Top/63-346

グリーン・ホーネット ブリットとカトー 「わがままヒーロー&悩める相棒」

半ナマ注意。
映画「緑蜂」より、友達以上恋人未満wな社長と助手。助手視点で、台詞は字幕の口調風。
映画スレからネタをちょこちょこお借りしてます。姐さん達ありがとう。

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

ラボで新しい武器の構想を練りつつスケッチをしていると、したたかに酔った相棒がやって来た。よう、またエロい絵描いてんのかと陽気に笑って近付き、机の上にどっかりと尻を乗せた。
「なあ力ト-、この家で一緒に暮らさないか」
「嫌だね」
即座に断ると相棒は見る間に落胆し、この世の終わりのような表情を浮かべた。
「前にも同じように断ったよな。なんでだ!俺と暮らすのがそんなに嫌かよ」
「君こそなんで僕と暮らしたがるんだ。昼は会社で一緒だし、夜も二人で仲良くパトロールだ。この上一緒に暮らしたりしたら、四六時中同じ顔を見てることになるぞ」
不服そうに喚き立てる相棒に困惑して尋ねると、彼はしかめた顔をごしごしと乱暴に掌でこすってから、大きなあくびをした。
「眠いんなら、部屋に行ってさっさと寝ろよ」
「いいや、眠くない。それより答えろ、力ト-。四六時中一緒にいて何が悪いんだ。俺達はとっくに、公私ともに立派な『パートナー』だろ、今更何を気がねしてる」
「気がねなんかしてない。違う意味の『パートナー』に思われるのはごめんだから、嫌だって言ってる」
初っ端の紹介の仕方に問題があったせいか、社員の中には二人の関係を不思議に思う者があるらしく、社内で微妙な視線を感じることが少なくない。
これで同居なんかしようものなら、ほらやっぱりだ!とたちまち噂になるに決まっている。

「大丈夫だよ、俺が女の子ダーイ好きなのは周知の事実だし。お前が住んでもうちに女の子は呼ぶし」
「あ、そう」
「そう。だからいいだろ、ここに住めよ。そうすりゃ通う手間が省けるだろ?ガソリン代も浮くぞ」
「金持ちの癖に、みみっちいこと言うなよ」
「親切で言ってんだぞ。部屋はいっぱい空いてる、好きなとこを使え。引越し楽チンだぞ、家具備え付けだし。カーテンは好きな柄に変えてやる。花柄がいいか?お前、花柄好きだろ」
「あれは前の住人が置いてったんだ。僕の趣味じゃない」
一度夜中に忍び込んだだけなのに、そこまで見ていたのかと驚き呆れた。
そして同居を迫る相棒の熱心さに不審を覚え、あらためて尋ねた。
「カーテンの柄なんかどうでもいい。ブリシト、なんで僕をここに住ませたがる。ガソリン代のことは本音じゃないだろう?正直に言えよ」
「だってさ、俺達ションディーだろ?兄弟なら、一緒に住むのが当然だ」
「ブリシト」
名前を呼んでじっと見つめると、相棒は机から降りて冷蔵庫の方に歩いた。
扉を開けると、ビールを一本取り出した。
「お前もやるか?」
「いや、いい。そんなに酔っててまだ飲むのか」
「飲むとも!こういうの、日本語じゃ『フカザケ』って言うんだってさ。中国語だと何て言うんだ?」
酒喝得太多、と答えようとして、瓶を抱えて妙な動きをしている相棒に気付いた。
「栓抜きなら、その横にあるよ」
「力ト-、あれやってくれ。こう、シュパッて手で開けるやつ」
側に戻ってきた相棒の手から瓶を受け取り、手刀を振るって蓋を開けた。
空中に滑らかな曲線を描いて飛び去った蓋を見つめ、相棒はオーッと声を上げた。
「さっすが力ト-。俺、なかなか出来ないんだよなあ」
「鍛錬とコツが必要なんだ。そんなことより、ブリシト……」
「わかってる、理由だろ」
右手を上げて言葉を制すると、瓶を傾けてビールをあおった。それから顔をこちらに向け直し、瓶を玩びながら口を開いた。
「じゃあ正直に言うけど……怒るな」
「いいから言えよ」
「怒るなよ力ト-、約束だからな。俺はな、お前に、そのう……」

ちらちらと顔色を窺ってなかなか先を言わない相棒に、顎をしゃくって促した。
「だからさ、お前にコーヒーを、入れて欲しいからだよ!俺の好きな時に……ちょっと待て力ト-、ダメだ、怒らないって約束だろ!?」
ぴくりと眉根を寄せたのに敏感に反応し、相棒は顔の前に腕を上げてガードした。
「殴るなよ、いきなり殴るのは反則だ!」
「殴らないよ。でも言ったよな、僕にコーヒー入れろと命令したら……」
人差し指を突き付けて静かに抗議すると、彼は瓶を持ったまま手を振った。
「命令じゃない。頼んでるんだ、ションディーとして。何しろお前の入れるコーヒーは、美味すぎる」
「あの機械を使えば誰にでも出来る。使用人に頼めよ。前に何人かにやり方は教えたぞ」
「ダメだ。お前がいない時にやらせてみたが、お前のとは違ってクソみたいだった」
「じゃあ自分でやってみろ、教えてやるから」
「もっとダメ!俺の不器用さを知ってるだろ?瓶も開けられないんだぞ。それに漢字が読めない」
「漢字くらい覚えろよ。読めなくても、流れを掴めば出来るさ」
「いいやダメだ。やっぱりお前の入れてくれるあの味が、メッチャ最高なんだ」
全く譲る気のない我が儘ぶりに呆れたが、コーヒーの味を手放しで褒められて悪い気はしなかった。
だがそのために同居なんて、やっぱり馬鹿げてる。平行線を辿るコーヒーの件は置いておいて、別の方向から攻めようと考えを巡らせた。相棒はまるで構わずに、言葉を続けた。

「もちろん、ただコーヒー入れろとは言わない。見返りはあるぞ」
「見返り?」
「そうさ、例えば……そうだ、お前に泳ぎを教えてやるよ。ここにいればいつだって教えられる。万能ナイフの唯一の弱点を克服出来るぞ、どうだ?」
目を輝かせて条件を持ちかける相棒とは裏腹に、以前この家のプールで不様に溺れたことを思い出して、顔に血が上った。
「力ト-、恥ずかしがるな。誰にでも弱点はある。それを乗り越えてこそ、人は成長するんだ」
「……知った風な口をきくじゃないか。せっかくだけど断るよ、僕はそんな見返りはいらない」
自分は欠点だらけの癖によく言うな、という言葉を飲み込んで忌ま忌ましげに告げると、理解出来ないという風に相棒は目を瞬いた。

「マジか?あと泳げさえすれば、お前は本当のスーパーマンになれるんだぞ」
「そうだな、君はいい気分かもしれない。スーパーマンに好きな時に、美味いコーヒーを入れてもらえるんだからな」
「そうだ、お互いに損はないだろ?俺が手取り足取り、泳ぎを教えてやるからさ。なあ力ト-、一緒に住むって言えよ。」
皮肉を素直に受け取って笑うお坊ちゃんにイライラしながら、決定的に断れる言葉を頭の中で探した。

「力ト-?で、どうなんだ」
「……やっぱりダメだ。ここには住めない」
「なんでだよ!何が気に入らないってんだ」
「プールだ。君の話で気付いた。プールがある家になんか、僕は住みたくない」
「なんだ、溺れたのがそんなにショックだったのか」
「ああ、ショックだった。思い出しても体が震えるよ。もうあんな思いはしたくない」
沈んだ表情を作って首を振ると、相棒はなおも懲りずに口説いた。
「だから教えてやるって!スーパーマンにしてやるって、言ってるじゃないか」
「いや、泳げたところで、どうせ空は飛べないだろ?ならスーパーマンにはなれないよ。僕には無理だ」
「おいおい、屁理屈を言うなよ」
「うるさいな。とにかくプールがある限り、僕はここには住まない。どうしても住んで欲しいって言うなら、プールを埋め立ててくれよ!そしたら、考えてもいい」
「な、なんだって?本気で言ってんのか!」
唾を飛ばし叫ぶ顔を見つめて、真顔で頷いた。
美女達を侍らせてプールで遊ぶのが大のお気に入りのこの男が、そんな条件を飲む訳がない。
そんなこと出来るか!じゃあもう同居なんか無しだ、とキレて、誘いを取り消すに決まっている。
あまりの無理難題に相当驚いたのか、相棒はしばし固まっていた。
ざまあ見ろ、と内心ほくそ笑んでいると、目をぎゅっと閉じてまた開いてから、静かに言葉を発した。

「力ト-……どうしても、プールを埋め立てろって言うんだな」
「ああ、どうしてもだ」
「そうか。よしわかった」
「え?ブリシト、わかったって……」
「力ト-、ちょっと電話かけていいか」
「……いいけど」
相棒は机に瓶を置いて、携帯電話を取り出し操作した。
深夜のことで眠っているのだろう、なかなか相手が出ないらしく、相棒はせわしなく床を足で踏み鳴らしている。

「……俺だ!電話かけたらすぐ起きろ。今から仕事だ。すぐに来て、プールを埋め立てろ!」
「おい、ブリシト!?」
「正気かって?当たり前だろう!いいからやれ、今夜中にだ!」
「ブリシト!誰にかけてる?」
「うちのプール係だ。心配すんな、すぐに片付くから」
傍若無人なお坊ちゃんは携帯電話を耳に当てたまま、ぱちんとウインクをして来た。
思いがけない展開に頭が真っ白になりかけたが、気を取り直して立ち上がり、相棒に近付いて手から電話を奪い取った。

「おい力ト-、何す……」
「ああ、もしもし?夜中に悪かったね……うん、うんそう、彼は酔ってるんだ。気にしないで、ゆっくり寝てくれ」
寝ぼけ声で動揺するプール係を宥めて通話を終えると、不愉快さを丸出しにした相棒が携帯電話を奪い返し、肩を掴んできた。
「力ト-、なんで止める?埋め立てろって言ったのは、お前じゃないか」
「黙れよ、酔っ払い。勢いでそんなことしたって、朝になったら絶対後悔する癖に。そして文句の矛先はどうせ僕なんだ、そうに決まってる!」
肩から手を打ち払って睨んでも、彼はちっとも怯まず更に絡み続けた。
「俺を見くびるな力ト-、酔った勢いなんかじゃないぞ!プールが大嫌いなお前のために、俺の大好きなプールを埋め立ててやるんだ俺は!だから一緒に、住め!」
「……なんでそこまで」
呆れてため息をつくと、間近に寄せた赤い顔から、酒臭い息を吹きかけられた。
「住むって言えよ力ト-。さもないと、プールを埋め立てるぞ!」
「ブリシト、話が逆になってる。頭を冷やせよ、君は飲み過ぎでやけになってるんだ」
「ふん、飲み過ぎなもんか。まだ全っ然、飲み足り、ない……」
急に呂律が怪しくなり、ふらつきもたれかかって来た相棒の体を咄嗟に受け止めた。

立ったまま抱き抱える形になり、このまま意識を失われたら面倒だと焦り声を張り上げた。
「ブリシト!こんな状態で寝るなよ。しっかりしろ、部屋まで連れてってやるから」
「うーん、力ト-……なあ、一緒に住むか?」
「今ダメ、それどころじゃない」
倒れないように腕に力を入れて支えると、相棒もこちらの体に回した腕を腰の辺りで交差させた。
「じゃあ、今夜はとりあえず泊まってけ。朝にまた話をしようぜ」
「嫌だよ。酔っ払いの世話をした上に、朝から不毛な議論なんかしたくない。君を部屋に送ったら、僕は帰る」
「そうかあ?ところがそうは……させないもんねっ!」
耳元で囁いていた相棒の口調は不意にはっきりとしたものになり、くっついていた体を離して軽くステップを踏み、二人の間に距離を取った。

「ブリシト?」
「力ト-、これなーんだ?」
ひらひらと揺れる右手に摘まれている物は、見覚えのある革製のストラップだった。
思わず尻部分のポケットを叩くと、確かにそこに入っていた筈のバイクの鍵がない。
「ブリシト、返せ!」
「嫌だね!これで今夜は帰れないぞ力ト-、観念しろ。そして朝になったら俺に、とびきり美味いコーヒーを入れてくれよな」
「……いいか、返さないと、力ずくで取るぞ」
拳を握って凄みを効かせると、相棒はビビるどころかニヤリと笑った。嫌な予感がして、ドア近くに立つ彼の方に一歩を踏み出した。

「動くな、力ト-!いいかあ、力ずくだなんて俺を脅すと……こうなる!」
相棒は片手でベルトを緩めてズボンの縁を引っ張り、あろうことかバイクの鍵をその中へと落とした。
「……ブリシト!做什麼!停止……!」
思わず出た母国語で制したがその甲斐もなく、相棒は引っ張ったズボンを元に戻した。
「ダメだぞ、悪い子だ力ト-。俺を殴って取り返そうなんてしたら……ここでオシッコしちゃうぞ」

こいつならやりかねない、落ち着くんだと、怒りのままに襲いかかりたがっている自分を抑え、強く気にかかることを問い質した。
「……なあブリシト。訊くけど、鍵はただズボンに入れただけか?」
「安心しろ、お前の大事なお宝は、俺のお宝と仲良くしてるぞ。ちょっとひんやりしてるけどな」
自分の股間を指差す姿に、やっぱり下着の中か!とショックを受けて呆然としていると、相棒は愉快そうに大笑いしてドアを開けた。
「こいつは朝まで預かる。ゲストルームは開いてるから、好きなとこで寝てくれ。じゃあなションディー!おやすみ、いい夢を!」
高らかに叫び投げキッスを飛ばすと、悪ガキは勢いよくドアを閉めて、壁の向こうに姿を消した。

「イ尓……混蛋!惡小鬼!!任性小子!!……この、×××!×××××!!……信じられない!全くもう、なんて野郎だ!」
はっと我に帰り、母国語と英語を織り交ぜて悪口雑言をまくし立てたが、もう後の祭りだった。

悄然として机に戻り、椅子に脱力した体を預けてぼうっとしていた。しばらくすると急に、子供っぽいあの男の行動がおかしくてたまらなくなった。
バイクが使えなくても、隣のガレージに停めてある車のどれかに乗れば帰れるってことを、彼は思いもしなかったのか。
きっと今頃はパジャマに着替えながら、頑固な相棒をまんまとやり込めたと鼻歌混じりの上機嫌で、やがてそのまま心地よい眠りにつくのだろう。
「馬鹿だなあ、あいつ……本っ当、馬鹿だ」
苦笑しながら、開いたままだったスケッチブックを閉じた。それから立ち上がり、冷蔵庫からビールを取り出した。
相棒が出来ない離れ業で栓を開けると、一口あおって室内の様々な電源を落とした。

お望み通り、お目覚めの朝には熱いカプチーノを入れてやろう。ただしいつもとは一味変えて。
どうしよう、タバスコでも仕込んでやろうか……いや、匂いでバレるな。
バレないように細工して、唐辛子を底に沈めておこうか。日本食が好きな奴だから、ワサビでもいいな。
飲んだらあいつ、どんな顔するかな。

ささやかな復讐を思い巡らせてドアを開けると、悲惨な目に合ってしまった大事な物のことを思い出した。
「はあ……取り返したら、念入りに消毒しなくっちゃな……」
ドアを閉めて、悪ガキの眠る離れの屋敷へと、ビールを傾けつつ歩いた。

一工夫した特製コーヒーを入れて、我が儘なお坊ちゃん社長を説得し、それから鍵の消毒。なんだか明日は、妙な用事ばかりで忙しくなりそうだ。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
もっとギャグとか入れたかったけど、センス不足でスマソ。
助手の母国語は某興奮サイトの翻訳機能を使いましたが、知識ゼロなもんで本当に正しいかどうかは不明です。
なんちゃって中国語ということでお許し下さい。
「緑蜂」難しいけど楽しかったー。

  • 映画の距離感まんまでめちゃくちゃ萌えました!ありがとうございます! -- 2014-02-11 (火) 03:02:18

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP