ホーム > S-26

R.S.3_LxM 21

ユリアンをプリンセスガードに任命した直後、カタリナが暇を願い出た。
聖王遺物マスカレイドを奪われたことの、責任を取りたいという。
彼女ほどの剣士より奪い取ることから、相手の力量を測ることができる。
並みの腕前ではあるまい。
(困ったことになった・・・。)
護衛の兵士を、モニカの部屋に入れる訳にもいかない。
改めてカタリナの抜けた穴を大きく思う。

そして、彼女がいなくなったことによって安堵を覚える自分がいた。
教養があり、腕も立つ彼女は立派な貴族の娘である。
父フランツや大臣、そして彼女の父は、いずれ侯爵夫人にするつもりで城へ入れたに違いない。
彼女自身も、その意図に気づいていたはずだ。
もし彼女の期待に応えることができたなら、どれほど楽だったことだろう。
教養、技能、家柄、容姿。
どれも申し分ない。
彼女が「自分」でなく、「領主」に愛情を持っていてくれたのなら、まだ良かった。
だがミカエルは気付いてしまった。
カタリナが、自分という人間を愛してくれていることに。
だから、気付かない振りをした。
彼女は、侯爵夫人の立場に相応しいだろう。
しかし、彼女の愛に応えることが自分にはできない。

その決意を表すかのように、短く切ったカタリナの髪。
思いつめたように、引き締めた口元。
理由を尋ねたときの、伏せた眼差し。
悲壮なまでに、その姿は美しかった。

彼を愛してしまったことを、嫌でも思い知らされる。
彼に出会わなければ、自分はカタリナを愛したのだろうか。
彼女の後ろ姿を思い出しながら、ミカエルはグラスを傾けた。
冷たい風が、木々を揺らしていた。

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP