ホーム > 54-195

欠片の人

電車待ち続き。
まさかのGJありがとうございました。
連続GJに、田舎者騙す気かとガクブルしてます。

一応続きではありますが、メガネ官僚がテンプレ淫乱受け子チャン状態につきご注意下さい。

あれから2ヶ月くらい経過。
ずっとエロのターン。

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

「……っ…」
噛み殺される声。
浴槽に背中がぶつかる重みのある擦れた音。
膝裏を抱え直して浴槽の縁へついた手を引き、向かい合わせで座らせたマエダさんと胸の距離を詰める。
途端に締め付けてくる貪欲な孔は、排泄器官である事を忘れた立派な性器だ。
眉を寄せて苦悶に耐える表情は、余計に嗜虐心をそそる。
「後ろ、そんなにイ?…前よりよっぽど…、イイ顔するね」
腰を浮かせて何度か突くが、強請らせる為に極力浅く。
「あっ……ひぁ、……無理ッ…突かないで」
上擦った声。
マエダさんが背後の浴槽の縁に手をかけて、ずり上がる為に腕を伸ばす。
アヌスから抜けてゆくペニス。
擦れて焦れた赤い粘膜が、濡れたペニスを咥えて離す気などない癖に。
そんな程度で逃げられない事くらい知っているのに、何時だって逃げるフリをする。

強く陰毛を握って引きずり下ろし、ついでに腰を突き上げる。
薄い精子を飛び散らせて、マエダさんのペニスが揺れる。
きゅっと引き締まる腿、丸められた爪先。
泣き出しそうに濡れた声。
赤い舌を覗かせ喘ぐ様がイヤらしい。
力の入らない腕を抱き寄せ、浴槽から引き離す。
背後に縋る物が無くなって、イヤイヤと頭を振るのを無視し、貫いたままで一纏めにした両手を胸へと乗せさせる。
自ら腰へと座り込む形となり、自重でより深く咥えるオレのペニスをヒクついたアヌスがヌチャヌチャと咬む音が響く。
最奥までを一気に擦り上げ、乱暴にそのまま何度か突き上げる。
小さな悲鳴。
被害者ぶった声とは裏腹に、腹へとついたまま揺れるマエダさんのペニス。
ヒクつく尿道を乱暴に爪で擦って指先へと精子を絡める。
既に散々絞って薄く粘ついた残滓を、マエダさんの伸びきったアヌスへ塗り付ける。
もう無理だと、パサパサと音を立ててマエダさんの髪が揺れる。
それでも腰を回しながら、ゆっくり浅く自分の腰を浮かせる。
不完全な刺激に、何時だって我慢が出来なくなるのはマエダさんの身体だ。
震えながらも、徐々に徐々にとペニスを締め付け、自らゆっくりと腰を揺らし始めて。
何時だって身体はマエダさんの気持ちを裏切り、声と行動が乖離する。
イヤだと言いながら腰を振り、無理だと鳴きながら空になるまで精液を漏らす。
誑し込まれる為に生まれた身体。
上手く出来れば頭を撫でる。
それだけで、賢いこの人はやり方を忘れない。

良くできました。
その一言とキスだけで、男は初めてだったこの人にフェラを教え、乳首を開発し、アナルセックスの快感を植え付けた。
今じゃ会う前に、潤滑剤代わりのリップクリームも自分で用意する。
ケツにねじ込むからか、用意されるのはいつだって透明なパッケージのついた新品。
竿をしゃぶらせている間、マエダさんのケツへと塗り付け、時にはそれでオナニーを命じて散々なじって。
この綺麗な指で、身元も分からぬ男とするセックスを思い、リップクリームを選ぶのだろうか。
待ち合わせの度に、何かの間違いではないかと目を疑う清廉そうな男。
スーツにはいつだって皺一つなく、知的な仕草も身に付けた、良識ある社会人。
そんな人が、8つも年下で高校中退の無職の男の腰に座ってケツを振る。
世の中狂ってる。
「ケイ…、も……出して…。奥欲しい…」
それでも耳に響く声は甘く、首へと両腕で縋って抱き付くマエダさんにキスして頭を撫でて。
ああ、嫌になる。
なんでこの人はこんなに無防備なんだろう。
せめて初めて会った日、もっとちゃんとセックスしとけば良かった。
セックス出来てラッキーしか覚えていない。
「マエダさん、上手…」
身体と携帯番号しかしらない。
実際のところ、29歳という年齢も、マエダという名前も嘘かもしれない。
問い詰めれば淋しげに笑って消えてしまいそうで。

夢の欠片の様な人。
厄介な相手に惚れてしまった。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ。

変態でゴメンナサイ。生まれてきてゴメンナサイ。
淫乱大好き。

  • 淫乱受け子チャン大好きです!変態上等!生まれてきてくれてありがとう! -- 2010-09-04 (土) 12:07:41
  • あわわわわ。すみません。コメントいただいていたのに気付くの遅くてすみません。読んでいただいてありがとうございました。 -- 2010-10-03 (日) 22:52:05
  • 読んでいただいてありがとうございます。コメントいただいている事に気付いて、今更当時忘れていた物をUPさせていただきました。わざわざコメントありがとうございました。 -- 2010-10-04 (月) 00:05:45
  • お返事と続きありがとうございます!その後の二人を待って居たので嬉しいです!!ニヤニヤが止まりません…!規制で向こうに書き込めないのでこちらで…; -- 2010-10-04 (月) 01:48:12

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP