Top/64-406

ル/ナ/テ/ィ/ッ/ク/ド/ー/ン/第/三/の/書/ 冒険者×弱気吸血鬼2

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )感想励みになります!感謝!!忍法帖規制で短いです

彼曰く、『俺って有名人だから。創造都市でも満月都市でも来光都市でも
善の英雄なんだぜ』と、ふんぞり返っていた。
変なヴァンパイアと変な人間の間に、友情がわずかに生まれていた。

「え、聞いてないの?」
バルドが、つまらなそうにつぶやいた。

「あ、ああ、すまない。考え事をしていた」
「でもホント、この人普通のヴァンパイアとは違うよね」
謝るヴァンパイアを前に、ズバッと魔法使いの女は言った。
盗賊も頷きながら、バルドをみる。
「面白いじゃん、可愛いじゃん?」

その言葉にふんぞりかえりながら、バルドは言い放った。
「そう思うバルドも、十分人間としておかしいと思う」
ヴァンパイアがそう告げると、ほかの二人はくすくすて笑い出す。
ちなみにバルド、という名前を呼び捨てに言えと言いだしたのは本人だった。

最初は『バルドさん』と呼んでいたが、くすぐったい、おかしい、と、さんはやめろと言い付けたので、呼び捨てにしている。
当然だ、あの傲慢なヴァンパイアが、尊敬語で人間の名前を呼んでいる。

□ STOP ピッ(略)すみません、規制で携帯からになりました…。


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP