ホーム > S-29

R.S.3_LxM 24

「そういえば、あの扉は開かなかったよね。」
ノーラはミューズの家を訪れたときの、迷子捜索の時を思い出して言った。
迷子が見つからないまま殿内を歩き回っていると、開かない扉があったのだ。
「指輪で封印されているようだったな。」
ミカエルが答えるように呟いた。
「・・・魔王殿を封印したのは、聖王だろう。」
詩人がいつものように聖王の詩を奏でた後、
「ランスに住む子孫が、聖王遺物の指輪を持っているそうですよ。」
と言って、また別の曲を奏でた。

聖王家といっても、聖王本人には子供がない。
聖王の姉の子が聖王家として残っている。
邸宅を訪れて魔王殿の話をすると、当主の部屋へ通された。
「あの扉へ行かれたのですか。もう・・・そんな時期なのですね。」
彼は感慨深げに溜息をつくと、指輪をミカエルに渡した。
「この指輪が、奥へ進む為の鍵となっています。どうぞお気をつけて。」
扉の先には、封印された空間が広がっている。
そこにいるのは、アビスの魔物と、そして・・・。
当主に礼を述べて邸宅を出る。
その日はランスで宿をとり、休むことにした。

ミカエルは眠れないまま、窓の外へ出た。
寒い街だ。
白い息を吐きながら、夜空を見上げる。
懐から指輪を取り出して、月明かりでそれを眺める。
正邪を帯びた、妖しささえ感じられる光。
何故か、とても懐かしい気持ちがした。
指を通すと、その気持ちが強まる。
思い出すのは、あの城だった。

魔王殿の扉に指輪をはめ込むと、何かが開く音がした。

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP