Top/47-549

野猿 星野教昭×網野高久 「それは突然、嵐のように」

生注意

記念日をめってことで、8円車餅夫婦設定パロ。設定は某板からお借りしました。素敵な設定を考えてくれた姐さん方に捧げますm(_ _)m

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

澄んだ青空の下、真っ白なシーツが静かに揺れる昼下がり。ようやく大半の仕事を片付け、急須と湯呑みを乗せたお盆を置いて縁側に腰掛ける。
「疲れた…」
炊事、洗濯、掃除。
ごく当たり前の事ながら、いざ自分でやるとなるとここまで疲れるものなのか…これを何年何十年と、文句も言わずに続けているお袋を、改めて凄いと思う。
思い返せば、こんな主婦生活を送るようになったのはいつからだったのか。あまりにも突然に、まるで嵐にあったかのように巻き込まれていた。最初こそ戸惑ったし、急に巻き込まれた事に腹もたったが、何時の間にか今の生活を自然に受け入れていた。どうして俺は…

どたどたどた

ぼんやり青空眺めながら思考を巡らせていると、玄関から大きな足音が響いてきた。きっと、件の『嵐』のものだ。

「よ」
案の定やってきた『嵐』は、片手に紙袋をぶら下げニコニコと笑っていた。
「星之さん…あんた仕事は…」
「休憩だよ休憩。目と鼻の先に家があるんだし、家で休んだ方が落ち着くだろ。つうか、星之さんはやめろよな。お前も『星之』なんだからよ」
それが当たり前であるかのように、寄せられくる頭を手で抑え、顔ごと視線をそらす。
「…さっさと帰ってください」
「そういうなよ。おまえの好きな団子買ってきたんだし。みたらしたっぷりかかったやつ」
つい好物をちらつかされ顔を戻せば、隙は見逃さないとばかりに唇を重ねられる。触れるだけの、軽い口付け。
「…ちょっと」
「いいじゃねぇか。おやつぐらい」
「おやつって…あんたねぇ」
「夜までお預けくらうんだ。こんくらい多目にみろよ」
先程とは違う、深い深い意味を含ませた笑顔に、顔が一気に熱くなる。
「星之さん…」
熱くなった頬に、冷たい手がそえられた瞬間…

『『ただいま~』』

玄関先から元気な子供の声と、こちらに向けて走ってくる音が届いた。
「…おいおい」
ずるっと漫画のように星之さんがこけると、背中にどんっと小さな体が抱きついてくる。
「しゅうさんただいま!」
「おかえり、カン」
振り返れば、肩に乗せられた小さな頭。その頭越しには、やはり小さな頭が見えてなんとも複雑な表情をして
「オヤジ…わり」
「…気にすんな、じぇりー…」
小学生らしからぬ気遣い?を見せた。
「ねえしゅうさん、きょうのおやつは?」
「台所の戸棚にカステラ、あと冷蔵庫にオレンジジュースが」
「おっさきー!」
言い終わる前に、じぇりーが台所に向けて駆け出す。
「あーじぇりーずるい~!」
慌てて、かんも後を追いかけどたどたと走っていった。

「…はああ」
残されたおっさんからは、大きな溜め息。
「昼間から悪さしようとするからですよ」
「だってよぉ…」
「それより、俺はまだおやつ貰えないんですか?」
指差した先には、忘れ去られそうになっていた紙袋がぽつんと置かれている。
「へ?」
「お茶、いい加減冷めちゃいます」
お盆に乗せた湯呑みを1つ取り、とくとくとお茶を注ぐ。…お盆の上湯呑みは、形が同じ色違いの物が2つ。

『俺のとこに来いよ』

嵐のように連れ去られて、子供までこさえられて。今では、この人が来るだろう時間に合わせて、お茶を入れて待っている。どうして、なんで。あの日からずっと自分に問いかけてきた。

あの嵐に、心地いい笑顔に、一瞬に身も心も攫われてしまったから。

「なんだよやっぱり俺のこと待ってた」
「調子乗んなおっさん」
飛び付いてくるおっさんに、注いだばかりのお茶を、顔面目掛けてぶっかける。
随分前に出した答えを認めるにはこそばゆく、未だに悪態ばかりついてしまうけど…

今が幸せだから、まあいいか。

勢いで書いたからグダグダで申し訳ない(´・ω・`)団子は近所の761屋購入(番犬4匹いるんだぜ)

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP