Top/64-46

グリーン・ホーネット ブリットとカトー 「俺達に明日はある・後編」

緑蜂 社長×助手

連投すみません。
半生注意。>>31の続きで、映画「緑蜂」より社長と助手、+秘書。
ケンカップルと世話焼きオカン的関係。
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

「……力ト-、待てよ!俺が悪かった」
「いいよもう、しょせん君にはわからないだろうから」
「違う、さっきのあれは、本気じゃなかったんだ。お前の友達の好みをサイテーなんて言っちまって……その、ホントすまなかった」
よっぽど腹に据えかねたのか、相棒は纏わり付く俺をほとんど無視してバイクに跨がり、ヘルメットを頭に乗せた。
焦りと後悔で動揺した俺は、つい声を荒げて怒鳴りつけた。
「だってお前が、俺が嫉妬してるなんて言うから!売り言葉に買い言葉ってやつだったんだよ」
「また、僕のせいか」
横目で冷笑されて俺はますますカッとなり、なりふり構わず叫んでしまった。

「そうだよ、お前のせいだ!お前が俺の知らない店で、俺の知らない奴らと飯なんか食ってるからだ。なんだよ、バカみたいに大笑いしやがって。あんな顔、俺の前じゃ滅多にしないくせに!」
一息にまくし立ててからはっと我に返ると、相棒は黒目勝ちな目を精一杯開いて俺を見つめ、呆気に取られているようだった。きっと今の俺はフラミンゴみたいに、全身が真っ赤になっているに違いない。
相棒はやがて、深いシワを眉間に刻んだ。この表情には見覚えがある。バカをやった俺を叱る前に、親父がよくこんな顔をしていた。
しかしこいつは、俺を叱り飛ばしたり、嘲笑ったりはしなかった。
「ブリシト、君……そんなことで怒ってたのか」
相棒はシートに横向きに座り直して、俺をまっすぐに見た。その声は穏やかで、意外な反応にちょっと驚いた後俺は、自嘲気味に呟いた。
「ああ、そうだ。小さい男だと笑ってくれよ」
「バカだな、君は。つくづくバカだ」
笑えとは言ったがバカにしろとは言ってないぞ、と小声で文句を付けた俺に構わず、奴はさらに言葉を続けた。
「僕が君の前で笑わないって?そりゃ、君のジョークはその、何て言うか……」
「イマイチ、か?」
「そう。でも全然笑ってないって訳じゃないだろ。それに今日は久しぶりに昔馴染みに会えて、いろんな話が出来て嬉しかったから、顔も自然と緩んだのさ」

「毎日会ってる俺が相手じゃ、簡単に顔は緩まないってか」
「そういう風に言うなよ。君だって、例えば女の子と会ってる時には、僕といる時とは違う顔や態度になるだろ」
「そりゃ、まあ……」
「悪い意味じゃなく、相手によって態度が変わるなんてよくあることさ。それに笑わないからって、楽しくないとは限らないよ」
バイクに腰掛け、下に伸ばした両手を組んで相棒は笑った。和やかなムードに流された俺は、思わずバカみたいな質問をしてしまった。
「力ト-、俺といてお前、楽しいか?」
「楽しくなけりゃパートナーにはならないし、ましてや『兄弟』なんて呼ばないよ。まあいろいろ問題はあるけど、僕は君と一緒にいるのが……好きだ」

茶化しもせず真剣に答えた自分に照れたのか、相棒は視線を地面に落とした。俺は急に俺の心臓の音が、ドラムロールのように激しく耳に轟くのを感じた。
相棒は照れ臭さを打ち消すようにパン、と手を叩いて鳴らすと、シートから立ち上がって俺を再び見つめた。
「ブリシト、そろそろ帰ろう。また危ない目に合わないうちに、君も早いとこ車に乗って……」
言い終える前に、体が動いた。感極まった俺は相棒の顔を両手で挟み、やや熱烈なキスをその両頬に一回ずつと、額にも一回、つまり合計三回もしてしまった。
さらに、驚く奴の肩と背中に腕を回して強く抱き寄せた。勢いよく抱きしめたせいで、相棒の頭からヘルメットが落ちた。
相棒はうろたえまくり、なおもハグをやめない俺の腕から逃げようともがいた。

「……○□×☆、△☆×!ブリシト、ブリシト!」
焦るあまり中国語で喚く相棒と、その体を捕まえたままの俺の側を、ほろ酔い気味の黒人の老夫婦が通りかかった。
「いよう、お熱いねえお二人さん!」
「あなた、若い子をからかっちゃ悪いわよ。かわいいカップルじゃないの」
ごめんなさいね、と言い残して亭主の背中を押す夫人を見送った後、俺達は拍子抜けした顔を見合わせた。
「お熱いね、だってさ」
「……!」
亭主のからかいを繰り返した俺を、顔を真っ赤に染めた相棒が睨んだ。

次の瞬間、左足に強烈な痛みを感じ、続いて左頬をすさまじい衝撃に襲われた。相棒の右足が俺の足を踏み付け、驚きのけ反った俺の顔面を、奴の平手が思いっきり張り飛ばしやがったんだ。
「いてえー!力ト-、お前本気で踏んで、殴ったな!」
「……君って奴は、どこまで人をからかったら気が済むんだ!真面目に取り合った僕がバカだった!」
「力ト-、何言ってる。からかってなんかいないぞ」
「嘘つけ、もう君の言うことなんか信じない!」
「待てよ、からかったって、キスしたことがか?」
「そうだよ!おかげで、通行人にバカにされた」
「あの夫婦はバカになんてしてないぞ。ただ、その、カップルと間違われただけで」
「よけい悪いよ!」
「まあ落ち着け。お前にキスしたのには自分でもびっくりしてるが、嬉しくてついしちゃったんだよ。でも別にいいだろ、この国じゃ普通に親愛の情の証だ」
物心ついてから男にキスしたのはお前が初めてだけどな、と痛む頬をさすりつつ付け加えると、相棒はちっとも嬉しくないと言いたげな仏頂面を作った。

「力ト-、怒るなよ。俺達パートナーで、ションディーだろ。それとも、照れてる?」
「……もういい!」
道に転がったヘルメットを拾い上げて被った相棒は、勢いよくバイクに跨がりエンジンをかけて、大きくアクセルをふかした。爆音の合間に、俺は声を張り上げて相棒に尋ねた。
「力ト-!お前一人で、先に帰っちまうつもりか?せっかく俺を助けたのに、また変な奴らに狙われたら、どうする気だ!」
俺の言葉を聞き取ったらしい相棒は空ぶかしをやめ、不機嫌な低い声で一言告げた。
「……車を出せ」

自宅に向かって走る俺の車の後ろに、少し距離を開けて一ツ目のライトがついて来ていた。
屋敷の門が見える場所に着いたところで、ライトはUターンした。俺は車を停め、段々と小さくなっていく赤い点をルームミラー越しに眺めた。
あいつ、朝はうちに迎えに来てくれるのかな。怒っててもきっと来るだろう。何しろ負けず嫌いで、律儀な奴だから。
視線を前に戻すと再びアクセルを踏み、相棒の怒りを解く懐柔策を思案しながら、俺は門の中に車を滑り込ませた。

翌朝相棒はやっぱり、きっちり屋敷にやって来た。まだ怒っているらしく、車の中や会社に着いてからもずっと無言だった。
無言なのは俺に対してだけで、秘書や他の社員とは普通に言葉を交わしていた。しかし聡い美人秘書は異変を感じ取ったらしく、社長室にいる俺に話しかけて来た。
「ブリシト、彼とどうかした?喧嘩でもしたの」
「彼って、あいつのこと?」
ガラス向こうの応接スペースのソファに陣取り、ボーッとテレビを眺めている相棒を指して訊くと、秘書は他に誰がいるのよという目をして頷いた。
「別にどうもしやしないさ」
「嘘ね。だってあなた達、今日はまともに口も聞いてないじゃない」
とぼける俺を、彼女は鋭く追及し続けた。もはや二人目の相棒とも言える有能な年上の秘書に根負けし、俺は夕べ起きた出来事を話してしまった。ただし、キスの件は伏せて。

「それで力ト-に殴られて、頬っぺたを腫らして、話もしてもらえないって訳ね」
「そうなんだ。俺、かわいそうだろ」
言い忘れたが左頬がまだヒリヒリ痛むので、俺は湿布を貼り付けて出社している。
「ブリシト、あなたってバカね」
「レ/ア……君もか。あの野郎も俺をバカと言ったぞ」
「そりゃ言うわよ。なんなのあなた、彼のことが好きなの?」
「違う!……いや、好きは好きだが、そっちの好きじゃない。と、思う」
微妙に語尾を濁した俺の言葉に、秘書は細くて綺麗な眉をしかめた。
「思う?まあいいわ。ともかく、友達と会ってたくらいで嫉妬されちゃたまらないわね。しかも悪口言うなんて、力ト-が怒るのは当然だし、気の毒よ」
相棒がブチキレたのは嫉妬や悪口のせいじゃなく、俺にキスされたからだとは知らない秘書は、やや的外れな諌言をした。
だが詳しく説明すると話がややこしくなるので、俺は神妙なフリで彼女の言葉に耳を傾けていた。

「ブリシト、そんな風じゃあなた、いつか彼に恋人が出来たら、その子を殺しかねないわね」
「まさか、そんな訳ないだろ!」
「さあどうかしら、あなただもの。力ト-はあなたに本命の恋人が出来たとしても、つまらない嫉妬なんかしないと思うわよ」
「どうかな。その恋人がもしレ/ア、君だったら……というか、君であって欲しいんだけど」
手を取ろうとして伸ばした俺の手の甲を彼女は軽くはたき、姿勢を正して業務用スマイルを浮かべた。
「社長、もうすぐ会議のお時間ですわ。お忘れなく」
「……了解」
ドアの方に歩いて行く揺れるヒップに目をやると、察知したかのようにこちらを振り返ったので、慌てて視線を逸らした。
「ねえブリシト、力ト-と仲直りするのよ。なるべく、早めにね」
「そっちも了解、ありがと」
どういたしまして、と返してドアを閉めた秘書は、テレビから目を離さない相棒をチラッと眺めて自分の席に戻った。

彼女に言われるまでもなく、俺は仲直りを持ち掛けるつもりだった。
完全無視されてもやもやした気分のままじゃ、とても会議になんか集中出来そうにない。
作戦はすでに練った。朝イチに電話で個室を予約した、超高級中華料理店のゴージャスなディナーだ。あいつの好物ばかりを出すよう、手回しもしてある。
金持ちらしい懐柔策だな、とか嫌味を言われるかもしれないが構うもんか、これが俺なりの誠意の表現だ。
お膳立ては出来た、後は相棒を口説くだけ。前にあいつは、『なんで僕を口説かないんだ』とか言ってたっけな。まさに、その日がやって来たって訳だ。
中華料理店のパンフレットを手にした俺は、社長室から出て相棒に近付いた。気付いてる筈なのに、奴は一向にテレビから目を逸らさないでいる。
敵は手ごわい、だが今が勝負の時だ。

「ようションディー、ちょっといいか?話があるんだ」

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
やっぱりギャグ入れられなかったorz
デブイデが待ち遠しいです。


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP