ホーム > 48-33

ユニコーン 民生×阿部 「デレの理由」

一角獣唄鍵盤。
前回「ツンデレ?」の続編。色々有って、一回離れてると設定しとります。話し方とかはまたしてもイメージorz
デレてる鍵盤の理由とは…?と妄想してみた。

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

昨日、メールを送った。単純な様で色々な思いを込めた言葉の羅列。返事は今日の同室が誰かで解る。夕ミ才では無い誰かが入ってきたら……俺の想いは届かなかったって事だ。
…ドアの開く音。……入ってきただけで誰か解る。ドキドキしてるのを気取られ無いように、平静を装う。手に汗かいてるのをこっそりデニムでふいた。振り返って、普通通りの顔をしてる夕ミ才に声をかけた。
……あ、久しぶり
「久しぶりって」
夕ミ才が笑う。
「ここんとこ、毎日会ってるだろ」
ま、ね……でもさ、意味がちょーっと違うでしょ
「……まあ、そうだけどよ」
俺が座ってるソファーの横に座る夕ミ才……なんだか緊張する……なんでだ。
「……緊張してるだろ」
なんで解るんだよ。
敵わねえな……
「何時から見てると思ってんだよ」
……だよな
「だろ?」
うん……ちょ!夕ミ才!
「え?こう言う意味じゃねえの」
いきなり抱き寄せるなよ!動揺するじゃん。夕ミ才は笑いながら手を離す。距離を元に戻しながら夕ミ才と話しを続ける。
「違うのか?」
……違わないけどさ
「じゃあさ、メールの内容、も一回お前の口から聞きたいな」
っ!夕ミ才!
「んだよ、恥ずかしいのかよ」
当たり前だろ!
「言わないんだったら、帰るぞ、俺」
う……お前
夕ミ才はニヤニヤ笑う。
「ほらー、言わないのかよ?」
……聞きたいのか
「そりゃーそうだろ」

悪趣味だ……そんな嬉しそうな顔してこっちをみるなよ。恥ずかしくなる。
……夕ミ才の事……
「うんうん」
何だよ、その相槌。……ま、いいや。
「続きはー?」
す……き……だから元の関係に戻りたいです
「最初が聞こえなーい」
うわ、ムカツク
「阿倍、言わないのか?」
う……解ったよ、やっぱり好きなんだ、夕ミ才の事
「うん、俺も好き」
……あっさりしてるなあ、夕ミ才
「んー言われるの待ってたし」
えっ?
「ずーっと好きでいたからな、俺は阿倍の事」
……夕ミ才
「…………やっと言えた…………長かった」
……ありがとう、待っててくれて
「ん?別に……勝手に待ってただけだし」
……ごめん
「謝んのやめろ、別に謝られたい訳じゃない」
うん
「キスしていいか?」
うん……って言うか聞くな
「すまん」
抱き寄せられて、キスされる。舌が唇を割って入ってきた。
「っ……ふぅ……ん」
唇が離れる。
「好きだ」
俺も
「うん」

夕ミ才が俺の顔を覗き込んだ。
「疲れてんのか?」
うーん、まあね
「……無茶すんなよ」
なんで解るかな……年月の長さかね。
「阿倍……俺にならいくら甘えてくれて構わんからな?」
え?
「お前の事だから、色々一人で考えるんだろ?」
……何が言いたい?
「いや、だから……疲れたら俺のところで……」
……慌ててる夕ミ才。自分が意味を取り違えていた事に気付いたぞ。どうするか……ええい、キスしてしまえ。唇が離れてから夕ミ才が戸惑い気味に名前を呼んだ。
「……阿倍」
ありがと、夕ミ才……遠慮なく甘えさせて貰うよ
「……うん」
夕ミ才は俺を優しく抱きしめた。耳元で囁く夕ミ才の声は限りなく優しい。
「ベッド行こうぜ」
言ってる事は……どうなんだろうな?
「阿倍?」
ああ……うん
「乗り気じゃねえな?」
いや、そう言うことじゃないよ
「んじゃなんで?」
……かなり言うのは恥ずかしい。解っているのか、いないのか……。
「おーい、どうした」
…………久しぶりなんだよ
「え?」
だーかーらー、久しぶりなんだっつーの!

「……マジ?」
マジ!
「本当に……?」
夕ミ才の顔がにやけてる。解りやすいなー。
嘘な訳ないだろーが
「あ、ああ……だよな」
……お前だけだから
「えっ?」
俺が……欲しいのは……夕ミ才だけ……だから
「…………うん」
なんでここまで言っちゃってんの、俺。でも、幸せそうな夕ミ才の笑顔を見て、つい俺も笑顔になった。何となく手を繋いでベッドまで歩く。若い頃はこんな事してない。……時間無駄にしたかな。ベッドに押し倒されて、夕ミ才の顔が真正面に見える。
「阿倍…………やさし……」
途中まで言いかけて、夕ミ才は顔を逸らして吹き出した。がらじゃねえと呟いて笑う。
夕ミ才……笑いすぎ
「いや、すまん」
いいけどさ…………優しくしてくれよ
「……おう」
……俺もがらじゃない。顔を逸らしてクククと笑う俺の頬に、夕ミ才はキスを落とす。……身体が熱い。
「阿倍……抱くからな」
低い声で囁かれる。頷いた俺の首筋に夕ミ才の唇がおりた。

……つ、疲れた
「……同じく」
二人して呟いて笑いあう。夕ミ才が時計を見て崩れ落ちた。
「うわ!もうこんな時間かよ」
え、何時?
俺の声に夕ミ才は怠そうに答える。
「朝方」
うそ?!って言うか何時間してた訳?
「聞くな」
渋い顔の夕ミ才が独り言。
「……寝ない方がいいか……?」
……大体時間の予想がついたぞ。あと2、3時間後には起きなきゃいけない時間……でもなあ、寝ないとやばいよな。明日も忙しい。
……寝よう、夕ミ才、寝ないとまずいだろ……少しでもさ
「……んー、まあな……そうだけど」
内心、少し寝坊してもネタにされるだけって思ってる。夕ミ才はそうは思ってないだろうけど。
「…………寝るか」
うん……一緒に寝よう、夕ミ才
「……お、おう……甘えてるな……阿倍」
甘えていいって言ってたじゃん
「まあ、そうだ」
煮え切らないなー
「い、いや昔はさ……」
昔は昔、今は今だろ
「んーそうだけどよ」
今で言うとツンデレ?だよな、昔の俺
「だな」
時間の無駄だからツンはしません
夕ミ才が吹き出した。
「時間の無駄って、お前」
だってそうだろ、無駄だよ……時間は限られるんだから
「…………だな」
夕ミ才の表情が何だか、年相応に見えた。色々な経験をしてきた、大人の男。今、俺は夕ミ才の隣にいる。……ゆっくりと深い呼吸を繰り返し……少しずつ意識が遠退いていく。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
時間が限られるってのは、昔みたいに独り身では無いって意味と、仕事上の意味(ソ口活動)をかけてみたり…。
ちなみに鍵盤イメージは茶髪でお願いします。金髪は動いてるの見てないからイマイチイメージがわかないorz
しかも、一番目タイトルつけわすれorz

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP