Top/23-399

Dr.コトー診療所 ウブ原→コト2

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |  コトー初作より。6話アフターストーリー
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄|  ウブ原→コト調子に乗って続きです…
 | |                | |             \
 | | |> PLAY.       | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ ドキドキ
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ )
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「原さん…?」
返事はない。どうやらそのまま出て行ってしまったらしい。
痛む肩と足をかばいがら、健介はゆっくりと起きあがる。
ドアは開いたままになっていた。
健介は立ち上がり、ドアに向かってゆっくりと歩き出す。
「あいたたた…」
歩きながら、健助は先ほど起きた出来事を思い出していた。

怪我をしたのは僕の責任だ。
それなのに、僕の身体を気遣ってくれた原さんの気持ちが嬉しかった。
原さんとの距離が、ちょっとだけ近づいた気がして、嬉しかった。
もうしばらくの間、この島に居られるかもしれない、なんて事も考えていた。

パタンとドアを閉める。

そうしたら、突然天地がひっくり返ったような感覚があって、
気がづいたら抱きしめられ、口づけをされていた。

心臓がドキドキしていた。

「と、と、とにかく、か、片づけなくちゃ!」

健助は座敷に戻り、慌てて片づけを始めた。

電気を消して、布団に入っても、健助はさっきの事が忘れられなかった。
見えない天井をぼーっと眺める。
(原さんに、キスされた…)
左手でそっと自分の唇に触れてみる。

キスは初めてではない。
なのに何故、こんなにドキドキするのだろう。
怖かったのか?…いや、怖くはなかった。
嫌だったのか?…いや、嫌じゃなかった。むしろ……?
なんだろうこの気持ちは。

左手はまだ唇の上にあった。
身体にはまだ抱きしめられた感覚が、原さんの手の感触が残っている。
左手で原さんの手の感触を辿ってみた。
触れた場所が、灯をともしたように熱くなる。
同時に、甘くしびれたような感覚が身体全体を襲う。
手は徐々に下へ降り、いつのまにか身体の中心に触れていた。
そこはすでにきつく張りつめ、先走りの滴でわずかに濡れていた。

吊っていた右手を三角巾から外し、もう一度唇をなぞる。
原さんとのキスが蘇る。
島の嵐のような、荒々しい原さんのキス。
抱きしめられた感覚がありありと蘇る。
島の海で鍛えられた、鋼のような原さんの身体。

暗闇で、健助の手が動く。
もはやもう健介にとって、我が身に触れている手は健介のものではなかった。
原さんの唇が、舌が、口腔を、身体を蹂躙する。
原さんの日焼けした無骨な手が、健介の中心を嬲る。

「ん…んふっ…っぁ…ん…っあ…」

思わず声が漏れてしまう。
必死で堪えようとしたが、止まらない。

「はぁっ…んぅ……う……っっっ!!!!……っはぁっ、はぁっ、はぁっ…」

イッてしまった…。
(な……んで…?)
今の気持ちを必死で考えようとしたが、
どうしようもない疲労感に、健助はそのまま深い眠りに落ちてしまった。

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |
 | |                | |           ∧_∧ ツヅク…カモ?
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP