Top/61-126

ギャラクシーエンジェルⅡ カルバドゥス&ベネディクタイン×ジュニエヴル 「胡蝶の褥3」

前スレ316の続きです。携帯からなので、改行がおかしいかもしれませんがご容赦を。

銀河天使2の三侯/爵で摂/政受け3P。誘い受け、獣姦(蛇)要素・エロあり。
捏造設定満載につき注意。

 細く長い舌が、薄闇の中でちろちろと揺れる。
 いつしか鎌首をもたげていた白蛇の後頭部に、皺の刻まれた指がそっと触れた。
「……気になるか? あの男が」
 体温の存在しない身体を優しく撫でながら、ベネディクタインは愛蛇に問う。色眼鏡の
奥の瞳を細め、慈しむように白い皮膚をなぜる様は、さながら初孫を愛でる翁のようだ。

 対する蛇もまた、肌をくすぐる指に甘えるかのように身をすり寄せ、円らな瞳で彼を見上げる。
表情など存在するはずもないその双眸にねだるような色を感じ取って、老侯は唇を笑みの
形に歪めた。
「全く……仕方のない子だ」
 肩を竦め、ベネディクタインは白蛇へと掌を差し出す。言葉では不承不承を装いながらも、
その声色はどこまでも優しく、相手の我儘を積極的に叶えてやろうとする意思が感じられた。
 まるで女性をエスコートするかのように差し伸べられたその手に、蛇は躊躇うことなくよじ登り、
腕を伝って彼の首元まで這い上がった。
 こちらの頬に額をすり付けてくる、愛しい生き物に微笑みかけて、ベネディクタインは腰を
浮かせる。
 床板の軋む音に気が付いたか、カルバドゥスがそこで不意に視線を寄越した。自分達の
元へ歩み寄ってくる男の姿を認め、彼はくっと唇の端を吊り上げる。
「おや……これはこれは侯爵殿。何か御用ですかな? もしや、貴殿もこの戯れに参加なさる
おつもりで?」

 先刻の意趣返しとばかりに、嘲るような口調で問いかけてくるカルバドゥス。暗に、

ベネディクタインの年齢とそれに伴う肉体の衰えを揶揄していることは、その表情から見ても
明らかだった。だが、ベネディクタインはその安い挑発をあっさりと聞き流し、それどころか、
微笑すら浮かべてカルバドゥスを見下ろしてくる。
「将軍殿、摂政殿のお体をこちらに向けては頂けぬか? ……面白い、余興をお見せしよう」
「余興?」
「ああ。そうそう滅多には見ることの叶わぬ、世にも珍しい見世物だ……貴公も必ずや、

お気に召すことと思うが?」
 てっきり腹を立てるものと思っていた相手の反応に困惑と不満を覚え、カルバドゥスは
かすかに眉根を寄せる。そんな彼の顔を見下ろしたベネディクタインは、珍しく、愉快そうに
微笑んでみせた。

 束の間頬に触れた冷たい感触に、ジュニエヴルの意識が覚醒する。どうやら、少しの間
気を失っていたらしい。
 背中に感じる厚い胸板と、未だに体内で存在を主張する熱から、今の自分の状態を
おぼろげながらに察する。いわゆる、背面座位をさせられているようだ。
 体の奥を貫いている杭は相変わらずの逞しさを誇っており、全く大した絶倫だと背後の
男の体力に思いを馳せる。苦笑か嘲弄か、知らず口の端を持ち上げたジュニエヴルの肌に、
また、冷感が触れた。
 滑りを帯びたそれは人の手ではあり得ず、濡らした布地とも違う。先程とは違い、今度は
執拗に頬を撫でてくる得体の知れない存在に、ぼんやりとしていた思考が少しずつ冴え始めた。
「な、に……これ……」
 行為を始めて以来酷使し通しだった喉は、既に掠れ果てて久しい。それでもなんとか声を
絞り出し、自身を抱きかかえる男に説明を要求する。
 しかし問いに答えたのは、想定していたのとは全く異なる人物だった。
「さて……なんだと思われますかな?」

 聞いたこともないような朗らかな声音で囁いて、ベネディクタインが耳元で笑う。その声色と、
予想もしていなかった距離の近さに驚いて、ジュニエヴルは顔を上げた。
 どうしてここにいるのかと、恐らく目の前にいるはずのベネディクタインに尋ねかけようとした
刹那、頬に触れていた何かがするりと首筋を滑り降りてきた。
「やっ、ぁん……」
 冷えた感触は火照った肌には心地良く、敏感な体を悦ばせる。自然と漏れた声に応えるかの
ように、冷感をもたらす何かはジュニエヴルの体に纏い付き、皮膚の上を這いずり出した。
 四肢のあちこちに縦横に絡み付く、ぬるりとした縄のような、それ。すぐ側で聞こえる嗄れた
笑い声から、その正体を直感的に悟り、ジュニエヴルは思わず呟く。
「これっ……ひょっ、として……ぁ、んっ」
「如何にも……蛇に抱かれるのは初めてですかな? 摂政殿」
 胸を這い上がって来た蛇の腹が花芽をこすり、ジュニエヴルは不意打ちの快感に身を捩る。
反射的に仰け反ったジュニエヴルの頤を掴み、ベネディクタインは鷹揚に頷いた。
「そういえば、先程の質問にまだお答えしておりませんでしたな……我輩が女を囲っている
という噂、確かに事実に相違ありませぬ……ただし」
 青年の頬を指先で撫で、彼はそこで言葉を切る。そしてたっぷりと勿体を付けてから、
稚気の混じった明るい声で言葉の先を述べた。
「実際に女を抱いておるのは、我輩ではなくこの子なのですがな……」
 主の言葉を証明するかのように、蛇はその身を蠢かせ、ジュニエヴルの身体を全身でもって
愛撫していく。息継ぎと喘ぎに開きっ放しの口唇から唾液が零れ、顎を掴む老侯の指にまで
垂れ落ちた。
「ぁ、ぁんっ……ふ、ぅ……っ」
 胸の頂きを押し潰すように刺激されて、背筋がぞくぞくと震える。人の肌とは明らかに違う、
滑りを帯びた冷たい感触が施してくれる愛撫は、思いの外丁寧で巧みなものだった。
 限界が近付いていた体に、再び火を付けるには十分過ぎる程に。
 犯され蹂躙され、泥のように重い四肢を投げ出し、それでもまだ与えられ続ける快楽に
息も絶え絶えになりながら――しかし、ジュニエヴルは。

 目隠しをされた顔が、口元だけで微笑む。ぞっとする程、凄艶に。
「フフッ……ね、もっとして……? 蛇くん……」
 甘く囁かれた言葉の意味を理解してか、否か。白蛇は細い舌を差し出し、弧を描く唇を
ちろと舐め上げる。
 それを合図としたかのように、身体に纏わり付く蛇の動きが苛烈さを増した。汗に濡れた
肌の上を自在に滑り、鋭敏な箇所を狙って責め立てていく。
「ふあっ、ぁ、く……! ぁ、ぁんっ……いいっ……それ、気持ちいい……! あっははッ……
キミ、上手いよ……すっご、く……!」
 喘ぎ交じりに告げられる卑猥な言葉に、血色を透かした双眸は輝きを増す。可愛い愛蛇が
いつになく喜んでいることを察したベネディクタインは、くっと口角を吊り上げると、ジュニエヴルの
目の覆いを取り去った。
「ありがと……ベネディクタイン」
 しばらくぶりに取り戻した視界に見慣れた老人の顔を捉え、ジュニエヴルは艶然と微笑む。
しかし、突然のベネディクタインの行動に、カルバドゥスはにわかに気色ばんだ。
「侯爵殿……! 勝手な真似は謹んで頂きたい! これはワシとジュニエヴル殿との間での
取り決めであってだな……!」
「カルバドゥス」
 語気荒くまくし立てる言葉は、己の名を呼ぶ艶やかな声に容易く抑え込まれてしまう。
 カルバドゥスは口を噤み、肩越しにこちらを仰ぐジュニエヴルを見つめ返す。至近から覗き込んだ
瞳が、妖しく輝いた。
「言ったじゃない……楽しもうよ……皆で、ね?」
 幼子を窘めるように告げると、ジュニエヴルはおもむろに腰を揺らめかせ、咥え込んだ
カルバドゥス自身を刺激してきた。ぎゅっと強い力で締め付けられ擦られて、思わず呻き声が漏れる。
「ぐ……!」
 ただでさえ、先刻からずっと動かずに堪えていたのだ。待ち望んでいた快感を受け、肉棒は
更に硬く太く膨張していく。

 知らず奥歯を噛み締めながら、カルバドゥスは再びジュニエヴルを見た。艶っぽく
潤み切った瞳で、真っ直ぐにこちらを射抜いてくる青年の顔を。その眼差しは、つい先程の
弱弱しさなど幻であるかのように、強い。
 これが本当に、先刻まで泣き喘いでいた男の目なのだろうか?
 困惑を禁じ得ないカルバドゥスの顔を見つめながら、ジュニエヴルは笑い、そして言う。
掠れ切った声で、肩で息を吐きながら、歌うように。
「ふふふ……ほら、動いていいよ? まだし足りないでしょ……? ちゃぁんと、最後まで
付き合ってあげる……もちろん、キミにもね」
 言葉の最後は、首元を這いずる白蛇を見下ろしながら呟かれた。賢い蛇はジュニエヴルの
言に答えるかように、鎌首をもたげて青年を仰ぎ見る。そしてそのまま、主であるベネディクタイン
にも視線を向けた。
 赤々と輝く眼が伝える声なき声を聞き、狡猾で知られた老人はただ優しく微笑む。
「くっくっく……我輩とも一緒に遊びたいか? 本当にお前は、甘えたがりでいかんな」
「キミが甘やかすからなんじゃないの? 人間不信の侯爵殿も、中々どうして、飼い蛇には
甘いと見える……ホント、珍しいもの見ちゃったなぁ」
 普段の言動からはとても想像できない甘い態度をからかい、ジュニエヴルはくすくすと
肩を揺らした。
 揶揄されたことが不愉快だったのか――あるいは、愛蛇との語らいに水を差されたのが
気に入らなかったのか――ベネディクタインはたちまち表情を険しくし、ジュニエヴルを睨む。
「口を挟まないで頂きたいですな、摂政殿。これは、我輩とこの子の問題……貴殿には
関係のないことだ」
「別にそんなつもりじゃないよ、ただ微笑ましいなと思っただけ……で、どうするの? 可愛い
蛇くんのお願い、優しい優しい侯爵様は聞いて下さるのかな?」
 にやにやと笑いながら、ジュニエヴルは挑むような目でベネディクタインを見据えた。一緒に
なってこちらを見つめてくる蛇の頭を軽く撫で、老人はその指でジュニエヴルの唇を撫でる。

 そして、静かに口の端を持ち上げた。
「そんなもの……貴様に言われるまでもないわ、若造が」
 笑みと共に吐き捨て、ベネディクタインはジュニエヴルの口内に節くれだった指を突き入れる。
唾液をかき混ぜるように口腔を犯してやれば、青年は喉の奥からくぐもった声を漏らした。
「しゃぶれ」
 こちらから言うよりも早く、ジュニエヴルは口腔を蠢く指に積極的に舌を絡ませ、吸い付いてくる。
色眼鏡越しにベネディクタインの目を見つめて、青年は愉快そうに瞳を細めた。その意味する
ところを察して、老人もまた笑みを深くする。
「ふん……淫乱が」
 楽しげに呟き、ベネディクタインは二本目の指を口内に差し入れた。主の心情を察してか、
ジュニエヴルに纏い付く蛇の動きもどこかはしゃいでいるように見える。
「何を呆けておるのだ、将軍よ……貴公も楽しむがいい。この男を自由にできる機会など、
もう二度とないやも知れぬぞ」
 一人動きあぐねていたカルバドゥスを見咎めて、ベネディクタインは気さくに語りかける。その
言葉に常のような皮肉は込められていなかったが、自分が気後れしていたことを見透かされた
ような気がして、カルバドゥスの頭にかっと血が上った。
「わ、分かっておる! 今! 今、そうしようと思っておったところだ!」
 言い訳の常套句を喚き、カルバドゥスは力任せにジュニエヴルの体を突き上げる。痩せた体が、
しなやかに仰け反った。
「……そうでなくてはな」
 声にならない嬌声を指に絡む舌の震えから感じ取り、ベネディクタインが口元を歪める。
そして出し抜けに、口腔を探る指を二本から三本に増やした。空いた片手は胸元に伸び、
蛇と一緒になって肌の上を這う。

 逞しい怒張と、二つの手と、滑った皮膚に、身体の至るところを犯されながらジュニエヴルは――
ただどこまでも艶やかに、笑ってみせたのだった。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
支援ありがとうございました。
言い損ねましたがこれでおしまいです。スペースどうもありがとうございました。
ああ楽しかった! 三侯大好きだ!


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP