Top/48-242

オリジナル 魔王×勇者 「消えた勇者と闇の魔像2」

またお邪魔致します。

226->>230の魔王×勇者の続きです。よろしくお願いします~
               ,-、
 
                //||
            //  .||               ∧∧
.          // 生 ||             ∧(゚Д゚,,) < 第二巻だって
        //_.再   ||__           (´∀`⊂|  < 6部作第一章序章
        i | |/      ||/ |           (⊃ ⊂ |ノ~
         | |      /  , |           (・∀・; )、 < みたいな!?!
       .ィ| |    ./]. / |         ◇と   ∪ )!
      //:| |  /彳/   ,!           (  (  _ノ..|
.    / /_,,| |,/]:./   /            し'´し'-'´
  /    ゙  /  /   /                    ||
 | ̄ ̄ ̄ ̄ |,,./   /                 /,!\
 |         |   /                   `ー-‐'´
 |         | ./
 |_____レ"
     

針のような細い月の浮かぶ夜空がにわかにかき曇る。
勇者はその晩、魔王の足下にくずおれた。もはやとどめを刺すのみと死神の
鎌を構えた魔王の足首を掴み、苦しい息の下から懇願した。
「魔軍を…ひけ…王国の人々を襲うのはもうやめてくれ!」
「ならん、魔像は人の精気を必要としている。そして魔像無くして魔物も
生きられぬ。我は魔を束ねる王。一族を守り、種を保たねばならぬのだ…。
それにこれも貴様たち人間と同じ、生き残る為の戦いをしているに過ぎぬ」

”まばゆき正義とふかき博愛”。大いなる力の継承者として選ばれた
勇者は、互いに流された血を思うとどちらか他方しかならぬとはなんと
悲しい選択なのだろうと感じた。

「ならば…俺を…生け贄にすれば良い」
「俺から精気を吸い取れば良い。俺は大いなる力の継承者だ。いくらでも
吸えば良い」

魔王は思いも寄らぬ言葉に、表情を失った。
「魔像とやらが腹一杯なら人間を襲わなくても済むんだろう?何より…
お前たち魔物の一族も滅びずにすむ…」
「なんだと…?」
人間の勇者として、己と同族にとっての最大の敵として、挑んできた男の
言葉。戦える力はもう無いが、その言葉は強く、そして勇者の清冽な蒼い瞳は
輝き、血に塗れた顔は、途方も無く美しく見えた。

「…精気を吸い尽くされ、死ぬ事になっても、なおそれを望むか」
「闇に堕ちてまで、人々を救いたいのか?まして、我らが一族をも
救おうだと?」
「俺は、大いなる力の継承者…生けるものを守る為に戦う…勇者…」
その傷ついた手が、ついに魔王の手首を握りしめた。瞬間、かっと魔王の
目が見開く。
「自惚れるな、こわっぱ!」
「ぐぁああっ!」
たちまち魔王の身体から電撃が走り、勇者の身体はあっという間に
弾き飛ばされた。しばし、痛みに呻く勇者の姿を見やり、ふっと瞳を
伏せると魔王は静かに倒れた勇者の元へと歩を踏み出す。

「よかろう…望みを叶えてやろう。ここまで渡り合った勇者を讃え、
稀なる栄誉を与える」
「人と魔を救った大いなる救世主として…我も直々に礼を尽くそうぞ?」
「う…」
魔王の銀の髪が、己の顔に被さるのを感じたが、ついに勇者は意識を手放した。

頬を伝う血にそっと舌を這わせたあと、それは愛おしむように勇者の
身体を抱き上げ、魔王は静かに地下へと続く階段を下り始めるのであった。

               ,-、

                 //||
            //  .||               ∧∧
.          // 止 ||             ∧(゚Д゚,,) < チャプターが
        //, 停   ||__           (´∀`⊂|  < 中途半端な
        i | |,!     ||/ |           (⊃ ⊂ |ノ~
         | |      /  , |           (・∀・; )、 < 気がするな…
       .ィ| |    ./]. / |         ◇と   ∪ )!
      //:| |  /彳/   ,!           (  (  _ノ..|
.    / /_,,| |,/]:./   /            し'´し'-'´
  /    ゙  /  /   /                    ||
 | ̄ ̄ ̄ ̄ |,,./   /                 /,!\
 |         |   /                   `ー-‐'´
 |         | ./
 |_____レ

次からが少々長いのですが、またよろしくお願いしますm(__)m


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP