Top/47-33

KOF シェン×デュオロン

               ,-、
                 //||
            //  .||               ∧∧
.          // 生 ||             ∧(゚Д゚,,) <その2です。
        //_.再   ||__           (´∀`⊂|  <そろそろ完結。
        i | |/      ||/ |           (⊃ ⊂ |ノ~
         | |      /  , |           (・∀・; )、 <堕瓏受は茨道なんでしょうか
       .ィ| |    ./]. / |         ◇と   ∪ )!
      //:| |  /彳/   ,!           (  (  _ノ..|
.    / /_,,| |,/]:./   /            し'´し'-'´
  /    ゙  /  /   /                    ||
 | ̄ ̄ ̄ ̄ |,,./   /                 /,!\
 |         |   /                   `ー-‐'´
 |         | ./
 |_____レ"

そしてゆっくり身を沈めていった。
中は熱くて狭い。
「う…!シェン…こんな所にいれるのか?…少し、苦しい」
いくら肉体を鍛えていても、後孔に入れられる痛みは慣れてないうえに痛い。
肩で小さく息をしながら、シェンの肩に再度腕を回す。
ゆっくり気遣うように抜き差しを繰り返され、デュオロンは小さく喘いだ。
「ここ以外に入れる所ないだろ?…良い顔してるぜ、デュオロン…」
「シェン…声が、漏れてしまう。アッシュが起きてしまう」
デュオロンはシェンの肩に顔をうめて、恥ずかしそうに呟いた。
「俺は見られたって良いんだぜ」
「…」
シェンの言葉に、恥ずかしがる彼が可愛い。
見られたって良い。
本音だ。
むしろ見られる事を望んでいる?
…重症だ。
止めていた体を再び動かす。
今度は少し激しく。
先程指でよがっていた部分を突いてやる。
「あ!や、そこは!あ、あ!シェン、駄目だ!」
「嘘つけ。気持ち良さそうな声出しやがって。ッ、力抜け」
自分は犯されても喘ぐ事はないだろうと思っていた。
それが、中を突かれ、快楽に喘ぐ自分がいる。
力を抜けといわれても、締め付けてしまう。

愛、か。
シェンは愛してると言った。
自分は?
シェンの事を…
「おい」
ひたひた、と、半ば意識を手放していたデュオロンの頬を叩く。
シェンの端正な顔が、デュオロンの瞳を覗き込んだ。
「好き…かもしれない」
「あ?」
男に。惚れるなんて。
こんな男に惚れては暗殺者失格だろうか。
「シェン」
おずおずとシェンの唇に口付ける。
初めて自分からした口付けは、シェンの煙草の味がした。
「あ!」
途端、突く速度が速くなる。
「燃えさせたお前が悪いんだぜ」
容赦ない突きは、デュオロンの快楽を随分と引き出した。
開いた口からは唾液がこぼれ、手はしっかりとシェンの肩を掴んでいた。
「あ、んあ、ふ、はあっ、もう、あ!」
「もう、イきそう、か?デュオロン」
夢中で頷いた。

暗殺者で死霊使い。こんな自分を愛したのは、シェンが初めてだった。
「あー!」
「っ!」
デュオロンが吐精する。
そしてデュオロンの中で、シェンも果てた。
ゆっくり抜きにかかる。
「気持ち良かったろ?」
「…ん」
デュオロンは薄く笑顔を作ると、シェンの胸に顔を埋め、眠ってしまった。

起きたのは十二時だった。
隣にシェンの姿はなく、デュオロンは後孔の痛みに耐えながら起き上がった。
リビングには、爪の手入れをしているアッシュと、昼食を作っているシェン。
いつもどおりの光景だ。
「あ、オハヨーデュオロン」
「ああ、おはよう」
「昨日はデュオロンの声がこっちまで響いたよ?何してるかはシェンから聞いたけどー」
アッシュがけたけた笑い出す。
そう言われて、思わず赤くなる。

「シェン!」
「あー、もー、知られちまったんだから良いだろ?」
「あ、でも可愛い声だったよ。デュオロンあんな声出すんだねー♪」
無邪気な子供とは恐ろしい。
その言葉を聞いて、いまにも死霊を呼び出しそうな勢いで真っ赤になっているデュオロン。
そこにシェンが、申し訳ないと言った感じで、聞きにくる。
「あー、そのだな、体は平気か?ちーっと無理させたような」
「だからここでその話はやめろ…」
低く呟いた声とともに、冷たい空気が流れた。
気が付けば死霊が辺りに漂っていた。
「…。わ、ワリィワリィ、部屋行こうぜ」
フライパンを置いて火を止めると、無理矢理デュオロンの手を引いて、寝室に戻った。

「でもな、昨日言ったことは本当だぜ」
愛してる。という言葉。
「…ん…」
軽く唇を押しあてる。
とさっとベッドにデュオロンを押し倒す。
「一発すっか!」
「~!」
さっさと服を脱がされるデュオロンだった。

               ,-、
                 //||
            //  .||               ∧∧
.          // 止 ||             ∧(゚Д゚,,) < 個人的にもっと
        //, 停   ||__           (´∀`⊂|  < エロクしたかったです…
        i | |,!     ||/ |           (⊃ ⊂ |ノ~
         | |      /  , |           (・∀・; )、 < 髪の長いお兄さんは好きですか。
       .ィ| |    ./]. / |         ◇と   ∪ )!
      //:| |  /彳/   ,!           (  (  _ノ..|
.    / /_,,| |,/]:./   /            し'´し'-'´
  /    ゙  /  /   /                    ||
 | ̄ ̄ ̄ ̄ |,,./   /                 /,!\
 |         |   /                   `ー-‐'´
 |         | ./
 |_____レ

  • 髪の長いお兄さんが受は大好きですw -- Ryu? 2009-07-24 (金) 19:14:26

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP