Top/62-373

ジョーカー 許されざる捜査官 来栖×伊達 「蛇足」

 一回終った後、まだ離れがたくて下肢を絡めながら二人で寄り添って横たわっていた。
時々、お互いの足の甲をすり合わせて肌の滑らかさとぬくもりを味わう。
久流須の肌はすべすべしていて、撫でると気持ちがいい。
一回一回、回を重ねるごとにお互いの体がなじみあっていくのがわかる。
久流須は、自分の肩の上に乗った盾の髪をゆっくり撫でていた。
久流須に髪を撫でられるのは好きだが・・・。
「腰、大丈夫?」
「平気さ、今のおまえ、痩せてるからな。」
「男としては、あれやられるのは、恥ずかしいんだけど。」
警察学校時代、柔道で何度もいいように転がされていたので、
力では久流須に敵わないのはわかっていたが、やりすぎだ。
「ふーん、その割にはよがってなかったか?」
と久流須はにやついた。
さきほどの乱れようは、鮮やかに目に焼きついている。
耳元であえぐのもたっぷりと聞くことが出来た。
「・・・重くなってやる・・・。」
盾はそうつぶやいて横を向いてしまった。
枕に顔を埋めて声や表情を隠すことも出来ず、なんだかずいぶんあられもないことを
口走ってしまった気がする。ああ、もう。
久流須が上機嫌なのも、小憎らしい。
「ちょっとくらいならいいけど、あんまり太るなよ。
田木川たちとケーキの情報交換している割には、痩せたままだよな。」
横を向いた盾の左肩に音を立ててキスしながら、そんなことを言う。
ん?それは誰がカロリー消費させているのか、わかってて言っているのかな?
まあ、気懸かりなこともあるけれど。
肩にキスする時、二の腕の傷跡が目に入った。触れそうになって、寸前で止める。
いつか、聞ける日が来るかな。
すこしずつ。すこしずつでいい。こうやっておまえを暴いていけたらいい。
久流須の温かい掌が、盾のわき腹をゆっくりとさすって下に向かい始めた。
二回目、行きたい。
「ちょっと待ってて、久流須。」
そう言って振り向いた盾は、にっこり微笑んだ。

 盾が持って来たのは、ミネラルウォーターのペットボトルとバスタオルだった。
部屋の暖房の設定を、少し上げる。
フタをあけると、ぷしゅっと音がした。
久流須が飲むハイボール用の炭酸水だ。
盾は一口含み、久流須に口移しで飲ませた。
冷たい炭酸水は、汗をかいた後には爽快で、気分がしゃきっとした。
舌を絡めようとする久流須から、盾が逃げる。
もう一口含むと、そのまま久流須の先端をその水ごと含んだ。
炭酸水の弾ける刺激と冷たさで、久流須の背筋を戦慄きが駆け上がる。
それに追い討ちをかけるように、舌を使い、吸い上げた。
声も出せずに久流須がのけぞっているのを満足そうに見て、盾が囁いてきた。
「どう?昔、してもらった事があるんだ。
ホントは暑い時にシャンパンとかビールとかでやるんだけど、、、。」
って、え、おまえ、コレを、シャンパンかビールでやられたわけ?
酒に弱い盾のことだ。すごいことになっただろうな、と想像しただけで喉が鳴った。
「久流須、今ヘンなこと考えた?」
軽く盾が睨む。
「う、うん、まあ」
へどもど答えると、盾は笑って、
「酒をあっちに使うと、俺の場合、救急車を呼ぶことになると思うよ。」
と言った。
お見通しか。急性アルコール中毒。たしかにヤバイ。
また一口含むと、今度は久流須の胸元に顔を寄せた。ぴりぴりとした刺激に思わず声が出る。
「もっと、する?」
「・・・うん。」
盾はにこっと笑って、バスタオルを引き寄せた。

 盾って、無邪気な顔して大胆なことするよなぁ。
どこまで自覚していて、どこから自覚していないんだか。
くそー、俺は振り回されるだけか。
警察学校時代、奈津記が話してくれたことを思い出した。
同じ大学だったが、当時は交友はなかった。が、盾は有名だったので知っていたと。
「何で有名だったんだ?」と聞くと、
来る者拒まず去るもの追わずで、女の子とっかえひっかえだったと。
「人は見かけによらないな。」と久流須が驚くと、
そういう盾を自分のものだけにしたくて、付き合っていた女の子は頑張ってたらしいぞ、
と奈津記は笑った。
当人は最後はフラレてばっかりだよ、とぶーたれていたが、奈津記が聞いたところによると、
結構な人数だったそうだ。
それプラスおやじテクニックがこれかー、と思った。
まあ、いいか。振り回されてやるよ、おまえになら。
「なあ、まだある?」
「もう一本、冷蔵庫に。お腹壊すの、やだよ。」
二本目は、久流須が盾に使うことにした。
注意事項は守る・・・つもりだ。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP