Top/55-329

薬と犬と鐘の音

大我ドラマ1話あたりの伊蔵→武智先生+涼真。
武智先生と涼真はたぶん気心しれた友情関係。
何はともあれ、土佐弁に撃沈。寛容に生温く見守ってもらえるとありがたいです。

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

その家は主人に似て、いつも小綺麗に整った印象だった。
夕暮れ時の門前、そこで伊蔵は足を止める。
どうしてこんなところまで来てしまったのか。頭の悪い自分は自分の気持ちすら
まとめきれず、少しの戸惑いの後急いでその場から立ち去ろうとする。
しかしそんな背中にこの時かけられる声があった。
「伊蔵か?」
家の中から聞こえてきた声。
それに伊蔵が思わず後ろを振り返れば、そこには玄関口からこちらを眺め見る家の主、
武智の姿があった。
いつも道場で見るのとは違う着流し姿で、それに伊蔵の焦りは更に増す。
「すんません。具合はどうやろかと思うて来てしもうただけですきに。すぐ帰ります!」
慌てて叫び、脱兎のごとく走り出そうとする。
しかしその際握っていた拳の力をグッと強くすれば、途端手の甲に鋭い痛みが走り、
それに伊蔵は思わず手にしていた荷物を取り落としていた。
「…って…」
小さな悲鳴が口を突く。
するとそんな自分に武智はまたしても屋内から声をかけてきた。
「伊蔵、こっちに来いや。」
「えっ、でも…」
「えーから、言う事聞き。」
たしなめるように言うと、武智はそのまま家の奥に入っていってしまう。
だからそれに逆らう事も出来ず、伊蔵は落とした荷物を拾い直すと、トボトボと
気後れする足をその家の方角に向けていた。

家に上がり通されたのは、縁側に面した武智の部屋だった。
座れと促され小さく固まっていると、その前に薬箱を持った武智が現れる。
そして手を出せと言われ、思わず反射的に両手を差し出せば、武智はこちらだけでいいと
苦笑しながら痛む方の手を取り、一言腫れちゅうなと呟いた。
「誰にやられた?」
問いただしながら、武智はこの時伊蔵の手に箱から取り出した薬を塗ろうとしてくる。
それには伊蔵は答えるより先に驚いた。
「そんなっ、武智さん、ええですきにっ」
慌てて取られていた手を引っ込めようとするが、それを武智は柔らかい力で押し留める。
そして、おまんにこがな怪我させられるんは涼真くらいか、とひとり言のように呟くと
あいつは何をしちゅうがかと続けた。
呆れたような声。しかしそれと同時にそこににじむ親しげな響きに、伊蔵は瞬間胸の奥に
ザワザワとした感覚を覚える。
けれど武智はそんな伊蔵の気持ちなどまるで気付かないように、指に取った薬を有無を言わさず
つかんだ手の甲に塗り込んできた。
そしてまたしても短く、すまんかったなと告げられれば、それに伊蔵の目は大きく見開かれた。
「どういて武智さんが謝るがか」
「わしが二日酔いなんぞで道場に行けんかったせいだからの。涼真にはそれを伝えてくれとだけ
言ったつもりじゃったが、何がどうして…」
そう説明する武智の二日酔いとは、昨日の道場仲間の祝言に端を発していた。
文武両道に優れ、若くして人望に篤いがゆえに仲人役を頼まれたこの人の、唯一と言っていい
弱点は酒で、勧められたたったお猪口いっぱいの酒でもその場で酔い潰れてしまった。
そしてそんな人を背に負って帰ったのも、やはり涼真で。
武智とは遠縁にあたる6才年下の幼馴染。
その存在が時にどうしても胸にざわめくから、今日もつい武智の代理として道場に現れた彼に
突っかかってしまった。
その代償がこの手の腫れだった。
飄々とした態度が気に食わず、勝負を挑み、返り討ちにされた。
昔は細くて小さくて泣き虫だったくせに、いつの間にやら体もデカく、剣の腕まで上がっていた男。
それが悔しいと同時に、敵わぬ自分の非力が情けなくて、そのやりきれなさに気がつけば
足がここに向いていた。

身分の上下が厳しいこの国で、唯一人自分を侍として認め接してくれる、そんな武智の顔が見たかった。
たぶん、ただそれだけだった。なのに、
「さて、こんなもんでええじゃろ。」
塗り込んだ薬を最後更に押しこむように、広げた手の平を伊蔵の手の甲に重ねてくる。
その指が長く綺麗だと、本来の目的を越えた望外の展開に伊蔵はしばし無言で見惚れる。
が、そんな呆然としつつも幸せな時間は、さほど長くは続いてはくれなかった。
「しかし、ちょうど良かったのかもしれんのう。おまんがここへ来たがは。」
唐突にそんな事を言われ、えっ?と伊蔵が顔を上げる。
するとそれに正面に座していた武智は、手にしていた薬を見せながらこう口を開いてきた。
「わしも今日使うたところじゃったからな、おかげで探さんでも済んだ。」
普段は薬箱の中身なんぞ気にもせんからのぉ、と事もなげに言う。
それに伊蔵の眉は途端ピクリと寄った。
「どこか怪我でもされたがですか?」
心配そうに問う。と、それに武智は一瞬ん?とした表情を見せた後、それを破顔させた。
「おまんと一緒じゃ。涼真にやられた。」
そう言い、少しだけ着物の袖をめくりあげ見せられた手首。
そこにはうっすらと赤く浮かび上がる、小さな痣のようなものがいくつか散っていた。
「どうしたがですか?!」
思わず驚いて声を荒げてしまう。
しかしそんな伊蔵の心中など知らぬげに、武智の声はこの時、軽やかにいっそ面白がるような
響きを持っていた。
「昨日の事でちっくとやり合う事があっての。それでわしが暴れたら力任せに抑え込まれた。」
あいつは加減ちゅうもんを知らん、もうわしより体も大きく力も強うなったっちゅうに。
先程まで自分が考えていた事を、自分とは違う昔を懐かしむ様な口調で武智が語る。
それはまるで、長く成長を見守ってきた人懐っこい犬を愛おしむかのように。
だからそんな武智の様子に伊蔵はこの時、それまで必死に抑え込んでいた澱んだ感情が
一気に膨れ上がるのを止めようがなかった。
「どういて…」
だから最初小さく落とされた声は、一度溢れればもはやただただ大きくなってしまう。
「どういて武智さんはそんなに涼真に甘いがですか!」
「伊蔵?」
「そんなに大きい犬が可愛えがですか!」

感情のまま叫んだ言葉は、胸の中に渦巻いていた想いをそのまま形にした、それゆえに他人には
絶対に理解の出来ないだろうものだった。
だから案の定、
「……犬?」
呆然とした声色でポツリと零された、そんな武智の一言に伊蔵はハッと我に返る。
そしてそうなればもう恥ずかしさで、どうにも居た堪れなくなってしまった。
「すんません、なんちゃーないですきに!」
叫ぶのを止められないまま、慌てて立ち上がり、勢いのまま頭を下げる。
そして薬の礼もそこそこに、武智の前を後にすれば、その胸の中にはただ混乱と後悔だけが残った。
どういて、どういてわしはこう頭が悪いがじゃ!
家から飛び出て、手にした荷物を胸にギュッと押し抱けば、その手にはまた痛みが走る。
けれどその上には今は武智が塗ってくれた薬があって。
それが更に痛いのか、切ないのか、甘いのか。
泣きそうになりながら走る伊蔵に、この時考える力はもうカケラも残されていなかった。

一方、武智は。
「伊蔵?!」
走り去る背中に一度名を呼びかけてみるが、それに彼が振り返る事は無く、結局一人座ったまま
部屋に取り残される。
そしていったい自分の何が伊蔵を怒らせたのかとその場で自分の言動を思い返してみるが、
それでも心当たりはまったく無く、だから、
「わしは……小さい猫も好きじゃが……」
ポツリと小さく零した呟き。
しかしこの時それに応えてくれたのは、夕暮れ刻を耳に知らせる遠くの寺の鐘の音だけだった。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
ガンバレ、ワカゾー!ならぬイゾー!

  • 萌え過ぎて言葉に出来ません。最高ですご馳走様でしたww是非続きも書いて下さったら泣いて喜びます。テンテの手は細くて柔らかr…すみません。 -- 2010-01-29 (金) 15:48:14
  • コメントありがとうございました。気付くの遅くてすみません!先の長い大河、また何か思いついたらチャレンジしたいと思ってますが、土佐弁はとても難しいですw -- 書き手? 2010-02-04 (木) 01:28:04

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP