Top/22-243

100

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |  100(99+1)だモナー。日本一周の時の。
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄| つうか基本は谷丘で中+丘
 | |                | |             \
 | | |> PLAY.       | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ 
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ ) 谷の嫉妬話
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

某スレの発言で思わず書いてしまった。709無断でスマソ。

709 風と木の名無しさん 2007/01/09(火) 01:10:55
高校から付き合ってるあの人が、機内の隣人にじゃれまくり。
しかも相手は天下の蛇二ー図。
どーすんの?俺!

ttp://kunekune.breeze.jp/up/uploader/src/up6209.jpg

これはロケだ。これはロケだ。これはロケだ。さっきから何度呟いたかわからない言葉。
そう、だから俺はここで大人しくしているべきで。間違ってもあの二人の絡みを邪魔してはいけないわけで。

それでも、高校時代から想い続けていた人が自分以外に無防備な姿を曝け出すのは耐えられない。

しかも相手は―――、いやそれより気になるのは二人の関係についてだ。
今でこそほとんど付き合いは無いらしいが、数年前はかなり仲が良かったらしい。
むしろ、約一年振りの絡みだからこそ、二人とも楽しんでやっているという風にも見える。
眠気で重たい頭をぐらぐら揺らしている自分の愛しい人、の隣に座る男は、隣人をちらちら気にしながらも自身の時計を磨くことに忙しいようだ。
男―――国民的アイドルの彼は自分とも面識があり人並みに付き合いはある。
だが、今は憎き敵にしか思えない。整った顔立ち、ふわりと靡くブラウンの髪、形の良い手

が、

今、

あの人のおでこに、

れた

ああああああああああああああ!!!!!!1!!

迷惑そうな表情の割には優しく叩かれて、あの人は重たそうな瞼を無理矢理開く。

「眠たいのはわかるけど俺の肩にもたれるな」そう言いたげな目線と、
自分が今何をしているのか何でここにいるのか何でこの状態なのかがまったく把握出来ていない目線が、ぶつかった。
近距離で見つめあう二人。

そんな二人を少し離れた所で見ていることしか出来ない自分。
歯痒さに胸が苦しくなって、斜め後ろに捻っていた上半身を元に戻すと激痛がした。どれだけ凝視していたのだろうか、自分は。

まぁ、あの人のお目覚め一発目の上目遣いに苦しくなったのは胸だけではないのだが。何だか違う所も痛くなってきた。
「もうお前には気持ちいいことさせられへんかもなぁ」心の中で下半身に呟いた。

自分が酷く空しい。この場に居たくない。微かに聞こえる声が地獄のようだった。
空に浮かぶ鉄の塊は、俺に逃げ道も作ってくれず、決められたルートを真っ直ぐ進む。

一人寂しいのでもっと下半身と語り合おうと身体を折ると、不意に不自然な感触がした。上着のポケットを弄ると硬い手応え。
取り出してみると手の中には三枚のカード。
「…なんかどっかで見たことあるような」
思わず呟いた言葉は周りの雑音に消えていき、俺のことを気にする者は誰も居なかった。

三枚のカードに書かれた文字。

 →『無視』
   『回収』
   『告知』

何となく手に取ったのは『無視』という二文字。

「……………」

「……………………」

「…………………………」

「今までとなんも変わらんやん!」

どこにぶつけてよいかわからない理不尽な怒りでカードを破り捨てた。
細かく、細かく、文字が見えなくなるくらいに。
少し、気が落ち着いた。

   『無視』
 →『回収』
   『告知』

次に手にしたのは『回収』。
さっきより冷静になった頭で考えると、答えは瞬時に出た。
その言葉の通り、あの人を回収すればいい。簡単だ。
こうなるとあの『無視』のカードも案外役に立ったのかもしれない。少なくとも希望の光が見えてきた。
俺は颯爽と席を立ち、彼らの元へと歩み寄った。

「丘邑さ………」
もう撮影は終わったのか、周りのスタッフはそれぞれ思い思いに過ごしていた。
弁当を食べる者、雑誌を読む者、寝不足のため睡眠を貪る者。
丘邑もその一人だった。
撮影でも振りでも何でもない。狭い飛行機のシートに身体全身を預けるようにして眠っていた。
余程起こそうかとも考えたがその可愛いらしい顔に疲れが浮かんでいるのを見て躊躇する。
そんな俺に気づいて、丘邑の隣から中井くんが口を出した。
「寝させてあげなよ」
「…わかっとるよ」
「…どうしたの?」
言われたのが彼でなかったらもう少し柔らかい声が出せたんだろうな。
心配そうな声音に少しだけ心が痛んだが、質問には答えずに席へと戻った。

最も、マジ寝をしている丘邑の頭が再び奴の肩に寄り掛かるのを見た瞬間、そんな考えは即座に吹き飛んだが。

飛行機の中で、充分とは言えないがある程度睡眠をとったおかげで、それからのロケは順調だった。俺以外は。
ふとした瞬間に下らないことばかり考えている自分がいる。そしてそんな自分に気がついた時が一番危ない。
頭が回らない。気の利いた返しが出来ない。上手く笑えない。
そんな司会者にスタッフ達は心配して次々と声を掛ける。
仕舞いには犬のバ.リ.ーにまで優しく手の甲を舐められて、俺はちょっとだけ泣きそうになった。

   『無視』
   『回収』
 →『告知』

「このカード結局使わへんかったなぁ」
本日何度目かになる飛行機の中でその存在を思い出し、右手で摘まんで掲げてみる。
「何やそれ」
声が聞こえた瞬間に、カードは右隣に座る男の手に納まった。
「…あ」
「なんかどっかで見たことあるカードやな」
そう言って胡散臭そうにカードを見つめる丘邑。
幸か不幸か、今度は三人仲良く肩を並べての席。しかし、俺にはもう体力も気力もない。
「それ俺のやぞ、返せや」それでも精一杯、抵抗の声を挙げる。
丘邑はまるでそんな俺を無視するかのように、書かれた文字とその意味を読み上げた。
「『告知』。告げ知らせること」
「丘邑さん!」
「お前、今日なんかおかしいで。俺に言うことあるんちゃう?」
真っ直ぐな目で言い当てられて思わず俺は沈黙した。
それこそ返事を肯定しているようなものだと気づくのに数秒かかった。
真実を見透かされそうな澄んだ瞳から逃げたくて、思わず目を逸らす。
俯いた木目方の姿を見て丘邑は小さく溜息をついた。
「お前らしくないな、仕事を公私混同するなんて」

あれ、俺そんなこと言ったっけ。

一瞬の間の後、勢いよく顔を上げる。
「図星やろ」そこには気持ち悪いほどにやにや笑っている小さな男の姿。
「嫉妬したんやろ?俺と中井に。ふーん妬いてくれたんやあ」
「いや、あの、それは」
しどろもどろで答える俺を見て、丘邑は心から満足したらしい。
急に悪戯な表情を止めた。つまり無表情。
「つまらん心配なんかすな、アホ」
言うが早いか襟元を掴まれ強引に引き寄せられた。
厳しい言葉と裏腹の、触れるだけの優しいキス。

それは、高校時代に何度もしたものに似ていた。
幼く、それでいて大人びたい願望を併せ持った、もどかしい気持ちをどうすることも出来なくて、まるでお互いの想いを確認し合うかのように、何度も何度も触れ合った。
あのとき唇を合わせた人と、今もまたこうして心を通わせていられる。
そのことがなんて幸せなことだろうと思った。

素早くお互いの身体を離し、周りを見渡す。
誰も自分達の行為に気付いていないことを目線で合図し合って二人とも思わず微笑んだ。
約一名を除いて。

「ちゅーわけで中井、」
丘邑はいきなり憤怒とした表情で、先程から俺達に注がれていた冷たい目線の主を辿る。
その男の呆れたような表情を見ても丘邑はまったく怯む事なく、彼の耳元に口を近づけた。
周りを配慮して小さく、しかしドスの効いた声で呟いた言葉は俺の耳にも確かに届いた。

「谷辺は俺のモンやから手ェ出すなよ」
「いや丘邑さん、それ俺の言葉やから」

「つーかどっちにも出さねぇから!!!!!」

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |               
 | |                | |           ∧_∧ 
 | |                | |     ピッ   (・∀・ ;)  期待通りにならなくてスマンコ
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
一人でウンウン悩んでる谷と、そんな木目方に気づきつつも軽く放置プレイしてみる丘。
谷の苦労に気づかない丘でも良かったんだが無理ですたw無駄に長くてスマソ


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP