Top/15-349

芸人 よゐこ 有野×濱口

大作続きの後ってチャレンジャーだな・・・

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    |  ナマモノ・ゲイ人・駄作嫌いはスルー推奨。
 ____________  \         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄V ̄ ̄|  なかよしこんびのお宅×漁師らしいよ
 | |                | |            \
 | | |> PLAY.       | |              ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ ハツカキダッテケケケ
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ )
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |

相方の機嫌が酷く悪い。
彼はいつもにこにこと穏やかで、喜怒哀楽をあまり表に出さない。
もう十何年の永い付き合いなのに、それを察するのも難しいこともある。
そんな蟻のが、機嫌の悪さを隠せていない。
理由は解っていた。今日の撮りのせいだ。
番組の他レギュラーメンバーに比べて、大声を出すこともなければ、
アクションも大きくはない彼の認知度はどんなものか、という企画が上がったのだ。

結果は散々なもので、最初は暢気に構えていた本人も他メンバーも、少しづつあせりの色を映していった。
最後に一般人に彼を見つけてもらって、場は喜んだと言うより、「ほっとした」の方が正しいかもしれない。
芸人として致命的な、デリケートな問題である。不機嫌になるのも無理はない。
収録後半くらいから、ほとんど口を開かない彼の傍を離れることも出来ず、ハマはただただそこにいた。
いつも番組を仕切っている某が、「ハマさん、お願いしますよ」と耳打ちしてきた。が、自分に何が出来るというのだろう。
むっつりと黙り込んで、掛けたままいつものミネラルウォータを転がす彼を見て、
ちょっと顔を出しに来た後輩たちはソソクサと逃げていった。無理もない、とハマは思う。
いつもより遠くに掛けた蟻のが、酷く悲しかった。

「・・・なぁ、」
静かだった彼がやっと声を発した。少しほっとしつつも身構える。
「何?」
「何で俺やったん?」
「・・・何が?」
「お前、何で俺のこと誘ったん?まだツレおったやないか」
ハマは立ち上がって蟻のの傍らに立った。見上げてくる蟻のの瞳は傷付いていて、自虐していたことを窺わせた。
「何でて、」
「俺よりおもろい奴おったやん。アイツで良かったんちゃう。
 何で俺やったんや?」

とろとろと流れてきた言葉を聞いて、少し驚く。今まで、そんなことを考えているのは薄々感付いていたが、
本人が口にするとは思っていなかったから。
「やって俺、お前おもろいと思ったんやもん」
八つ当たり半分、本気半分。
でも、どこまでも昏い本音だから、きちんと受け止めなければ。
「アイツの方が目立って、キャラもあったやんか」
「そうかも知らんけど、俺はお前が良かったの」
「アイツとの方がもっと上行けたわ」
「そんなんないて」
「あるわい」
言葉を重ねる毎に、彼の言葉は吐き捨てられていく。
思いを言葉に費やすのは向いていない。ハマは苦さを噛み殺して、それでも言葉を紡いだ。
「あったかも知れんけど、俺はお前以外と行く上なんか興味ない。
 お前とやからここまで来れたんやから」
「お前やったら誰とでも行けるやろ」
「そんなん意味ないて。俺はどこにおってもお前と一緒がええ」

ぐ、とハマを睨むと、蟻のは椅子を蹴って立ち上がった。
見返してくるハマの両腕を掴むと、乱暴に引き上げて口唇に噛み付く。
僅かな抵抗を殺して喉の奥まで犯していく。ハマが噎せるとどんと突き放した。
「こんなんされてもか!」
「痛くも痒くもないわいっ」
怒鳴り返されて、それもちょっとーーーーという思いが過ぎって。
「他にどんな凄い奴おっても、俺の相方はお前やないとアカンのじゃーーーっ!!」
世にも恥ずかしい絶叫を、そのそばで聞いた。
今まで何とか冷静であろうとしたハマが乱れて、我に返った自分を蟻のは自覚する。
大声を出して息を切らすハマが、泣きそうなのを堪えているのにやっと気付く。
そういえば、このコドモは。
撮りの最中から、ずっとこんな顔をしてなかったか?
企画の時、普段文句を言わないハマが、難色を示していたのを覚えている。
ひょっとして、今回のことを一番気にしているのは。
比較的素直に涙を流す彼が、それに耐えているのは。

ーーーゴメン」
「謝んな」
声を落ち着けて、短くハマは言った。
「このことで、お前が俺に謝らなアカンことなんか何もあらへん。
 やから、謝んな」
そうは言うけど。でも。
「八つ当たりして、スマンかった」
「ーーーええよ」
ハマが何とか笑顔を作った。釣られて蟻のも笑う。
これからもずっと一緒なんや?
アタリマエや。
お互いに少し照れて、またちょっと笑った。

「ーーー何や口痛い」
「あ、ちょっと血ぃ出てる。悪かったなぁ」
「何でお前が謝るんーーー」
彼が気付いて顔を赤くするのは、あと少し先の別の話。

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |
 | |                | |           ∧_∧ オイオイ、何年前ノ話ナンダヨ?
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。
でも多分またする。


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP