Top/47-484

オリジナル 「吸血鬼の飼い方」

オリジナル。ややファンタジー。コメディを狙ったつもりが、なぜかややダーク。
お仕置きが勢い余ってそれなんてDV?な感じに。エチー無し。
現代日本、へタレ吸血鬼に懐かれてしまった、気が強い人間離れした特技持ちの若者の話。

>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

「またお前か、アホンダラー!!!!!」
 容赦ない大声と、無造作に振り上げられたように見えて、やはり容赦なく弁慶の泣き所を
強襲した足。
「とっとと死ね!!この鬼!悪魔!!」
 痛む片足を抱え、涙ぐみながら、罵られながら男は、大きな体を縮こまらせて、ぺこぺこと
頭を下げる。
「ご、ごめんなさい、つい出来心で……」
 その言葉が、まさに火に油を注いだのだろう、もう一度上がった足は、男の急所を蹴り上げ、
それだけでは怒りがおさまらなかったらしく、堅く握りしめられていた拳が腹に叩き込まれた。
「ぐ……ごふ……っ」
「謝る相手はオレかボケ!!お前なんかとっとと教.会のてっぺんの十.字.架にでも刺さって来い!!」
「……そっ、それだけは勘弁……」
「だったらなんで外で食事なんて来たんだ、っざけんな!!」
 身を屈めているところへ高く振り上がった腕に、覚悟を決めて身を竦め、きつく目を閉じると、
予想通り、サンドバック化した男の頬に、見事な右フックが決まった。
 --だってさ、いっつも君じゃさ、いくらなんでも大変じゃないかなぁ?
 思いは言葉になって、届いたかどうか。
 体が傾いで、視界が暗くなっていく。
 目の前で倒れる男に、加害者は溜息をつく。垂らしたままの殴った手からは、血が滲んでいる。
一人の男を二度殴ったにしては、多すぎる量のそれは、すぐに盛り上がり、床に滴り落ちた。

 舌打ちして、まだ顔立ちや体つきに少年の風情が残っている彼は、洗面所に駆け込んで、そこに
置いてあったプラスチックのカップから歯ブラシを放り出して手に取った。拳から滴る血をカップで
受けながら洗面所を出、タンスから取り出したバンダナで、カップを満たしつつある、赤く染まった
手をきつく巻く。
「畜生……」
 漏らした視線の先には、玄関の床に転がった、意識を失った男の姿がある。
 傷ついた利き手を庇いながら、カップの中身をこぼさないように気を付けて台所に行き、
調味料入れから塩をひとつまみ振り入れて、スプーンでかき混ぜる。これで少しは保つはずだ。
 鬼、悪魔、十.字.架に刺さって死ね。
 彼が男に投げかける罵倒は、どれも真実だ。
 道で喧嘩になってしまい、血が止まらなくてビルとビルの隙間の細い通路に逃げ込んだ彼に、
においを嗅ぎつけた男が野良犬のように寄って来たのだ。飢えたみすぼらしい吸血鬼が。
 ふとしたはずみに大量に出血し、それが献.血に勤しむような尋常な量でも無ければ、健康を
損なうことのない、人間離れした異常な体質である彼にとって、吸血鬼を一匹養うくらい、
これが貧血というものか、と初めて知るぐらい、容易いものだった。
 だというのに。
 この馬鹿な大男は、彼の言いつけに背いて、「外で食事」をすることがあった。そして加減を
誤って、獲物が死ぬまで貪る。誰もが彼のような常識はずれな体ではないのに。

 満腹なのに、体のあちこちに痛みと、すぐ側に血のにおいを感じて、男は目を覚ました。
目の前に血を満たしたプラスチックのカップがあったので、体を起こして取りあえずいただく
ことにする。妙に塩気が強いが、慣れ親しんだ彼の味になんとなく幸せな気分になって、ゆっくりと
舌の上で味わいながら「食事」していて、体が痛む理由を思い出して、今口にしている最中なのだが、
さあっと顔から血の気が引く。
「えーっと……」
 彼の名前を情けなく呼んでみるが、返事も、気配もない。
 もうバイトに行った後なのだろう。
 ほっとするような、平謝りするのが先送りされて、かえって困るというか。
 いくらちびちび飲んでいたとはいえ、カップ一杯。赤く跡を残して、空になってしまっていた。
痛みによろめきながら立ち上がり、台所でもったいないから洗ってしまう前に、うっすら赤い
カップを濯いだ水も飲み干してしまう。
「いてててててて……」
 --血を吸われてもね、痛くないんだって。うん、ちょっとちくってするだけだって。ほら、
人間って蚊に食われても痛くないって言うでしょ?多分あれと一緒。だから大丈夫。
 以前、自ら首を伸ばして初めて差し出し、痛くするな、と緊張した顔で釘を刺した彼に、
自分が言った言葉。血を吸い尽くされて死んだ犠牲者も、痛みなど感じなかったに違いない。
だけど死には変わりない。

 これだけ今、体中が痛くても。死んだのは「獲物」であって、自分でも彼でもない。葬られたのは、
どこにでもいる善良な一般市民。
 ……ああ、そうか。
 そこで男はようやく気づく。自分にとって、世界は、無機物と、「狩る者」と、「獲物」と、
どうでもいいものと、その他の僅かな無害な同族にしか分類されていないのだ。だから人間を
獲物にしてもなんとも思わないし、うっかり食べ過ぎて死なせてしまっても、失敗したなぁ、
としか思わない。「狩る者」は滅多にいないから、あまり気にする必要もない。
 そこに「特別」な存在である彼が含まれたことに、まだ慣れていないのだ。
 「食事」は外でするもの、できれば生活圏から離れた場所で。一度「獲物」にして「食事」を
採った相手は、殺さずに済んでも二度と狙わない、だから、同じ相手を繰り返し食事するのは
初めてなのだ。
 しかも、自ら獲物になろうとした、ちょっと変わった体質だけど、多分人間を相手にするのは。
 --大丈夫だから、ね?
 緊張にきつく目を閉じ、体を強張らせた彼の、自分よりも小さな体を抱き寄せて、きつく
握りしめられた手を掴んで、自分の背に回させる。
 戸惑いに緩んだ首筋を舐め上げ、尖った犬歯--正確には吸歯--をあてがう。薄い背を
押さえた手に、再び彼の体を緊張が支配したのがわかる。
 吸歯がゆっくりと、即効性の麻痺成分を含んだ体液を流し込むのを待つ。
 すぐに効果のあるものだが、事前に相手が何者か知っていて、しっかり怖がっている彼には、
多すぎるくらいで丁度いいだろうと、男にしては珍しく気を回したのだった。

「っ……。う……」
 背に回されていた手から力が抜け、自分の手にかかる体重が増す。それに男は笑顔になる。
所詮吸血鬼など、食事の前には笑わずにはいられないものなのだ、ようやく獲物にありついた喜びに。
「……っ」
 恐怖がわき起こるほどに、彼の本能は強かったのか、一瞬逃れようと身動ぎする体、しかし
再びあてがわれた吸歯が流し込んだ体液のせいか、ようやく効いてきたのか、だらん、と
押し退けようとした手が垂れる。
 吸歯を、「食事」の深さにまで突き刺しても、反応はない。流れ込んでくる温かく新鮮な血に、
体が震える。
 久しぶりに口にした血に、自分がどれだけ空腹だったのか思い知る。
 血を失っても死なないばかりか、余るほどの特異体質。遠慮のいらない気楽な食事に、男は没頭する。
「……いつまで引っ付いてんだ、重いだろが……っ」
 不快そうな彼の声と共に弱々しく押されて、ようやく我に返る。顔は普段に比べて青ざめては
いるが、それだけだ。話すことも動くこともできるらしい。今まで食事の後にはなかった事に
茫然としつつも体を離すと、彼が倒れそうになったのに驚く。
「……なんだ?頭がくらくらする……」
 すっかり崩れた姿勢を、自分で直すまで見届けてしまった男を、額を押さえたまま彼が蹴る。
なんとなく痛くもないそれに、大袈裟に振る舞うのが礼儀なような気がして、これも男にとっては
珍しいことだが--身を屈めて蹴られた脛をさすってみせた。

「これでもうメシには困らないだろ?わかったらもう人を襲うな」
 顔色が悪く、よろけながらも彼はそう言って、男の自由を奪い、地域社会の平和を手に入れた
はずだった--のに、男はつい、過去の習慣から、おいしそうな人間を見かけると襲わずには
いられなくなることがある。
 「家」--彼の狭いアパートに帰れば、「獲物」である彼は、いつでも待っているというのに。
 --どう言ったら機嫌直してくれるかな……。
 殴られて意識を失っている間に消滅させられてはいないし、「食事」まで用意しておいてくれた。
人外である男からすれば、これはもう許してくれているけれど、プライドが許さないから不機嫌でいる、
程度にしか思えない。
 物語の中の吸血鬼は日の光で溶けてしまうらしいが、そんなに簡単に男は死ねない。開け放たれた
カーテンが部屋の中に西日を素通しさせて、蒸し暑くさえ感じる部屋で、つらつら考えながら
ごろごろと転がる。
 彼には飾った言葉も、偽りの言葉も届かない。
 なんて言えばいいのだろうか。
「床掃除なら間に合ってるぞ?」
 不機嫌な顔で、床に落ちていて邪魔だから踏んでやろうとばかりに、帰って来たらしい彼が、
片足を上げて玄関側の廊下で待機していた。
「お、お帰り」
 慌てて隅へと寄ると、ぞんざいな歩き方で部屋の中央に、提げていたトートバッグを投げ出す。
鋭い目が、振り返り、男を見下ろす。

 えーと、な、何か言わなきゃ。
 思うが、気の利いた言葉など、本来言葉など必要のない存在である男には、思いつくはずもない。
「ごめん」
 それだけを言って、頭を下げるのが精一杯だ。
「何がごめん?」
 冷ややかな声が降ってくるのにも、頭を下げたままでいることしかできない。
「君以外を食べたから……。だから怒ってるんでしょう?もう君以外食べない。それでいい?」
 途中憎々しげに口を開きかけた彼は、深々と溜息をつく。
 人外は本気でそう思っているから、これ以上彼が何を言ったところで理解できないし、
彼が納得できなくても男が約束を破らないのなら、それで少なくとも、彼の望む平和は維持される
はずだった。
 叱られた犬のように、実際床に座り込んで、大きな体を小さくして、男は彼を見上げている。
「……わかった」
 不機嫌なままで、苛立ちを抱えたままで、とりあえず頷いたものの、どうにもならなくて
彼は大の字に寝っ転がる。少し前まで一人だった部屋。人ではないし、「食事」の時以外は
死んだように寝ていることが多いから、男が増えたと言っても、気にするほどでもない。普段は
布団カバーでも掛けておけば、家具化して気にもならない。
 今は家具ではなく、人同様に動いている男は、膝で歩み寄って、寝転がった彼を覗き込む。
 なんだ、と彼がいらいらと言う前に、横に転がって、腕を伸ばす。

「人間って温かいね~……」
「当たり前だろ!」
 それを冷たくしたのは、誰だというのだろう。腕を払い除けようとしても、態勢が悪い。
身のこなしは人間と人外では、人外に軍配が上がるのは当然だ。しっかり腕に収まってしまい、
噛みついてやろうか、と牙もないのに彼は脱出方法を検討する。
 ずっとご飯でいてもらうにはどうしたらいいのだろう。
 真剣に男が考えていることも知らずに。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP