ホーム > 57-119

犬も食わない

ピンポン ドラチャイ
56-429 56-448 56-456 57-19 57-87  57-98 57-113 の小話

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

きっかけはささいなことだった。
何かの拍子に、風間と孔が珍しく喧嘩になった。
いつものように居酒屋で、楽しく飲み且つ食べる時間のはずが、二人ともお互いに譲らない。
風間はむっと黙ったまま孔を見つめているし、孔は自分の持ちうるかぎりの語彙で、怒りを表現している。
孔は風間が何も言わずにいることに、だんだんむかっ腹が立ちはじめていた。
だいたいなんだ。
言葉にせずに相手に伝わるはずがないじゃないか。
俺がこんなに一生懸命、お前の言葉でしゃべろうとしているのに、どうしてお前は黙るんだ。
くそ。
そんな目で見るなよ。
俺の言いたいことなんかお見通しかよ。
「風間っ」
「おまたせしましたー。酎ハイと生ビールになりますー。ご注文は以上でよろしいでしょうかー」
かっとしたところで、追加注文していた品物が届き、孔は気勢をそがれて、目の前に置かれた酎ハイをあおった。
つられたように、風間も生ビールを口にする。風間が孔を見た。
あっ。またそう言う目をする。言ってやる。やっぱり言ってやる。

「もうっ、風間、そんな、人、ハダカにして、舐めるみたいに見るなっ!」

ぶふぅっ

思いきり、風間がビールを吹き出した。
満杯だった生ビールは半分以上こぼれ、白い泡がぼたぼたとあちこちに吹き飛んだ。
むせた風間はおしぼりで口と鼻を押さえ、咳込んでいる。
周りの客の視線が痛い。

あ、あれ?
日本語おかしかったか?
見透かすようなその視線が気にくわない、と言いたかっただけなのだが。

「……孔」
憮然としながら吹きかけられたビールを拭いていると、ごほごほと苦しそうな息の間から、風間が言った。
「…それは、かなり性的な意味に聞こえるが、そう言う意味か?」
「え?」
「私が、お前を、性的な視線で見ていると、そう言う意味に聞こえるが」
立ち直ったらしい風間が、咳込みながら笑いを含んだ声で言う。

かぁっと頭と顔に血が上り、ビールを拭いていたおしぼりで風間の頭を一つはたくと、財布から札を出してテーブルに叩き付け、「私もう帰るよっ!」と叫んで孔は席を立った。
「待て、孔、待て」
慌てて風間が追いかけてくる。
かっかと顔がほてる。
くそう。
風間め。

孔が席から立ち上がるのを見て、風間は慌てた。
本気で怒らせるつもりではなかったのだ。
孔が置いた金と伝票をつかみ、荷物を抱え、財布を出しながら会計へ急ぐ。
孔はどんどん歩いて行ってしまう。

まったく。
風間は苦笑する。
私としたことが。
孔があまりにもかわいいことを言うのでからかいたくなったのだ。
男相手にかわいいと思うのも、いかれた話ではあるが。

会計を終え、店の外に出ると、孔が早足で歩く後ろ姿が見える。
ほとんど走るように大股で歩き、孔の隣に並ぶ。
「孔、悪かった」
「もう、知らないよ」
「悪かった。そう怒るな。少しからかっただけだ」
「知らない、ってば」
拗ねたように孔が言う。
いい年をした男同士が、何をしているのやら。これではまるで痴話喧嘩だ。
まだ怒っている孔をなだめながら、風間は再び、苦笑を浮かべた。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP