Top/18-644

筆頭×893

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    |  戦/国/B/A/S/A/R/A、奥州筆頭×893
 ____________  \         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄V ̄ ̄| 萌えの勢い余っちゃったらしいよ
 | |                | |            \
 | | |> PLAY.       | |              ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ 
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ ) オトメヤクザケイホウー
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

893の口調とか性格とか色々、捏造くさい。
というより乙女化してるんで、苦手な人はスルーよろ。

「政/宗様、茶が入りました」

筆頭の右腕、右目である小/十郎がわざわざ茶を入れてくるなど。そんなもの、小姓にさせればいいものを。
と思いながらも一度だって口にしたことがないのは、政/宗が小姓なんかの入れた茶よりも小/十郎が入れた茶
の方が何百倍も、何千倍も好きだからに他ならない。
小/十郎は外見こそ多少強面で、まぁ性質も多少ならず者じみていると言えなくはないが、本質は穏やかで静か
で、良い意味で女性的だ。
茶を入れるのが巧いという程度だけでなく、彼の育てる菜園の野菜が伊/達軍の食卓を支えていたりもする。

「Thank you,小/十郎。お前も一緒にどうだ?」
政/宗が手招きすると、少し遠慮がちに小/十郎が寄ってくる。政/宗は小/十郎に湯飲みを持たせ、急須からト
クトクと少しずつ注いでやる。

奥州伊/達軍の筆頭、伊/達家当主ともあろう方が、傳役如きに直々に注いで下さるなど。そんなこと、むしろ俺
がするべきなのに。
と思いながらも甘えて注いで貰っているのは、小/十郎が自分で注いだ茶などよりも政/宗の注いでくれた茶の
方が何百倍も、何千倍も好きだからに他ならない。
政/宗は戦場では豪胆で、独/眼/竜の名を世に轟かせる名武将だが、戦を離れると実際よく気の回る細やかな
性格だ。
特に近しい人、その中でもさらにこと小/十郎に対しては、夫が身重の新妻を気遣いいたわる様な細やかさを見
せる。

「すいません、頂きます」

小/十郎が恭しく頭を垂れると、政/宗は苦笑した。相変わらずコイツは余所余所しいったらねぇな、と思ったの
だ。
もう二人は夫婦みたいなモンだと、既成事実が多くのものの知るところになっている。実際ほぼ事実なのだから
、正す必要もなく。
それなのに小/十郎は、二人きりの時でさえ主従の壁を打ち立てている。
政/宗の正室に対する遠慮もある、というのも事実だ。
しかし実際一番大きな問題は、政/宗は微塵も感じていない『身分の差』だった。

茶を飲む小/十郎の顔を見ながら、政/宗は密かに嘆息していた。
このままでは、褥も共に出来ぬままになってしまうのではないか。
何度かアピールはしてきた。あからさまに閨に誘うも同然なことも言った。
しかし、小/十郎は崩れない。
俺には魅力がねえのかと思うことも、ないとは言い難かった。

「政/宗様、飲まないのですか?」

いつまでも湯飲みを持ったままぼや、としている主をいぶかしんだか、小/十郎は政/宗の顔をひょいと覗き込ん

だ。
(ちっ…Guardは固いくせに、無防備に可愛い顔しやがって)
僅かに首を傾げた仕草は、普通小/十郎のような強面がやれば気色悪がられるか怖がられるかしそうなものだ

が、小/十郎のそれは下手な女よりも愛らしかった。
政/宗の目が見た感想であるから、万人にそうであるとは言い難いが。

と、不意に政/宗の頭に案が浮かんだ。
小/十郎の主思いにつけこむようであまり好ましいやり方ではないが、この際そんな事は言ってられない。

「いや、ちっとばかり目の傷が痛んでな。開いたりしてねぇかな」
途端、小/十郎は目の色を変え、政/宗の両頬に自分の手をあて、右目のもとあった場所をよくよく見始めた。
今が好機、とばかりに政/宗は、勢いに任せてそのまま顔を近づけ口づけた。

「…………!!!!」
小/十郎は頬を真っ赤に染め、離れようと身じろいだ。が、いつの間にやら政/宗の手に腕を掴まれており、離れ

るどころか寧ろ、体制を崩し組み敷かれてしまった。

「政/宗、様…」
羞恥により小/十郎の顔は真っ赤に紅潮し、騙された事を怒る気力もなかった。
「悪いな、小/十郎…お前を騙したかぁなかったんだがな…」
それだけ言うと政/宗は、小/十郎に何度も繰り返し口づけた。
そして口づけに翻弄され憔悴している小/十郎の着衣を、優しくゆっくり剥いていく。

「やめっ…やめてください、政/宗様…!!」

完全な拒絶は感じないものの、生娘のようなその様子に政宗は思わず手を止めた。
「…嫌だったのか?小/十郎…」
政/宗がゆっくり頭を撫でてやると小/十郎は、小さく首を横に振り蚊の鳴くような声で呟いた。
「政/宗様に俺の体を奉げられるとすれば、寧ろ光栄なくらいです…ただ、貴方には正室の愛姫様がいらっしゃ

いますし、それに…身分が違いすぎます…」

自分が考えもしなかった返答に、政/宗は思わず目を丸くした。
「お前、そんな事気にしてやがったのか?あれほど気にすんなって…」
「…俺は怖いのです…!政/宗様と体を重ねることで、側室のような存在になってしまう事が…!!」
他の者を呼んでしまわないようにという配慮かその声は控えめだったが、目には微かに涙が光り、訴えが本心

であると物語る。
「…いらん心配してんなよ、小/十郎…」
政/宗は自分よりも大きい小/十郎の体をそっと抱きしめて、その目元の涙をを舐めとって呟く。
「お前は俺だけのAngelだ。愛や側室を蔑ろにするんじゃぁねぇが、お前は何時だって俺のOnly oneなんだぜ…

?」
そしてもう一度、優しく口付ける。
「身分の違いなんて知ったことか。そんなモンのない世を、俺がこれから作ってやんだからよ」
「政/宗、様…」
どちらからともなく手が触れ合い、指が静かに絡められた。
そしてゆっくり口づけ合い、少しづつその口づけは深くなり、熱を帯びてゆく。

「ン…ふっ…」
小/十郎の低く良く響く声は、政/宗と繋がっている部分から与えられる熱と快感で、一つ高く上擦っていた。
翻弄されそうな激しい動きに、小/十郎は堪らず自分よりやや小さい政/宗の体にしがみついた。
「ま、さむね、さま…!」
「…気持ちイイか、小/十郎…?」
政/宗の問いに、小/十郎は赤面しながら頷いた。そして、快感にほだされながら、懸命に言葉を発した。

「本当は…政/宗様に抱かれる日を…心待ちにしておりました…。…小十郎は、嬉しゅうございます…!」
言い切って安心したか、快感に身を委ねはじめる小/十郎。
その姿とその言葉に、政/宗の欲望は増していく。
「俺も…最高に嬉しいぜ、小/十郎…!」
「くぅっ……あぁ!!」
激しさを増した政/宗の突き上げに、小/十郎は高くあられもない声を上げた。

「…腰痛ぇ」
自らの腰を擦りながら、政/宗は搾り出すように呟く。
「…やりすぎです、政/宗様…」
腰を擦るのとは反対の手で頭を撫でられながら、まだ布団に包まっている小/十郎が呟いた。
その顔は、まだ興奮が残るのか思い出しているのか、うっすら朱に染まっていた。
「…しょうがねぇだろ?初めてお前を抱けたんだし…それに、もっとして下さいとかそこがイイですとかあんなに

Cuteに言われて、止められるわけないだろ」
「え……??」
全く理解できていない小/十郎。それのそのはず、喜びと快感の影響か、彼には途中から自分が何を言ったか

記憶がないのだ。
「覚えてねぇのか…?」
「はい、全く」

小さく溜め息をつき、政/宗はただ黙って布団ごと小/十郎を抱きしめる。
「しょうのねぇ奴だ…ま、それだけヨかったってことにしとくか。」
「ま、政/宗様…」
赤面しながらも、小/十郎は政/宗の体温にうっとり身を委ねた。

「幸せだ」二人揃って、そう思った。

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |
 | |                | |           ∧_∧ フタヲアケレバヒットウモネツゾウギミ
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |

BASARAスレでレスしてくださった姐さんがた、本当にありがとうございます。
というか期待してて下さったのに、こんなヘボンですいませんでした…!しかも投下初めてだからちょっとおかしかったかも…
精進します、お粗末さまでしたorz


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP