Top/47-223

野猿 星野教昭×網野高久 「love you」

8年振りの2ショットに悶えた勢いで八円 車両×餅道具

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

「ぅ…んっ…」
ベッドがぎしぎしと軋む音にかき消されそうな程、僅かな声。鼻を抜け、声というよりも、もはや零れでる吐息のような甘い響きは、それだけで体の熱を上げる。
「…我慢すんなよ」
汗で張り付く前髪をかき分けてやると、キツく閉じられていた瞼がうっすら開かれる。涙に濡れた瞳が、じっとこちらを見つめている。早くしてくれと、訴える瞳。
「イキたい?」
それでも、阿見乃の口から直接それを聞きたくて、わざと問い掛ける。
「………」
返ってこない答えを急かすように、腰を大きくスライドさせ、イイところを擦ると、びくりと体が反り返った。
「ああっ!」
一際大きなその声に、きゅっと締め付けてくるその内壁に、こっちが先にイキそうになっちまう…

「阿見乃」
また閉じられてしまった瞼の端からは、ボロボロ涙が溢れ、薄く色づいた頬を濡らしていく。背中に回されていた手に、ゆっくりと力が籠もり体を引き寄せられる。
「……も…イキ…たい、です…」
耳元で囁かれた待ち望んだ言葉に、思わず頬が緩む。
「いいぜ、イケよ」
後はただ、快楽の果てを目指すだけ。俺は強く腰を打ち付け、網野も俺にしがみつくように背中に爪を立て。
「鷹尚…っ」
「み、道秋さ…ん…っ」
名前を呼び合い、互いに白濁を溢れさせた。

果てた後、そのまま覆い被さるように網野を抱き込む。汗ばんだ肌がしっとりと重なり合い、荒く上下する胸は、こっちにまでその鼓動の早さを伝えてくる。
「…ほし乃さん」
ゆっくり開かれた瞳は、未だ涙で潤んでいて。吐き出したばかりの熱が、また下半身に集まっていくのが分かる。
「あみ」
「重いから…どいて下さい」
甘い甘い睦言とは程遠い、はっきりとした拒絶。

「……お前さ、もうちょい雰囲気ってもんを考えろよ」
「はぁ?その年で何ロマンチックな事言ってんですか?それより、早くどいて下さい。風呂入りたい」
もぞもぞと動く腕は、今は力なんて入らないクセにグイグイと俺を押し返そうとする。
「嫌だ」
抵抗は許さないとばからに、その腕ごと細い体をぎゅっと抱きしめる。ホント、細いよなコイツ。
「…後ろ気持ち悪いんですって」
「んじゃ、俺が洗ってやる」
「あんたの場合、洗うだけじゃすまないでしょうが!」
まぁ、確かに。
「あれほど中出しするなって言ってるのに…」
「仕方ねぇだろ、お前の中気持ちいいんだし」
「あんたがいくら気持ちよかろうが、俺は気持ち悪いし、後が大変なんです」
「だから俺が…」
「結構です!」

情事の後はいつも、こんなくだらない会話だ。
馬鹿馬鹿しい問答の繰り返し。けど、俺はそれが好きだった。
普段、ぼんやりして表情の薄いコイツが、こうもコロコロ表情を変えるだなんて、誰が想像出来るだろうか。俺だけが見ることが出来る表情の一つ一つが、コイツの恋人である俺の特権だ。
「……なにニヤニヤしてんですか」
「………」
「は?聞こえないんですけど?」
「愛してる」
使い古され、随分と色褪せてしまった言葉だけど。ストレートに思いを乗せるならこの言葉しかない。
実際、小さな仕草や表情一つ一つが愛しくて仕方ないのだから。
「………っ」
一瞬何を言われたのか理解しきれなかったのか、呆けた表情で固まる阿見乃。数秒後にようやく言葉として理解したのか。
みるみるうちに色白の頬が、ぼんやりした闇の中でも分かるほどに、真っ赤に染まる。これも、俺だけが知る表情だろう。ホント、いい特権貰えたよな…

「ほら、風呂入りたいんだろ?風呂場まで連れてってやるよ。どうせ立てねぇだろ」
「………」
先にベッドから降り、手を差し出すと、おずおずと白い手が重ねられる。
「……その」
「ん?」
「……俺も…ほし乃さんの事、好きですから」
たった一言、されど一言。
「!……んぅ…」
重ねた手を握って引き寄せ、倒れかけたところで唇を合わせる。
コイツは自覚してるのだろうか。自分の些細な一言が、こんなにも俺を興奮させる事を。
「……ぷは…急に…何するんですか…」
「風呂入る前に、もう一発やらせろ」
「はぁ!?何寝ぼけ…っ…」
耳朶を甘噛みしてやると、ぶるりと震える体。そのまま軽く押してやれば、あっという間にベッドに倒れ込む。
「風呂は後で、俺が入れてやるから」
それだけ告げて、胸の上で赤く膨れ上がった粒に舌を這わせると、甘い吐息が零れ落ちた。

コイツの言葉も、体も、感情も。
全てを愛する事を許され、また自分自身も愛してもらえる。これ程の幸せがあるだろうか。

「愛してる」

何万、何千回と繰り返し言葉にしても足らないこの思い。それを直接その体に刻む為、俺は阿見乃の快楽を引き出すことに専念した。

2年後も、グダグダでいいから同窓会してくれるといいなぁ…乱筆乱文にて失礼いたしました

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP