ホーム > 66-292

逸見政孝とビートたけし

勢いで、逸美さんと竹ちゃんの小ネタです。謹慎後の話。
不謹慎注意かもしれない

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

「石垣島に行ってたんですって?」
一見するとサラリーマンのような出で立ちのそのアナウンサーは、愉快そうにくつくつと笑った。
対する赤ら顔の芸人は酒を片手に言い返す。
「うるさいうるさい、人の不幸だってんで面白がってんだから」
酔いのせいか不機嫌顔を作れずに、男は所在なさげに首を撫でた。
「そんなつもりじゃありませんよ。あなたが帰ってきたって、喜んでいるんです」
「嘘だあ。逸美さんみたいなのに限ってね、へんに長生きして、
俺の死に顔見て間抜けな顔しやがってって笑うんだ」
「また拗ねて、子供じゃないんだから」
「子供ですよ、武史くん、ハイ!つって…」
自分のささいな冗談がツボにはまったのか、はたまた酒が気管に入ったのか。おそらくは両方だろう。
男は咳き込みながら派手に笑った。対する男は眼鏡の奥の目をそっと細めてたしなめた。
「あほやなあ」

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

  • ジーンと来ました。 -- 2011-11-12 (土) 22:56:23

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP