Top/27-151

27-151

アベレージ 刈→安←飯

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |  アベレージのカリーヤ→アベ←イイノ
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄|  張本人出てこない上に暗いですん
 | |                | |             \
 | | |> PLAY.       | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ ドキドキ
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ )
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |

「―刈谷さん、先輩に告白するつもり、ないんですか?」
「あぁ、今のところはね」
「奥さんと子供がいるから?」
飯野の問いに刈谷は暫くの間黙り込み、そして口を開いた。
「…彼がお人好しなのは、君もよく知ってるだろう?」
「えぇ、それは先輩のいいところでもあるけど…悪いところでもあるッス」
「そう。もし彼に僕の気持ちを伝えたりしたら、悩んで…傷つくと思うんだ。…これは、言い訳なのかもしれないけどね」
「先輩が他の誰かに、例えば僕にとられそうになっても?」
「………」
刈谷はふと俯き思考した後
「…そのときは、僕の理性次第だねぇ」
と少しおどけた風に言った。
「それって」
「あぁ分かってはいるよ。そんなのズルい、ってね。
 …でも正直、自分でもどうしたらいいのか、解らなくなる時があるんだ」
切なそうな目をして語る刈谷を見て、飯野は何かやりきれないような気持ちになってきていた。
「…大丈夫ですよ」
「何がだい?」
「もし刈谷さんが理性を抑えきれなくなったときは、僕が全力で阻止しに行きます。
 先輩を傷つけるのだけは…絶対に許しませんから」
「…それは頼もしいなぁ」
苦笑いをしつつもどこか安心したような表情を浮かべる刈谷に、飯野は溜め息をひとつつき
「やっぱり刈谷さんって、先輩に似てますね」
と呆れたように言った。

それを聞いた刈谷はいつものように笑いだした。
「一体君は何を言っているんだい。そもそもどこが」
「お人好しなところが、ですよ」
飯野が釘を刺すように言うと刈谷は笑うのを止め、興味深そうな表情をした。
「…へぇ、僕がお人好しだって?」
「はい。自分じゃ気づいてないかもしれませんけど」
「あーっはっはっはっはっ、やだなぁ飯野くぅん。安部くんと僕を一緒にしないでくれよ~」
「それ、きっと先輩も言うと思うッス」
「そうかな?」
「えぇ、間違いなく」
「…そう、かぁ……」
刈谷はどこか遠くを見つめながらそう呟くと、溜め息交じりに笑った。

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |
 | |                | |           ∧_∧ ありがとうございましたorz
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP