ホーム > S-101

流石だよな俺ら

俺は馬鹿だ。
いつも同じところで躓き、いつも同じところでしくじり。
今日もまた、以前も踏んだブラクラに捕まる。
俺は馬鹿だ。
「ブラクラゲット」
「流石だな兄者」
「グロ画像ゲット」
「流石だな兄者」
「落雷ゲット」
「ゲットしてる場合じゃないぞ兄者」
2人で初めてパソコンに触ったときのことを覚えているか。
使い方が全然わからなくていらいらしてばかりだった。
「兄者、ときに落ち着け!」
何度そう言われたかな。あれから2人でいろんなものを見たな。
いろんなブラクラも踏んだしいろんなウイルスももらった。
いろんなスレに行ったな。煽られて突っ込まれて。
「兄者、ときに落ち着け!」
俺は馬鹿だ。

「落雷をゲットしたら電源が入らなくなってしまった。」
「それは故障と言わないか、兄者。」
「治るだろうか、弟者。」
「無理だろうな、ノートだしな。」
「HDDだけでも拾えないだろうか、弟者」
「さあな。明日にでも店に持って行こうではないか、兄者。」
「明日か。」

俺がどんなにいらいらしていても。俺が何をやっても。パソコンさえついていれば
お前は側にいてくれた。「兄者、ときに落ち着け!」と言って。
本当はブラクラもグロ画像も。踏む前にそれと知っているのに。
「明日の朝まで暇だな弟者。」
「暇だな兄者。」
「や ら な い か」
「ウホッ・・・山ジュンはそろそろ古くないか、兄者。」

俺は馬鹿だ。

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP