ホーム > S-22

R.S.3_LxM 17

城は、元の状態に戻った。
怠惰な時。退廃の空間。
今まで生きてきた年月より長く感じる月日。
元に戻っただけであるのに、苦しいほどに思い知らされる味気無さ。
呪わしく思える、永遠の命。

ある日蝙蝠が外の状況を伝える中に、懐かしい名を聞いた。
ロアーヌ侯フランツが亡くなり、嫡子ミカエルがその座を継いだというものだった。
そしてそれに対する不満分子が、彼を抹殺すべく立ち上がったという。
怠惰と退廃を打ち破る足音が、近づいていた。
城の門を開けると、数名の若者が入ってくる。
その内の一人に、彼の面影をみた。
彼女の名は、モニカ=アウスバッハ。

侯爵よりもやや甘く、緩やかに弧を描く唇。
「そなたの祖、ヒルダよりも美しい。」
世辞ではない。
ただ自分にはそれより魅力を感じる者がいるだけのことだ。
侯の存在さえ知らねば、彼女の首に印をつけることだろう。
細い首、薄い皮膚。
その血はさぞかし美味だろう。
惜しい気もするが、彼女を味わうには失うものが多すぎる。
モニカ姫の隣には、彼女を守るべく緑髪の青年が立っていた。
彼女を守るためなら、どんな目にあっても挫けないという気概を漲らせた瞳。
それは自分の知る気高き男とは異なる性質の意思力だ。
青年の属性もまた、太陽だった。
クスリと笑う。
太陽は良くない。
モニカ姫を見て、そう思う。
太陽は、人に影響を与えすぎてしまうから。
彼女は苦労することだろう。
輝ける兄の後を追うが故に。

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP