ホーム > 48-415

芸人 バナナマン 日村×設楽 「Handsome Devil」

やんちゃなオサーン受け(エロ
hmrがstrを送迎していた頃の捏造話です。規制かかったらすいません。

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

以前、とある大先輩に「相方とふたりっきりでおるのとか、平気なん?」と聞かれたことがある。
俺は「まあ、比較的平気ですね」と答えた。相方は、ただ俯いてくすくすと笑っていた。

あの時、俺が脇の下に冷汗をかいていたことに、先輩方は気づいていただろうか?

「ああっ日邑さんっ」
下羅が喉を反らせ、周囲に響き渡るような声を上げた。
「馬っ鹿野郎、大声出すなって……」
搾り出すような声で囁き、俺は背後から下羅の口を塞ごうとした。
「だって、日邑さんがいきなりすげえ突くんだもん」
下羅が少年のように上気した顔をこちらに向ける。
「しょうがないだろ、なるべく早く終わらせなきゃなんねえんだから」
俺は口の中で答え、ふざけ半分に逃げようとする彼の腰を無理やり掴まえて引き戻した。

そうだ。常識で考えて、こんな状況でこんなことを楽しめるわけがない。
午前四時の仕事帰りの車の中で、しかも、下羅のマンションの地下駐車場で。
おまけに、いくらシートを下げても、男ふたりが重なって座れるほど俺の車は天井だって高くない。
けれど厄介なことに、下羅はそういった危険で不自由な状況のすべてに、
めったやたらと欲望を刺激されてしまうらしかった。

そして情けないことに、俺は発情した下羅にめったやたらと弱いのだった。

ダッシュボードに両手を突いてうつ伏せ、下羅はさっきから荒い息を吐いている。
俺のほうからは、俺の動きに合わせて上下する背中と、仄白い首筋がほんの少し見えるだけだ。
こいつは今どんな表情をしているんだろう、などと考えていたら、まるでその言葉が届いたかのように
下羅が肩越しに俺を振り返った。
「日邑さん、すげえやらしい顔してる」
下羅が唇の端を上げて笑う。一瞬その表情に見惚れてしまった後で、
「……お前の顔の方が、よっぽどいやらしいよ」
俺が言い返すと、
「そんなことないって、ほら」
下羅は手を伸ばしてバックミラーを動かし、俺の顔が映るようにした。
「こら、やめろよ! 趣味悪いなマジで」
俺がミラーを元に戻そうとし、下羅がそれを阻止しようとして、ちょっとの間揉みあいになる。
くすくす笑いながら腕にしがみついて来る下羅に、俺は自分たちがどういう状態にあるのかを忘れ、
一瞬いつもどおり楽屋でふざけているかのような錯覚に陥った。

じゃれ合うのにも飽きたのか、やがて下羅がひとつ息を吐いて俺の体に凭れ掛かった。
全体重が膝にかかり、俺のものが彼の奥深くまで受け入れられる。それだけで快感に流されそうになる自分を
懸命に抑えながら、俺は下羅の下腹部へ手を伸ばした。硬く勃ちあがっている性器を手で包むようにして擦りあげてやると、
下羅が小さく喘いで俺の耳に唇を押しつけてきた。ぴちゃぴちゃと濡れた音を立て、彼の舌が耳朶を愛撫する。
頭の芯がじわじわと熱くなり、俺は急いで下羅の頭を引き離すと、ぽってりと膨らんだ唇に自分の唇を重ねた。
舌を深く絡めながら、性器を擦りあげる手の動きを早めると、下羅が、俺の膝に強く爪を食い込ませて来た。
「あぁっ、はぁっ……」
やがて、俺の肩に頭を預け、下羅が焦点の合わなくなった目を天井へ向ける。
いつもは人を食ったような表情ばかり見せているその瞳に、今は迷子になった子供のような、
どことなく頼りなげな色が浮かんでいた。

いつもこうだ。いつも自分から強引に誘ってくるくせに、ぎりぎりまで追い詰められると、下羅は急に怯えた表情を覗かせる。
そんな時、俺は自分が下羅を不当に傷つけているような気がして、無性に心が咎めてしまうのだ。

「修」
久しく呼ばなかった名で呼ぶと、下羅が俺へ怪訝そうな視線を向けた。
「ごめんな、修」
「……?」
半ば無意識に口を突いて出た言葉に、下羅が片眉を上げる。
「ごめんって、なにが? 日邑さん」
「うん、や、別になんでもない」
急に照れ臭くなり、俺は汗ばんだ下羅の首筋に顔を埋めた。
下羅はしばらく黙って考えているようだったが、やがて俺の前髪を優しく梳き上げると、
日邑さん、も一遍キスして。と耳元で囁いた。

行為が済んだ後で、シートを完全に倒し、汗と体液まみれの体を重ね合ったまましばらくぼんやりしていた。
早く服を着てこの場を離れなければ、と理性は警告を送ってくるが、働きづめの一日の最後の労働を終えた体は、
そう簡単には命令に従ってくれそうにない。それに下羅の重みと、徐々に緩やかになっていく鼓動とを感じながら
横たわっている心地よさは、正直な所なにものにも替えがたかった。

「日邑さん、さっきなんで俺に謝ったの」
ふと思い出したように、下羅が俺に尋ねた。
「いや、だから別に、あれは」
俺はふたたび口ごもる。下羅は上半身を起こし、そんな俺をしばらく眺めていたが、やがて瞼を伏せると、
「日邑さん、どこにも行かないでね」
不意に小声で呟いた。
「どこにも行かないでって、なんでだよ? 行くわけねえだろ」
きょとんとして尋ね返した俺に、
「でも、なんか急に『ごめん』とか言うから、」
下羅が視線を合わせずに続けた。

「前にもなんかで言ったけどさ、俺って日邑さんっていう存在を世間に伝えるためにやってきたみたいな所があるじゃん。
でもここ数年で、日邑さんのことを皆が知るようになって、誰でも日邑さんを面白おかしく動かすことができるように
なったでしょ。だから、なんか時々不安になるんだ。俺って、もう日邑さんにとって別にいらねえ存在なんじゃないかって」
そこで言葉を切ると、下羅が俺の手を取って頬に押し当てる。
「だから、せめてこうやってセックスとかしてれば、日邑さんとずっと一緒にいられるのかなって……」
「なに言ってんだよお前、らしくねぇこと言うなよ!」
俺は興奮して身を起こした。

「そんなの俺だってなぁ、俺だっていつも、お前がいつ『お笑いに飽きた』って言い出すかと思ってビクビクしてるんだぞ?
それとか、俺より弄りがいのある相手を見つけてそっち行っちゃうんじゃないかとか、毎日そんなことばっかり
考えてるんだからな!」
激しい剣幕で言い募った俺を、まじろぎもせずに見つめていた下羅が、
「それ本当? 日邑さん」
「おお、本当だよ」
俺は大きく頷いた。「だから別に、こんな風に俺を誘う必要はないんだぞ」と続けようとして、その言葉を飲み込む。
俺は、狡いところのある男だ。
「……」
下羅が目を細めて笑う。そして俺の首に腕を回し、なにか言いかけた瞬間、不意に背後でエンジンの音が響いた。

「うわ、やっべ、誰か来た!」
悪戯を見つかった子供のようなはしゃぎ声を上げた下羅とは対照的に、
「おい、早く服着ろよ!」
俺は慌てて身を伏せると、囁き声で下羅に命じた。下羅がごそごそと身支度をする合間に、
駐車した車の扉が開く音が耳に届いた。靴音が、ゆっくりこちらに近づいてくる。
「下羅さん、早くしろって!」
「うん、今終わった」
やっと着替えを終え、扉に手をかけた下羅に、
「鞄忘れるなよ、カバン」
俺は小声で念を押す。外に出た下羅の横を、マンションの住人が特に注意を払うこともなく通り過ぎていった。
ひとつ伸びをすると、背中越しに俺に手を振り、下羅は踵を返して悠々と住人の後を追った。

「……やれやれ」
安堵のため息をつき、俺は自分も服を着ようと身を起こす。
が、すぐに大きな異変に気がつき、全身から一気に血の気が引いた。
「ふ……服がねえ……」
助手席の下に脱ぎ捨ててあった筈の、ズボンと下着がなくなっている。そんな馬鹿な、と助手席の下に這いつくばる
俺の脳裏に、別れ際やけに膨らんでいた下羅の鞄がフラッシュバックした。
「あっの野郎……」
歯軋りをしながら、俺は下羅の携帯を呼び出した。何回目かのコールで、すでに眠たそうな声の下羅が出る。
「あれ、どうしたの? なんかあった?」
「なんかあったじゃねえよ、俺のズボンとパンツ返せ!」
「はぁ? なんのこと?」
「とぼけんな! お前、どさくさ紛れに鞄に入れてったろ?」
「え? ……ああ~、本当だ」
明らかに笑いを噛み殺しているのがバレバレの声で、下羅が答えた。
「ごめん、間違えて持って来ちゃった。明日現場で渡すわ」
「なんで明日なんだよ、すぐ持って来てくれよ! フルチンで運転なんかしてたら俺、警察に捕まっちゃうだろ?」
「ん~でもさぁ、靴と靴下は履いてるんでしょ?」
「それが何だって言うんだよ、なお変態っぽさが増すだけじゃねえか!」
「けどまあ、安全運転で行けば大丈夫なんじゃない? ……ごめん、もう俺着替え終わって寝るところだから」
「嘘つけ、別れてからまだ五分と経ってないだろ……おい、下羅さん! 下羅ぁ!!」
必死の叫びにも構わず、無情にも電話はそこで切れた。下半身丸出しのまま、俺は呆然として携帯を見つめる。

「なんなんだよ、あいつは……」
思わずそんな言葉が口をついて出た。つい先刻、すがりつくような瞳で「どこにも行かないでくれ」と言っていた下羅と、
今頃腹を抱えて笑っているであろう下羅の、一体どちらが本当のあいつなのか。
長年一緒に居る俺にも、それは皆目見当もつかなかった。
ただひとつ分かっているのは、どちらの下羅のことも俺は好きで仕様がないということだけだ。

そして結局のところ、俺にはそれだけで十分なのだった。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
最近は仕事量が逆転してるようですが(wいろいろ乗り越えて仲良しでいてほしい二人です。
何らかの描写orカプそのものに不快になられた方がいたらすいません。ありがとうございました。

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP