ホーム > 70-371

ろくでもない夜

オリジナル。死期が近い殺し屋と不死身の食人鬼が喋ってるだけの話。
※グロやカニバ表現がありますので苦手な方はスルーお願いします。
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!
「ただいまー」
「おかえりなさい」
「はいコレ。持って帰ってきたけど食べる?」
「ありがとうございます。後でいただきます」
「じゃ冷蔵庫入れとくねー」
「シャワー浴びますか?傷開いてるみたいだから終わったら処置しましょう」
「あれ?これ俺の血だったんだ。あーあ、このシャツ気に入ってたのに」
「今度新しいの買いに行きましょうか。報酬出ましたし」
「本当?やったー」
「それ片付けときますから、シャワーどうぞ」
「はーい」

「ねーねーねー」
「どうしました?」
「胸んとこの傷がさー体洗ったら余計開いちゃった」
「力入れて擦ったらダメだって言ったでしょう」
「だって左手だけじゃ上手く加減できないんだもん」
「貴方両利きじゃないですか」
「えへへ」
「座ってください。縫いますから」
「適当でいいよーどうせ痛いのわかんないし」
「またお気に入りのシャツが汚れますよ」
「あそっか。ごめーん」
「もう…昔は貴方が僕の面倒を見てくれてたのに」
「色々教えてあげたねー」
「そのお陰でこうしてお世話できてるので助かってますよ」
「そーだねー。俺の右目が潰れちゃった時もキレイにしてくれたし、右手ダメになった時もちゃんと食べてくれたもんねー」

「捨てるわけにもいきませんし」
「本当助かったよー。ありがとね」
「いえいえ。僕も自分の体を修復するのに補給しなきゃいけなかったので、こちらこそですよ」
「そっかー。えへへ」
「ふふ」
「ねーねー」
「はい?」
「俺がいよいよダメになる前にさー、もう食べちゃってもいいよ?」
「嫌です」
「えー?何で?俺おいしくない?」
「独りぼっちになりたくないので」
「あー。ずーっと死ねないんだもんねぇ。寂しいかー」
「僕には貴方しかいませんから、最期まで付き添います」
「ごめんねー俺『そっち側』じゃなくて」
「その気持ちだけで十分です。はい、できました」
「わーありがとー」
「それと」
「ん?」
「貴方はおいしいですよ」
「よかった。じゃあエッチする?」
「今巻いた包帯がめちゃくちゃになるからしません」
「えー」
「大体、セックスなんかしたら次の日使い物にならなくなるでしょう?明日も仕事入ってるんですから、早いとこ寝てください」
「ちぇ。じゃあ添い寝してよ」
「いいですよ」
「腕枕もー」
「はいはい。電気消しますよ」
「うん。明日も目が覚めるといいな」
「ちゃんと起こしますから」
「よろしくね。おやすみー」
「はい。おやすみなさい」
□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP