ホーム > S-18

R.S.3_LxM 13

回復してからのミカエルは、剣の稽古にも力を入れるようになった。
それまでも時々一人で稽古をしていたが、その比ではない。
今までは見るだけであったレオニードも、相手を務める。
一通りの武術をこなす伯爵は、ミカエルに合わせて小剣を使う。
師というよりは敵として接するレオニードが、稽古後には的確な指導を入れる。
それが良い状態であるらしく、元々ある程度の基礎を習得しているミカエルが伸びてきた。
一日のうちの短い時間ではあるが、毎日繰り返されるそれは着実に成果を残す。

「指導者となる者が、ここまで使えるのは・・・な。」
可とも不可ともとれぬ物言いで、レオニードがクスリと笑う。
護身術としてならば、充分すぎる程であろう。
しかしレオニードは、彼が左腕に持つ薄い傷跡を知っていた。
幼い頃、兄妹でいるところを刺客に狙われ負った傷だ。
そのとき彼は負傷しながらも応戦した後、無傷の妹に無事を問うたという。
「強すぎる、ということはありませんから。」
事も無げに、ミカエルが答える。
彼だからこそ、その言葉に納得がゆく。

守るべきものを持つということ。
それは妹であり、国であり。
そして・・・。
この若者の横顔は、何も語らない。
だが感じる。
この者は、守るだけではない。
だから、強くなろうとするのだと。
身体も、心も。

近いうちに、城の蔵書は読み尽くされるだろう。
この若者によって。

それが自分は待ち遠しく、そして・・・その日が来なければ良いと思う。

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP