桜は心が動じることはなかった。
「今あなたの心にいる人はだーれ?いつも思い浮かぶ人はだーれ?大事な人と言ったらだーれ?添い寝されて、安心して寝ちゃったのだーれ?」
「!!」
その言葉にやっと気付いた。
負けの意味は、つまり自分がバルドが好き、ということだ。
認めたくない。
負けたくない。ただその心があるけれど、いつも心にあるのは、誰か。
「あああああああ」
夜桜は腹の底から苦い声を出した。
 そしてその場で頭を抱えて蹲る。

「いくら私たちでも、知らない男に添い寝されたら殺しちゃうわ」
「話してもらって安心とかないよねー」
「だって私たちは、私たちだけいればいいんだもん」
一部百合な関係がいるようで、二人のサキュバス系が抱き合ってきゃっきゃと声を出した。
追い打ちにしかならなかった。
「わ、私がバルドが好きなら、去るしかないのか…、バルドにとっていい迷惑になってしまう。一カ月が過ぎたら、どこかのダンジョンにもぐろう…」
しゅんと落ち込む夜桜に、九人のサキュバス達は一斉に声を張り上げた。
 あまりにも小さな部屋に甲高い声が響いて、思わず耳をふさいだ。
が、そのうち一人が怒ったようにその耳をふさぐ手を払いのけた。
「何言ってんの?人間だって、興味ない相手にそんなことしないんじゃないの?」
「相手の心とかちゃんと確認してるのかしら?私たちが言えることじゃないけど、好きな人できたら相手の心まで気にならない?例えばあなたなら、バルドがどう思ってるの、とか」
中々はっきりしない態度に彼女たちも本気になってきた。
若干怖いと思いながら、その言葉に圧倒される。
 バルドの心まで知りたい?
「それが普通なのか」
バルドはいつでも笑顔だった。からかってはきたが、添い寝すると言ってきたのもバルドだ。
「バルドは…いつでも優しかった」
「夜桜ちゃん」
一人のサキュバスが、夜桜の頭を軽くなでた。
「今から帰って、彼の本心聞いてみなよ。中々教えてくれないと思うけど!名前まできちんとつけてくれるなんて、相当夜桜ちゃんのことお気に入りよ?」
「日が昇ると人間たちに気付かれちゃうから、早く帰りなさいな」
意外にも彼女達の目は優しかった。
恋愛に関してはプロフェッショナル、同じモンスター関しては優しい。
その言葉に、小さな勇気が芽生えた。
「聞いて、見る…」
夜桜は小さく声に出した。
きっと普通のヴァンパイアや、サキュバス達だったら普通に聞けたであろうことを、彼は小心者すぎて聞けない。
それでも彼女たちが押してくれたおかげで、何とか、聞くことを心に決めた。
「…ら…」
遠くで声が聞こえた。
「!バルド…」
耳のいい夜桜にはその声の主がバルドであることに気付いた。

次々と障子をあけていく音を感じ、サキュバス系の彼女たちは、殺されてはたまらない、と相談しあって逃げることにした。
「じゃあね、夜桜ちゃん。また何かあったらおいでー」
反対側の障子をあけて悠々と去っていく彼女たちに、小さく手を振った。
「夜桜!!」
彼女たちが去っていくと同時に、勢いよく障子が開けられた。
布団の上に座っている夜桜に、バルドは安心たように息をついた。
「いきなりいなくなってるからびっくりしたぞ…」
手を差し伸べてくる。
その手を恐る恐る取りながら、夜桜は小さな声で聞いた。
「怒らないのか?」
「あ?なんでだよ」
「う…」
駄目だ、聞かないと。
でもここはモンスターが多すぎる。
家へ帰ろう、と夜桜が言おうとするより少し早く、バルドが言った。
「家へ帰るぞ!」
「…ああ」
同じことを考えているとわかると、照れてくる。
頷くと、バルドと家へと帰って行った。

時間は午前四時だった。
結構長い間、ダンジョンで話し込んでしまったらしい。
 運がよく、人の少ない時間だったせいか、ヴァンパイアだとは気付かれることなく、無事に家に着いた。
バルドの部屋に入ると、バルドが目の前に夜桜を座らせた。
「あれだけ外に出たら危ないと言っただろうが!」
きつい喝に、思わず、びくりと体が震える。
さすがは日倭の血が入っているだけあって、怒ったバルドの威圧感はかなりのものがあった。
「…人間には相談できないから…モンスターたちに意見を聞きに行こうとして…」
しどろもどろになりながら、何とか状況を話した。
都市ダンジョンで、サキュバス系に出会い、話を聞いてもらったことも説明すると、バルドがあからさまにつまらなそうな顔をした。
否、つまらないというより、若干怒っている。
「それで?何か得るもんでもあったのかよ、俺嫌いなんだよ、サキュバス系っつーとこの国では鬼子母神か」

「あ、ああ、彼女たちはうるさいが、親身になって聞いてくれた」
あ、そう。その言葉だけ吐くと、バルドはそっぽを向いて横になった。
「バルド」
「…」
答えてくれないが、それでも何とか勇気を振り絞った。
「賭けは私の負けだ」
「…何?」
「けど、その前に聞きたいことがある、答えてくれないか?」
こちらに向けた顔をちらちらと見ながら、夜桜は手をにぎりしめた。
聞かなければ。
「バルドは…夜桜と名前をつけてくれた私のことを、どう思っている?」
突然の質問に、バルドが大きく目を見開いた。
「面白いとは言ってくれた、だけど、好きだとは聞いたことがない、好きじゃないなら、約束の一カ月たったら、去る」
気がつけば夜桜は泣いていた。ごしごしと手のひらで涙をぬぐいながら、何とか小さな声でつづけた。
「私だけ、好きなのはいやだ、バルドがただの興味本位だけなら、私は、いやだ…」
戸惑ったのはバルドだった。
正直、面白いとしか思っていなかった。
 捜しに出かけたのは事実だが、それでもどこかで夜桜が死んでいないか心配になった、それ以外に理由がなかった。
もし恋愛感情抱いていたなら面白い。
「それは…」
バルドは言葉に詰まった。
とりあえず起き上がって、夜桜の涙をぬぐってやる。
いつも以上に悲しそうに顔をしている夜桜を見て、そっと髪をなでてやる。
「そうだなー」
バルドは考えた。
「正直に言うと、面白い程度にしか考えてなかった」
「…」
でも、とバルドは続けた。
「出会ってまだ五日じゃん?そりゃ俺男だって行けるし女だって行けるけど、お前とはな、種族違う。夜桜、確かに俺はお前をからかってたよ。
でもあと一カ月は最低でも期間あるんだ。その間に、何かあるっていう可能性はないのかよ?こんな寂しがり屋で気の弱い夜桜、普通に手放せると思うか?」

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )ちょっと微妙な関係になりました


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP