Top/32-230

GIOGIOの奇妙なブチャフー

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |  幹部×牛乳プリン
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄|  スレで見かけた子供プリンに再萌えした
 | |                | |             \
 | | |> PLAY.       | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ 設定捏造しまくり。
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ )
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

映画を見ながら何気なく手を伸ばしたカップには、随分前に自分で淹れたカプチーノではなく、まだ温かい紅茶が入っていた。
驚きと感心が入り混じった気持ちで口に含むと、普段慣れた香りとは幾分違ったものが口内に広がる。
買い置きの葉とは違う。こんなもの家には無かった筈だ。
「フーゴ。」
まだ何を言うかも決めないうちに、相手の名前が口をついた。
デスクトップパソコンと書類に埋もれた机に背を丸め、半分も見えていない金髪が少しだけ揺れた。
「淹れてくれたのか?」
「ええ、僕のついでに。あ、紅茶は好きじゃあ無かったですか?コーヒーの方が?」
そんな事無いさ。グラーツィエ。短く答えると、そうですか。と返ってくる。珍しく返事の歯切れが悪い。
カップを持って立ち上がった俺を見て、捨てるんじゃないかと思ったのかもしれない。
砂糖壺とスプーンを手に取ったのを見て、やっと得心のいったように頷いた。

「何処かで買ってきたのか?」
「好きなんです。僕の財布から出しましたけど、気に入ったら好きに淹れて構いませんよ」
特に茶葉に好みは無かったし、コーヒー党でも紅茶党でもないのだから、
こいつが好きなら次から紅茶はこれにしよう。
キッチンの片隅で存在を主張していた真新しい缶を手に取り、名前を確認してから裏返す。

値札を見て喉の奥の辺りから変な音が出た。

「気にしないで下さい。僕が飲みたくて買ったものだから」
そういえばこいつはいい家の出だった。嗜好品に対する考え方が、俺とは全く違うんだろう。
残念ながら俺では買えない。もったいなくてビスケットが浸せないし。
なんとなくさっきよりも美味くなった気がする紅茶の缶を丁重にしまい、カップを持ってリビングに戻る。
「お前は砂糖は入れないのか?」
「はい。」
とっくに興味がなくなったのか、ウィンドウから目を離さずに頷いた。
仕事に対して真面目な奴だと思う。
俺だって不真面目って訳じゃあない。が、上司が休んでいる間まで働こうとするこいつは、少し肩肘を張りすぎだ。
「気を使って俺の分を残しといてくれなくっていいんだぞ。全部やっていい」
少しきょとんとした後で、デスクワークの事を言ってるんだと理解したらしく、
堆く積まれた紙の山の中から、幾つか束を引き抜いて俺に押し付けてきた。

「ほら、宿題を出しましょう。終わったらキャンデーを買ってあげますからね。」
紅茶をストレートで飲むのがそんなに偉いのか!ぐしゃぐしゃと乱暴に頭を撫でてやると、やめてくださいよと言って笑った。

18歳で自分のチームを持つことになった。チームといっても特別何をするでもない、
近所の様子を見てまわり、面倒ごとがあったら片付けて上に報告する。やんちゃをする不良でも居たら追い払う。
あとはまあ、普段暇してるご婦人方のおしゃべりに付き合うだとか、そんな程度の雑用だ。
ポルポは始めて部下を持つんなら年下がいいだろうといった。それには俺も賛成だった。

・・・・が、流石に初めて彼を見たときは、新種の嫌がらせかと思った。

聞けば14歳。小奇麗な服に身を包み、曇った瞳で俺を見る。こいつがギャングだって?まさかだろ。
年齢がどうとかでなく、明らかにアンダーグラウンドに踏み込む雰囲気じゃあない。
どうみたっていいとこのお坊ちゃんだ。それでも彼は試験に合格し、スタンド使いらしい。
仕事なら問題なく出来る。むしろその辺の阿呆よりよっぽどいい、と言う。
だが、別に問題があってね。ブチャラティ、お前が適任なんだよ・・・・ポルポがそういうのを聞いて、少年は自分の爪先を睨んだ。

刑務所からの帰り道、特に喋る事も見当たらずに「試験の時はどうした?」なんていうありがちな話題を振る。
「すぐに火を消しました。一日守りきれる自信がなかったし、再点火できないようになってるんなら、帰って分解すればいいと思ったんです。
信頼ってのには応えられないけれど。その方が確実だった。」
子供らしくない硬い喋り方をする奴だ。返答も淀みなく明瞭で、大人びた印象を受ける。
「あんな事になるなんて思わなかったんですよ。お陰でモーテルの部屋が滅茶苦茶で、叩き出されてしまって」
だからブチャラティ、少しの間家に置いて下さい。また部屋を見つけてもらわないといけない。
家族はどうしたなんて聞ける訳がなかったし、暫くソファで寝る羽目になりそうだと思いながら石畳を蹴る。

部屋代は払いますと言うのを断って、路地を折れると組織のチンピラとすれ違った。
それとなくフーゴの肩を押して、自分の影に隠す。
「ようブチャラティ。」
まだ成人してすらいないのに、妙に昇進の早い俺をやっかむ奴は多い。そいつがスタンド使いで無いなら特にだ。
チンピラは不躾に俺の背後を覗き込み、少し驚いた様子のフーゴをじろりと見る。

「何だ何だ?またポルポに媚売って、仕事貰ってきたのかよ。」
相手にする気は無い。こういう頭の悪い難癖は、まったくもっていつもの事だった。
ただ、子供の耳に入れたくはなかった。失敗した、別の道を選べばよかったと思って俺はフーゴを振り返る。
フーゴはしゃがみ込んでいた。感情の無い目が地面をなぞり、片手で何かを掴む動作をする。

「子守か?」

はん、と小馬鹿にしたような顔で笑った、その男の顔が鈍い衝撃音と一緒に横にズレる。
コートの首回りのファーが、返り血で所々赤くなった。
がつん、がつん、がつん。顔面だけを狙って幼い拳が振り下ろされる。どうやら石を握りこんでいるらしく、一撃一撃が存外に重い。
「フーゴ!」
「てめぇ、俺の上司に向かってナメた口利いてくれてんじゃあねーぞ、この腐れジャンキーがァッ!!」
「おい、よせフーゴ!フーゴっ?!」
頬を上気させ肩で息をし、先ほどまでの大人しさが嘘のように暴れる少年の体躯を咄嗟に羽交い絞める。
問題ってのが一体何なのか、知りたくも無いのに知ってしまった。糞!確かに俺が適任だ。
「スティッキー・フィンガーズッ!」

手加減なく男を打ち据えていた両腕が、ぼろりと外れて地面に転がる。
それでやっと意識をこっちに向けたフーゴが、これ以上何か喋る前にジッパーで口を縫い止めた。
これ以上騒いで人でも集まりやしないかと不安だったが、今のところ大丈夫だったし、
鼻血まみれで転がるチンピラはとっくに意識を手放していた。
子供らしく軽いフーゴの身体を抱え上げ、両腕を拾い、遠くない自分の家まで走る。
いくらかされた抵抗も、「心配するな、後でくっつく。」と言ってやったら納まった。

ドアを後ろ手に乱暴に閉め、大きな荷物をソファに放り投げてジッパーを元に戻す。
よっぽどどう言うつもりかと問い詰めてやろうと思ったが・・・・
「ブチャラティ、これはあんたのスタンドですか?凄いな。」
さらりとそう言われて、怒る気をなくした。

「ぼーっとしないでくださいよ。終わりましたよ。」
「あ、ああ」

袖を引かれて意識を戻せば、座ったソファの正面のテレビにはエンドロールが流れていた。
俺が見たいと言った映画なのに、途中から完全に上の空だった。
「明日レンタルしなおすかな」
「一人で見てくださいね」
「じゃあ止めておこう。落ちだけ教えてくれないか?」
「どうしてそう適当なんですか!」
何を考えていたら、そんなに上の空になれるのやら。責めるように言われて、昔の事だと答えておいた。
「へえ、小さな頃とか?」
「そうだな、小さかった。」
昔はこのソファに座ると、足が遊んでいたのに。半年経つと床に着くようになった。成長期ってやつだ。
今じゃあ目線も殆ど同じで、追い抜かされるのは嫌だなと思う。

「主演の子役のコートが良く似ていたんだよ。それで思い出した。」
「あんな服を着ていたなんて、想像できない」
「最初はまともだったのに、どんどん洋服のセンスがおかしくなって行くんだ。どうしてかな・・・・」
「ブチャラティあんた、誰のことを言ってるんです!?」

フーゴが急に立ち上がったせいで、ソファがバランスを失って少し揺れた。
憤慨した様子で、後ろのベッドの枕にあたっている。ばすんばすんと数度叩いた後抱え込んだ。抱きしめるというよりも鯖折りに近いように思う。
「まったくお互い様ですよ!」
「あんまり怒ると寝付けなくなるぞ。」

俺の部下はまだ、フーゴ一人だ。どれだけ大人ぶってもまだ子供で、それなりに手がかかる。
二人だけだとチームって実感も今一沸かず、それゆえか集会所みたいなものも今だなくて、
フーゴも特に部屋を見つけないまま、何と無く俺の家に住み続けている。

「そうですね、寝ましょうブチャラティ。明日も早い。」

流石にソファで寝続けるのは嫌だったので、シングルだったベッドをダブルに買い換えた。
枕を二つ置いて。・・・・ああ、フーゴが手ひどく扱ったせいで、俺の方だけ平たくなっている。
「もし部下が増えたら、流石に俺の家に住まわせる訳には行かないな」
「嫌だな。僕も出て行かなきゃあならないじゃないですか。二人で寝るのは気に入っているのに。」
「ほう?」

随分可愛い事を言うから、つい笑みがこぼれる。
4つも年下の、殆ど家族のような部下は、俺の目を見て満足そうに言った。
「ブチャラティと寝ると落ち着くんですよ。パードレみたいな臭いがするから。」
「おい、ちょっと待て、言いなおせ!せめて兄貴だろう?!」
フーゴは満足したようにくすくす笑うと、羽根布団の中から俺の手を引いた。

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |
 | |                | |           ∧_∧  これでもかとばかりにイチャつかせた。反省はしていない。
 | |                | |     ピッ   (・∀・) ジョルノと口調書き分けられないよ‥‥
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「ブチャラティ、あんたの為ならなんでもするが」って台詞が好きすぎて困る


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP