Top/56-332

スメル

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |  ナマモノ盤越え・葡萄の蔓唄×三本角の恐竜唄です。
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄|  超ドマイナーカプでごめんなさい
 | |                | |             \
 | | |> PLAY.       | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ ドキドキ
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ )
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |

何があったわけでもないのに、二人で集まって飲んだことがあった。
どちらが誘ったかは憶えていない。彼の家だったと思う。
彼のことを思い出すときは、小さな斑の犬のにおいが思い出される。
あの二匹。確かに、その日の記憶からはあのにおいがした。

きっと、近況報告のようなものをした。
はじめは、お互いを懐かしむため、いや、ただの社会人間として生きるときの常識なのか、
彼の言う所の最近の俺を報告し合った。多分。
義務を果たしたおれたちは、冗談を交わした。もちろん、猥談もした。いや、正直猥談がメインだった。
彼と会うときは、ビールを飲むことが多い。
しかしながら、その日はイベントで偶然会ったわけでもなかったので、遠慮なく彼の家にあった日本酒を戴いた。
日本酒を飲んだ舌で煙草を吸うと、ひりひりと痛むような、また、喉が震えるような、強烈な衝撃を感じた。
とっても体に悪いことをしていたらしい。
「喉が射精しすぎたあとみたいだよ。」そんな色気もなにもない比喩を口に出すと、
彼は、いつもの、母上を思い出させるような笑い方をした。

アルコールも適度に回り、気持ちよくなってきた頃。
こういうときはどうしても、音楽の話になってしまう。悲しきミュージシャンの性。
どういう話をしたのか、具体的には憶えていない。
憶えていたのは、彼が笑う度に口元に寄せる、その右手の、指環の形状ぐらいだ。

「なんか、CD聴きたくなっちゃった。かけてもいい?」

ふいに彼が立ち上がり、整頓されていないスチールラックから、CDを取り出した。
おれはてっきり、彼の好きな、あの王様の曲でもかけるんだろうと思った。

だけど、彼が取り出したものは、フランス語のタイトル。
の、おれのバンドの、アルバム。

「なんで持ってんねん」
「買ったんだよ。えらいでしょ?おれのも買ってよね」

冗談か本気か分からない口調で彼は言う。
屈託のない笑み。つい、少年のようだ、と思ってしまった。
どういうセンスしてるのだろうか。同じミュージシャンとして恥ずかしいぐらいのセンスのなさだ。
回る円盤。大きなスピーカーから、おれの音が流れる。何百回も聴いた気がする。
煙草の歌が始まる。

「止めろや。恥ずいやろ」

と言いながらも、こう聴いてみるとなかなかいい曲だと思う。
さっきの考えは撤回しておこう。同じミュージシャンとして誇りだよ。

ああ、酔ってるな。今日は呑まれる日かもしれない。

「なんでー。好きだよ、これ」

どきりとした。文字通り、どきりと。
自分のアルバムが褒められたからではない、この昂揚。
きっと、酔ってる。二年ほど前の対バンのときも、飲みすぎていた。
結構、恥ずかしいことをMCで言った気がする。もっと恥ずかしいことを、MCで言われた気もする。

「そー。ありがとう」

目の前の彼は未だに笑っている。

彼はいつの間にか、歌詞カードを取り出してじっと見詰めていた。
今度は、犬のようだ、と思った。
「なにしてんねん」と突っ込むと、彼は視線を動かさずに言う。

「おれってほら、あんまり頭がいい歌詞が書けないわけ。だからね、憧れるんだよ」

一瞬、誰のことを言っているのか分からなかった。
少し、恥ずかしくなって、嬉しかった。それも、とてつもなく。

「ええやん。おれの偏屈な歌詞より、輪打っちの歌詞のがええと思うけど」

これは、謙遜しているわけでもなく、紛れも無い本心だった。
だけど、この言葉を素直に受け取ってはくれないだろうことも、分かっていた。
彼は少し顔をあげて、「なんかすいません」と笑いながら言う。うっすら憂いを帯びている。
少し、色っぽいなんて思ってしまったり。

「多分、酔ってる。ちょっと横になってもいい?」

ソファに寝転がる彼。
彼も、酔っている。
息を吐きながら目を瞑る彼は、やっぱり色っぽくて。目元を隠す右腕がむしょうに愛おしくてならない。
おれも、酔っていた。
煙草が吸いたい。それは、流れている音楽の所為ではなく、目の前の彼の所為だ。

「レコーディング、順調?」
「まあまあ。そっちは?」
「まあまあって言われたら、まあまあとしか返せへんよ」

うっすらと笑う彼。ダメだ。触れてしまいそうだ。
おれは彼の寝転がるソファに近付いた。彼は目を瞑ったままだった。
触れてしまいそう、が、触れようとしている、に変わってしまう。
左手には、まだ光が残っていた。とても大切な、きっと彼は持っていない光。
そんなことは知っていた。でも、それでも、いいのかもしれないと思った。
右手を、指先を、彼の唇へ近づける。

「なんかさあ」

突然。彼が言った。触れる前だった。
手にかいていた汗を、ジーンズで拭った。
そして、同時に、助かった、と思った。

「もしかしたらおれ、棚可くんとセックスしたいと思ってるかもしれない」

拭ったはずの汗がまたじわり。
鼓動が、早くなる。
彼の唇が、最低だ、と動いた。
もっと最低なのは、おれかもしれない。

左手には、まだ光があった。

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |                捏造ばっかりです。
 | |                | |           ∧_∧ お粗末様でした。
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  • どちらの良さも引き立つ正反対な関係に萌えました。ありがとうございました! -- 2010-11-22 (月) 03:45:32

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP