Top/48-512

オリジナル 「ヤンデレ・ボーイ ~天使と悪魔は紙一重~」

オリ・ヤンデレ系です。※少々グロ描写注意
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

俺は誠司。やっとバイトが終わり、彼氏である拓郎に会いに行くところ。しばらく会っていなかったから、顔を見るのが楽しみだ。

交差点を曲がって少し行くと、彼の稽古場が見えてくる。
拓郎は街の打楽器サークルのメンバーで、今日は次のコンサートに向けての稽古だと言っていた。

駐車場に近付いた瞬間、俺の目に凄惨な光景が飛び込んできた。

稽古場に上がる階段の前に、女の子が倒れている。衣服は黒いワンピース1枚。肌から髪から服にまで、白い染みがびっしりとついている。
そして・・・死んでいる。目を見開いたまま。

「早苗!?」妹の早苗だった。俺はとっさに駆け寄って、必死に呼ぶ。
「早苗!!嘘だろ!?早苗!早苗!」

「手遅れだよ、誠ちゃん」「・・・拓郎?」
柵に頬杖をついて、拓郎が笑っていた。いつも「天使のように美しい」と思っているはずの笑顔が、不気味さを帯びて恐ろしく見える。
「誠ちゃんがいけないんだぜ。血のつながったさっちゃんと、あんなことするからだ」
「あんな、こと・・・。・・・!拓!お前、何でそのことを!」

確かに、俺と早苗は、少し前から親近相姦の関係にあった。正直、そんなつもりじゃなかった。早苗の彼氏のことで、相談にのっているうちに、そうなってしまっていただけだった。

「最近、俺に会うのが少なくなったと思ってさ、ちょいと調べさせてもらったよ。・・・気付かなかった?買ってない物が増えてるってこと」

俺はハッとした。どうりで最近、電卓やらペンやらが時々置いてあったわけだ。

「盗聴器・・・?」「そうさ。・・・どうだ、誠ちゃん。安らかな顔じゃないか」

「ふざけんな!!何処が安らかだ!俺の妹をこんなにボロボロにしといて、言えんのはそれだけか!」
俺の金切り声を聞いても、拓郎は涼しい顔で続ける。
「何言ってんだよ、安らかだろ。・・・悦びの顔でな」「悦びって・・・まさか!?」

「サークルの仲間に、ちょいと参加してもらったよ。あいつら、最近溜まってたっぽかったぜ・・・何度さっちゃんをイかせても、止まりやしねぇ。・・・まあ、俺も溜まってたけどな」

「最後にイきそうになったところを、こいつでひと突きだ。・・・あれだけ、他人の血が綺麗に見えたのは初めてだったぜ」
そう言って掲げた拓郎の手には、血みどろのスティックが握られていた。

「俺は誠ちゃんの恋人だ。誠ちゃんに擦り寄る奴は、誰だろうと容赦しねぇ。・・・身内でもだ」

拓郎の高笑いが、夜の闇に吸い込まれるように、何処までも響いていた。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
お粗末さまです。ありがとうございました。


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP