ホーム > 62-315

スキマスイッチ 「未だ」

生。☆と元アフロネタ。ホノボノ路線というか肩すかし路線で。

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

だからお前と、色々したいんだけど、ってストレートに言ったら、こいつは俺の肩に頭を乗せたまま黙っていた。
「…あのさ」
返事はない。動きもしない。
「ねえ…」
ちょっとずつその頭と腕の重みが、俺の中に現実感とは違ううねりを生み出していた。
ゆっくり息をしているな、とか。指が肩に食い込んでるな、とか。
耳に当たる髪が少し冷えてて、それが何だか気持ちいいな、とか。
まるで現実じゃないみたいだった。
ガラス窓越しに、いつもお前が歌うボーカルブースのマイクが見えていた。ヘッドフォン越しに俺らはよく話した。
そんなことを思い出していた、目の前にその姿は無くて、今はガラスに俺とお前が映っている。
「…あのさあ」
やっと言った声は、呆れたように聞こえた。
「シンタ君、デリカシー無いとか言われねえ?」
「……は?」
イテ、痛て、ちょっと。あのさ、頭ぐりぐりするのやめてくれないかな。頭突きみたいになってんだけど。
「タクヤ、痛いってば」
「ホントにさー、ちょっとさー、モノには言いようってのが…時と場合とかさあ!?」
「…った、あ、ちょっと待って、て、おいって!」
首、首くびクビ、締まってる!関節技になってる!墜ちるぞ、おい。
「……いいけど」
意識とぶかと思った。あー、考えたら流石に、殴り合いのケンカはしたことないかな、って、あれ。
「……え?」
ばたばた手を、タクヤの腕を掴むようにして俺はもがいていたけれど、お互いそこでぴたり動きが止まった。
俺は俺で、またガラスの中の自分と目が合う。バカみたいな顔をしてる。
後輩に細い目だとか言われてるけど、今はそれを目いっぱい見開いて、まるでバカみたいな。
ゆっくり一度、息を吐いた。

あの、俺の言ってたのは多分、おそらく、お前の思ってることと違うんだけど、って。でも言わなかった。
俺はお前と人生のことを考えてて、そうずっとお前の相棒でいたいなとか、そんな意味だったんだけど、もう。
もうこうなったら、どれでも同じことだと思う。
もう一度、ゆっくり深呼吸。
なあ今さら、慌てても。
十七年ですよ、何せ。
最初はとげとげしてて、お互い第一印象よくなかった。お互いガキでしたね。
俺が組もうって押しきったときも、結構お前渋ってたよね。
ソロから帰ってきた時、どうにも俺に我慢がならないこともいっぱい言ってくれたな。
そんなこと全部含めた何かが、俺の中で皮膚をつきあげる様になった。熱いなあ、とそう思った。
ソファにひっくり返って俺の全体重を受け止めながら、タクヤは俺の息が熱すぎる、と言った。そうだな。
でもお前のもそうだよ。キスしたらわかるよ。
さっきの関節技が、今はまるで切ないってでもいうみたいに、背中を締めてきた。
耳を噛む。首を噛む。
喰われてるみたい、ってかすれた声。
息を押しつけるみたいに肌にあてる。
俺の舌が熱い、って、今度はため息と一緒に。
「…あ、あ、ちょ、でもちょっ…、ちょと、待った!!」
ふっと、また別の意味で意識が飛びそうになったその瞬間だった。
「痛っ!!」
痛い、また!
「なっ…な、何、タクヤ!?」
今度は髪!!
マジ鷲掴みだ。さっきまで背中にあった指が、俺の髪をめちゃくちゃ引っ張って引きはがす。
いっ、ちょっ、ハゲる!ヤメロ!アフロじゃなくてもハゲるから!!
意識がくっきり現実に戻った。
そういつもみたいに。いつもと違ったのは、お前の方。
そっくり返った俺は冗談でも何でもなく痛くて、ちょっと視界は涙で滲んでた。そのせいかな。
いや、それだけのせいじゃないとは思ったけど。
お前の目も蛍光灯の光を受けて、ゆるく柔らかく、潤んでいた。

俺は少し茫然として、それを見下ろしていた。髪の色が好きだ。その冷たさも。
ジャケットの襟で跳ねてる、それがたまらなく好きだ。
とか。思ったりしながら。
「……何、タク、ヤ」
「……ここはダメでしょ、ね」
「……。」
ぼそり。現実。
くっきり戻った意識は、理性は、俺の頭の中で騒ぎだした。確かに、確かに俺は、こんなとこで何を。
ここは俺のプライベートスタジオじゃないんだ、った。事務所も会社も近いんだった、だから。
ここで問題を起したら即ばれる、ああもう一気に色んな人に。
血の気が引いてしまって黙りこんでしまった俺にタクヤは、まだ俺の腕の中にいるくせに、逃げようともしないくせに、
なのに常識的なことをぼそぼそと喋り続ける。
まだ誰かいるかもしれないとか。鍵かけてないとか。事務所も会社も近いんだとか、うん、うん。
「それに」
「……。」
「……。」
「…それに?」
「か…」
「…か?」
「か!!」
今度は耳がやられる!近い、近いんだから叫ぶなっての!!
いくら惚れてる声でも、怒鳴られて鼓膜が刺激されないわけじゃない。一瞬きいんとなった。
思わずそれを押さえ込んで逃げ腰になってしまう。
「……考えたんだけどっ!」
「何を!」
「俺、絶対声出るし!」
「……。」
で、ナニこっちを恨めしそうに見るんかいね。知らんよ、そんなお前のアレコレとか、流石に。
「はぁ……で」
「つか、……出したいし」
「……!」
ぐ。

「……だから、ココはさあ、マズいんかも、って……流石にさ」
それには、ちょっと俺も、来ましたよ。何かが。何て言うのか。
上目使うなって、そんなキャラかい。いや、計算でそういうキャラやることはある、のは知ってるけども。
だからって俺に通用すると思うなよ。何年それを傍で見てきて、犠牲者に心の中で手を合わせて来たか。
通用しねえ。しないんですよ、タクヤ、しないよそんな手は。
「……。」
だー。なっさけねえ。
心の中で呟いてても、結局一番俺が、これに弱い。
お前を目の前にすると焦る。何て答えようか混乱する。何だって、何時だって、一番俺が、お前を裏切りたくない。
体は熱くて、心も汗だく。もう直ぐ冬で良かったのかも。
「ろり、あえず」
「あ?」
か、噛んだ。ええいままだ。
「……とりあえず、ちょっと考えようか」
多分お前は呆れる。退くのかよって言って、結局最後そこを飛び越えるのは俺なんだって、なあ。
お前の期待を裏切りたくは無いんだけど、でも本当に、本当の意味で、お前を裏切るのは嫌だなあって。
確かにタクヤは、半開きの口では、と呆れたようにため息をついて、何秒か黙っていたけど、最後には笑いだした。
ヤバい、ってくすくすからげらげらと、俺にしがみついて結構大笑いだ。つられて俺も、いつの間にか笑ってしまった。
らしい。ホントに。
とことん真っ直ぐ進めないのが、たまらなく俺ららしいと思った。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

そう簡単には…!

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP