Top/56-309

Gガンダム キョウジ×ドモン

ガンダムスレの今の流れに萌え滾って勢いだけで書いてみた
ちゅーってしかもべろちゅーかよ!
ご都合主義により最終回後なのに兄さんが生きてますが勘弁してください
ドモンの家出当時の事や頭なでなでするのはムック本に入ってた漫画からです。

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | |>PLAY.       | |
 | |                | |           ∧_∧ ヒトリデコソーリミルヨ
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やあやあ皆さん、お久しぶりですねえ。
え、誰?ですって?
ひどいご冗談だ。この顔をお忘れですか?いくら15年振りとは言え。
そうです、わたくしです。いやはや、ご無沙汰しておりました。
さて!今日のカードはこの二人、ネオドイツはシュバルツ・ブルーダー!
対する相手はキング・オブ・ハート、ドモン・カッシュ!
宿命の兄弟対決でございます。
はてさてどんなファイトが待ち受けているのでしょうか!
それでは皆さん!ガンダムファイ――
と。……ああ、ファイトはもう終わったんでしたねぇ。
いやはや、こうなってみると寂しいものですな。
仕方ありません。今回は恒例のアレはお預けと言う事で、
それでは少しだけ、カーテンコールのおまけでもご覧頂きましょうか……

―――

ガンダムファイト終了後、世界がすぐさま平和に戻ったかと言えばそうではなかった。
確かに巨大な悪は倒れたが、あの戦いはコロニーや地球全土に深い爪あとを残し
その復旧作業や難民の救済などが大きな課題として残っている。
また、ネオジャパンの――つまり今後4年間世界の覇権を握る国の――実権を握っていた
ウルベが倒れたと言う事もあり、その隙を狙って様々な暗躍を遂げようとする者もいた。
そのため、世界の秩序を保つ役目を持つシャッフル同盟や
彼らに賛同するガンダムファイターたちはその実力と知名度を生かし、
各国で様々な任務をこなし、復旧の音頭をとりながら忙しく過ごしていた。
本来ならばシャッフル同盟はこういった表舞台に立つ組織ではないのだが、
例の一件でその存在が世界中に知れ渡ってしまったという事と
そのリーダーがガンダムファイト優勝者のドモン・カッシュともなれば
今更隠匿するわけにも行かず、
結局現状で「シャッフル同盟」は「英雄」と同義の言葉として扱われている。
5人揃ってセレモニーなどに招待される事もしばしばだった。

……とまあ、そんな前置きはおいて。
宴会の話である。
式典などで久々に集った仲間たちが、
その後身内だけで酒を酌み交わすことは珍しくなかった。
今日はネオジャパン側が用意したそこそこの格式の料亭で、
みなが膳を囲み車座になって、宴もたけなわ、久々の旧交を楽しんでいた。
シャッフル同盟5人だけでなく、彼らにごく近い仲間だった
ネオスウェーデン代表やネオネパール代表の姿もある。

既にほとんどの皿は空き、2合徳利が何本もごろごろと転がっていた。
顔を赤くしていない者のほうが珍しく、
宴会芸と称してスウェーデン代表が梁の上で新体操を披露したり、
フランス代表が刺身の薄切りで得意げに薔薇を作ってみせたり、
アメリカ代表がピエロの幻覚を見て泣きながら座敷の隅でうずくまっていたり、
ロシア代表は平然としているように見えて、
手首に巻きついているのが味付け海苔の二枚重ねだったりする。
彼らのファンにはとても見せられない光景だった。
リーダーであるはずの我らがドモン・カッシュも、
いつも身に着けている鉢巻きを中国代表に奪われ
その中国代表は鉢巻きをリボン代わりに自らの髪をお団子に結っている。

「……ドモン」

そのどんちゃん騒ぎを眺めながら
自分も強かに酔って壁際にもたれていたドモンの元に、にじりよる者があった。
ドモンとは違う母親ゆずりの栗色の髪の毛、
堅苦しいトレンチコートの上に乗った顔は珍しく素肌を晒しており、
こちらは兄弟でよく似ている黒い瞳を酒のためにうるうると滲ませていた。

「に、にいさん?」

ドモンは少しだけうろたえた。
いくら酔っているとは言え、膝だけでこちらにずりずりと近寄り
畳に両手を付いたままぺたんを座り込んでいる様子はあまりにも普段の兄と違っていたのだ。
ほんの80cmほどの距離で、彼は口を開いた。

「俺はなあ、ドモン。お前がいなくなってから凄く探したんだぞ。
 それはもう必死だった。警察にも行ったし、探偵も雇った。
 書置きは見たけど……10歳足らずの子供が突然いなくなったんだ、
 誘拐とか、事件に巻き込まれた可能性もあるじゃないか。
 心配で心配でしょうがなかった」
 
少しだけ視線を伏せてとうとうと語り始めた彼に、
ドモンはかける言葉を見つけられなかった。

「だってそうだろう。単なる家出なら、すぐに見つからなきゃおかしいんだ。
 まさか『下』に行ってたなんて……
 ああ、そっちを調べなかったのは俺のミスだった。
 生きてるのか死んでるのかも分からないのに、帰りを信じて待つのは辛かったよ」
 
伏せていた顔を上げて、更に彼はぐいとドモンに近づく。
 
「いいんだ、言ってくれ、ドモン。
 将来を決められてたのが嫌だったのか?
 俺にいつもからかわれてたのが嫌だったのか?
 悪かった、許してくれ」
「……っ兄さん」
「お前が可愛かったし、だから父さんと二人で
 お前のためになるようなことをしてやりたかった。
 でもその反面でからかったりもした。あの時は俺も子供だったんだ……」

常ではありえない饒舌さで謝罪の言葉を述べる彼に、
ドモンは胸が震える思いがした。
戦いを通じて、兄とはもう十分に分かり合えた気がしていた。
昔のような屈折した反発とも違って、素直な尊敬を感謝を持つことも出来た。
しかしまだそれが全てではなかったのだ。
無鉄砲に飛び出した家で、そんな風に想われていたとは考えもしなかった。
互いにすれ違ったままだった過去の時間が、きちんと重なり合っていく音がする。

「……もういいんだ、兄さん。謝らなきゃいけないのは俺の方だ。
 俺は、何でもできる兄さんがずっとうらやましくて……」

酒の力か、ドモンの口からも自らが驚くほどにすらすらと言葉が出た。

「いつも頭をなでてくれてたけど、俺はその度に
 兄さんを追い越したいと思ってたんだ。
 でも、そのためにはあそこにはいられないと思って……
 だって、あんなに優しい兄さんがいたんじゃどうしても甘えたくなるから……
 甘えてしまったら、兄さんよりは強くなれないだろう。
 だからほとんど勢いに任せて飛び出したんだった」
 
鉢巻きがないためか、いつもより幾分幼く見える顔を赤くしながらドモンはそんな風に語った。

彼らの話の途中から、いつしか宴会場の中は静まり返って
誰もがその会話に聞き入っていた。
感動的な兄弟の和解のシーンに、スウェーデン代表などは胸の前で指を組んで
その大きな瞳を潤ませている。

「……俺たち、馬鹿みたいな遠回りをしたんだなあ」

言葉そのものは過去を悔やむものでありながら、どこか安堵したような響きの声で
彼は身体の中からこぼれ出てくるような笑みを顔に浮かべた。
それにつられるようにして、ドモンもまた照れくさそうに微笑む。

「ドモン」
「?」
「頭をなでさせてくれないか?……昔みたいに」

兄がそうしたいと言うのなら、拒む理由はドモンにはなかった。
こんな衆人環視の中、常ならばとても了承できたものではないのだが
二人はごく近い距離の中で話をしているせいか、
周りから注目を浴びている事には露ほども気が付いていない。
小さくこくりと頷く。
すると彼の兄はいっそう笑みを深くして、すぐ傍にある弟の頭へと腕を伸ばした。
記憶よりもずいぶんと大きくなった頭を撫でながら
あまり手入れがされている感じでもない髪の毛を指で梳いてやる。

「少しくせっ毛なのは、変わってないんだなあ……」
「そ、その。あんまりじろじろ見ないでくれ、兄さん」
「どうしてだ?」
「恥ずかしいだろ……」
「恥ずかしいことがあるものか。こんなに可愛い顔なのに」

少し伸びた前髪を梳いていた指が、そのまま下へ降りて頬をとった。
誰もが、あ、と思う間もなく。

「「「!!!!!」」」

ドモンの少し薄い唇を彼が奪っていた。

ほんの数秒合わせられていただけだったそれは、次第に動きが大胆になり
舌がドモンの唇を舐めたかと思ったら、そのまま割り入って
驚いて逃げる事も忘れている相手のそれを絡めとった。
舌先で根元をくすぐり、吸い上げる。

「ふぅッン……!」

上あごのドームを、触れるか触れないかといった弱さで舐め上げられたとき
ドモンの肩がびくりと跳ね上がった。

「っん、んぅ……ふ、んんっ……」

そのまま歯列をなぞられ、口腔の隅から隅までを蹂躙されながら
いつの間にかドモンの瞼は陶然となったように閉じられており、
指は無意識に兄の腕へすがり付いていた。

「ん……」
「…………ふぁ……?」

長い長い時間をかけて、二人の唇はやっと離された。

経験したことのない大人のキスに、ドモンが茫然自失の状態になっているのをいいことに
彼は行動を止めずドモンの唇からこぼれそうになっていた唾液を舐めとり、
そのままちゅっちゅっと頬だの額だのに際限なくキスしまくっている。

そして、あまりの勢いに二人ともがどさっと畳の上に倒れこんだ時点で
周囲はやっと我を取り戻した。

「な、なにをやっているんです!」
「離れろこのドイツ仮面!!」
「いや、引き剥がせ!!」

やにわに会場内の温度が上がった。
今にも飛び掛ってこようとする彼らを、ネオドイツ代表はめんどくさそうに一瞥し、
次の瞬間にはドモンを抱えたまま窓際まで跳躍していた。
その素早さに誰もが瞠目する。

「そうかお前たち、うらやましいのか?うらやましいんだろう?そら」

ちゅううぅ。
言うが早いか、ゲルマン忍者は再び腕の中のドモンの唇を吸った。
ドモンはまだ硬直したまま我を失っている。

「ははは、しかしこれは私のだからな!
 お前たちにくれてやるわけにはゆかん!」
 
すっかり「キョウジ・カッシュ」ではなく
「シュバルツ・ブルーダー」に戻ってしまっている様子で、彼は高らかに笑う。

「ええい、あんな酔っ払いごときに遅れをとるシャッフル同盟ではありませんよ!」
「応!」
「アニキを返せこのやろー!」

同じく酔っ払いであるはずの3人も、思い思いにゲルマン忍者に躍りかかっていった。
実はメンタル面で弱いアメリカ代表だけは、小さく「おーまいがっ……」と呟いたきり絶句してしまっている。

「甘いッ!」

フランス代表がとっさに拾って投げつけた塗り箸は、
カカカッ!と小気味よい音を立ててお膳の底に突き立った。
ロシア代表の重い拳を、ドモンを肩に担いだままでひらりひらりとかわしながら
中国代表の拳法と組み合う。
しかし拳が合わさったと思った次の瞬間、彼の長い髪がぱらりとほどけていた。

「!?」

バックステップで素早く身をかわした忍者の手には
リボン代わりにされていた鉢巻きが握られている。
一瞬の間に髪をほどいてそれを取り戻したのだ。

「お兄さんだからって、容赦しないん……だからねッ!」

しかし間髪入れず、飛び退ったその場所へ
スウェーデン代表が鋭い飛び蹴りを叩き込んだが、
シュバルツがいたはずのその場所はいつの間にか座布団の簀巻きに変わっており
細いかかとの飛び蹴りはその簀巻きの中へぐっさりと決まった。

「ふふふ……お前たち、そんな様子ではシャッフルの紋章が泣くぞ?」

不敵な笑い声は大窓の外から響いてきた。
4人が慌てて窓際へ駆け寄ると、この料亭の母屋である隣の瓦屋根の上に
ひとつの影が優雅に佇んでいた。完全に気を失ってしまったのか、
ぐったりとしたドモンを抱いたまま大きな満月を背負うその姿は
正義のヒーローにも悪魔の使いにも見える。

「では、さらばだ諸君!また会おう!」

高らかな声を残して、影は消えた。

「ガッデム!あの酔っ払いめ!」

やっと自分を取り戻したアメリカ代表が悪態をついた。

「そりゃおいらたちも酔っ払ってたけどさぁ、なんなんだよあの動き~」
「アジアお得意の酔拳と言うものじゃないのか」
「いえ、それではあのキレは説明が付きませんよ……」
「ん……?」

はた、とアメリカ代表が何かに気づいた顔をした。

「ああああ!!あのジャガイモ野郎、元からアンドロイドじゃねーか!!」
「あっ!!」
「そっか、酔っ払うはずがないんだ!?」
「まさかずっと素面で……?」
「酔った振りしてジャパニーズをたぶらかしやがったんだ!あの妖怪め!」

悔しがるような遠吠えだけが、しばらく月夜に響いていた……

―――

……おやおや。
なんとも予想外の展開ですが、各国の代表がこんな調子では
世界平和はまだまだ先の話かもしれませんねえ。
それでは皆さん、また――来週ではないですね、
次にお会いできるのは一体いつになるのでしょう。
しかしわたくしは不滅ですよ。
ガンダムファイトを愛する人がこの世に一人でもいる限り!
今一度申し上げましょう、
それではみなさん、また会う日まで!

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |
 | |                | |           ∧_∧ お粗末さまでした
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

べろんべろんに酔う兄さんが可愛い!と思って書き始めたのに
結局酔ってないことになっちゃってすみません。
スレでネタ提供&萌えるレスの皆様方、ありがとうございました。

  • 萌えました! -- 2011-03-26 (土) 12:12:04
  • リアルタイムでも萌えさせて頂きましたが、読み返してもやっぱり萌えました! ありがとうございます。ドモンかわいいよドモン -- 2011-03-30 (水) 02:16:05
  • こいつら可愛すぎる! -- 2011-12-26 (月) 22:55:25
  • キョウドモ萌えました。ええい、けしからん、もっとやれ!!(暴走)Gガンってギャグに走りやすくて面白くていいですね!! -- 2012-03-05 (月) 21:00:26
  • 何回読んでも楽しいです/// -- 2013-01-03 (木) 16:26:39

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP