ホーム > 66-256

部無あき@溶解人間

半生につきご注意を。
溶解人間の短文。本人は部無あきのつもりで書きました

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!
歪んだ視界の中で棗さんが怯えている。恐怖に揺らぐ瞳が捉えるのは、

――醜い妖怪姿の俺。

「…部無、部無!起きてよー!」

よく聞き慣れた幼い声と、肩を揺すられる感触で目が覚めた。にこやかに笑う部呂と、食事の支度をしている部羅の姿。いつもの光景が、そこにある。

(夢…か)

だが俺は、既に二度も同じ顔を見ている。何も夢にまで出て来なくてもいいだろう。
棗さんの怯えた姿に、こっちも傷付いているんだ。

人間になる手がかりを探す為、今日も外へと出た。とは言え宛もないから公園にでも行って行き先を考えよう。そう思って公園に行ったら…

「あ、部無さん!こんにちは!」
「…こんにちは」

棗さんがいた。今日は休日だから湯井ちゃんと公園で遊んでいたらしい。広場では湯井ちゃんが自転車を漕いでいる。
あんな夢を見た日に会うとは…
でも、棗さんを見ただけで胸が暖かくなる。

「ほら見て下さいよ、湯井、自転車上手に漕いでるでしょ?部呂君に協力してもらったお陰ですよ」
「湯井ちゃんが頑張ったからですよ」
「いやぁ~そうかなぁ?」

嬉しそうに棗さんが笑う。棗さんが笑うと俺も嬉しくて、口許が緩んでしまう。
まだ出会って時が浅いのに、こんなに大切な存在になってしまった。
俺も人間なら、何の隔たりもなく接していけるのに――

「どうかしたんですか?」
「え、あ…」

俯いていた俺を覗き込むように見つめる瞳から、思わず目を反らした。

「何か悩み事でもあるんですか?」

…あります。
どうしたら人間になれるのか。貴方を怯えさせる事のない自分になりたい。

「…相談したくなったら言って下さいね?」
「すみません…」
「部無さんが謝る事ないですよ!俺が気になって聞いただけですから。あ、そうだこれ、はい、どうぞ」

掌に乗せられたのは、いつだか貰った物と同じチョコレート。棗さんも一粒掌に乗せて、パクッと口に放った。

「ん、美味しい」

つられて俺も、チョコを口に入れた。

(甘い…)

チョコの甘さと棗さんの笑顔で、沈んでいた気持ちが少しずつ晴れやかになっていく。

「あ、部無さん笑った」
「!」

俺の顔が綻びるのを見て、また嬉しそうにする棗さん。

(棗さんのお陰です)

貴方がいるだけで嬉しい。この気持ちがきっと、恋というものなのだろう。
けれどこの想いは叶わないから、せめて貴方の笑顔を守りたい。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
下のやつ1/2と入れるの忘れてました。すみませんでした;

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP