Top/33-401

工フワン眉黄身 中国グラソプリネタ ※ナマモノ注意

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

オフシィズンなのに萌えて萌えて仕方ないので投下します!
ナマモノ注意!

中国グラソプリ、凄く大事な一戦だって事は分かっていた。
自分がチャソプになる為に。
でも、予選での不可解なペースダウンは、俺のモチベーションを下げるには十分だった。
あぁ、やっぱりここは俺の居場所ではない。


ノレイスのミスとか不安定な天候とか色々あって、予選4位から決勝では2位まで上がる事が出来た。
トップでフラック゛を受けた黄身には追い付く事が出来なかったけれど、黄身も俺もまだまだチャソプの射程圏内だ。
絶対に俺がチャソプになってやる、俺は実力で勝ってやるんだ。
俺がしてきた事は正しかったんだと全ての人に認めさせてやる。
恋人だからといって黄身に譲るなんて事もしない。
そう考えながらマシソから降りると、パノレクフェノレメに向かう黄身の姿が見えた。
俺は、その黄身を引き止めてしまった。
こっちを見向きもしない彼に、つい手が出てしまったのだ。
引き止めて、彼に祝福の握手を求めたけれど、少し触れてさっさとパノレクフェノレメに行ってしまった。
でも分かっている。
彼がわざわざ俺と抹茶の間を通って行った意味を。
感情を表に出す事が苦手な彼は、俺におめでとうを言いに来たんだ。
だって、少ししか見えなかったけれど、ヘノレメットのバイザァから覗く彼の目は、とても柔らかかったから。


「黄身?」
『…ん』
ダメモトで掛けた電話の呼び出し音が途切れた事に、俺は驚いてしまった。
彼が電話に出た事にもだが、起きていた事に。
ポテ゛ィウムで随分気持ち良さそうにシャソパソを飲んでいたので、もう酔っ払って寝ていると思っていたのだ。
「起こしちゃった?」
『部屋で飲んでた』
酒瓶を持つと止まらないんだよな。
『何?』
恋人だからといっても少しも甘い声を出してくれない彼に苦笑を返す。
「いや、おめでとうを言おうと思ってさ」
『何だよそれ』
言いながら小さく笑う彼はとても機嫌がいいようだ。
「…優勝おめでとう」
改めて言うと、彼はもう1度小さく笑って答えた。
『フェノレナンドもだよ、おめでとう』
そう言った後、でも、と付け足す。
『チャソプは譲らないから』
至って真面目な口調で言われたので、つい吹き出してしまった。
「分かってるよ、俺だって譲らないからな」

言って2人で笑い合う。
うん、やっぱり彼の機嫌はいいみたいだ。
「なぁ黄身」
『ん?』
機嫌のいい今なら聞いても答えてくれる気がする、昼の事を。
「今日パノレクフェノレメに行く時さ、俺と抹茶の間通って行っ…」
『っ!!』
一瞬息を飲んで、すぐにブツッと聞こえた。
「え?!黄身?!」
しまった、やっぱりこの反応だったか!
俺はもう繋がっていない携帯をベッドに放り投げて、頭を掻きむしってしまった。
酔っていようが気分が良かろうが、黄身は黄身だった。
照れているだけなんだろうけど、1度損ねてしまった彼の機嫌を取り戻すのは簡単な事じゃないだろう。
もしかしたらチャソプになる事よりも難しいかもしれないな。
次に彼に会えるのは2週間後のフ゛ラシ゛ルグラソプリ、今季最終戦。
レェスが終わったら、打ち上げとか口実を作って、大量の酒と彼の好物を持って部屋に押し掛けようかな。

どうか彼の機嫌が直りますように。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

このジャンル初書きでめちゃめちゃ緊張!
そして今更去年の10月の話をorz
遅筆な自分を恨む・・・!

読んで下さった方ありがとうございました!


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP