ホーム > S-59

530-4

「きみ――あ、いや、同じ医師であるあなたにそう言って頂けるとは光栄です」
整った顔をにこにことほころばせて、剤然は心底嬉しそうに答える。
腕に覚えのある外科医というものは、自分の技術に並々ならぬプライドを
持っている。それを賞賛されると、ある者は当然とばかりにふんぞりかえり、
もしくは口では謙遜しながら相手を見下すか、逆に妙に卑下してみせたりもする。
たいがいが難しい人種なのだ。
しかし剤然の笑顔は、信頼する大人にほめてもらった小さな子供のように純粋だった。
思わず見惚れていると、大きな目が今度は気忙しく壁の時計を見上げた。
「ああそろそろ僕の番だ、中に入らなくては」
次いで視線は振動の手の紙コップに落ちる。
「振動先生は病院に戻られるのですか」
「いえ、発表聞かせて頂きますよ、ぜひ」
ぬるくなった中身を急いで飲み干し、剤然と一緒に立ち上がる。
――まただ。
振動は、再び輝くような笑顔に照らされていた。

 +++

今夜はここまで。

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP