ホーム > 43-531

オリジナル 八重歯と縄

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |  八重歯とAVと縄ネタ
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄|  正直すまんかった。
 | |                | |             \
 | | |> PLAY.       | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ ドキドキ
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ )
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 八重歯がタイトルについているからと、ただそれだけの理由でこんなビデオを借りてしまった自分に今更ながら嫌気がさす。
画面の中の少女は縄で縛られるのを必死で抵抗している。ああとかいやだとか叫んでいる。
怯える顔がアップになり、叫ぶ口元が写される。
ちらりと見えた歯は確かに八重歯だ。その事実に心臓が跳ね上がった。
じっとりと手汗。冗談じゃない。ぶんぶんと頭を横に振る、が、ビデオを止めることはしない。

俺も相当の阿呆だ。少女はいつの間にか裸で、その肢体には縄が絡み付いている。
生来の白さと張りを持つ肌の上を、太く荒い縄が無遠慮に走っている。
ぎり、と男がその縄の端を引っ張った。痛ァいと少女。見える八重歯。嫌じゃないんだろうと男は笑う。
少女の口から、ちらりと覗いた赤い舌に奴の顔がフラッシュバックする。おいおい。
男があどけない乳房にしゃぶりつく。その柔らかさを見ながら、全く無縁の、しっかりした筋肉の胸板を思い出す。
舌を這わせ指でなぞると、切羽詰まった吐息を漏らすあのしなやかな肢体。
それにぎちぎちと、荒い縄が食い込んでいく様子を想像してみる。
日に当たらない部分の素肌は案外色白で、二の腕や内腿の皮膚がいかに柔らかなものか自分は知っている。
その下の筋肉の強さなど微塵も感じさせず、少し強く吸っただけで痕が残るあれ。
縄が絡み付き、その軋みで真っ赤に腫れて血が滲むその時、奴はどんな顔をするのか。
―――ごくり、と知らずに喉が鳴った。口の中はからからに渇いている。
空けたまま放置していた缶ビールを一気に煽っても、ぬるく苦い味しかしない。
まずいと頭の隅で理性が叫んでいる。このAVで性欲を処理した時とはわけが違う。
あの時も相当の後ろめたさを味わったが、
本業の忙しさで忘れられたし、疲れきってこんなもの使う機会も無かった。
だが、これからこのビデオを鑑賞しに奴が来ることになっている。
(「俺に似た奴が出てるAV持ってるんだって?」)(誰から聞いたんだろう)

オフで時間もあるし、二人きりで会うのも久々だ。
そういうコト、になるかもしれない。
下心がないとは言わない。ただ、今のままではそのとき暴走しない自信が無い。
職業柄(そして生まれ持った性質として)理性は強い方で、
自制心も忍耐力も人並み以上だと自負している。だが自分は、あの肢体を組伏せる容易さも、
組み敷いた感触も知っている。あの強い男が見せる、刹那の弱さをもっと見たいと思う自分がいることも。
―――ひと際甲高い少女の嬌声で現実に引き戻された。少女が抱きかかえられたまま、

思い切りのけぞって果てていた。暗い室内で白い喉が震えているのが妙に卑猥だ。
ビデオを巻き戻しながら時計を見る。約束の時間から30分は過ぎていた。
先約があるから遅れるかもしれないことは聞いている。シャワーを浴びる時間は無いが、
夜風に当たれば少しは気分も変われるだろう。ベランダから外を見降ろす。
町から住宅街へネオンのグラデーション。冬が来たことを告げるように、冷たい風が頬を撫でた。
奴に電話でもしようかと携帯を開いたところで、チャイムが鳴った。
続いてろれつの回らない口調で名前が告げられる。奴だ。ドアを開けに行く前に奴が入ってきた。
ひどく酔っているが、俺の顔を見ると少し改まった表情で「ごめん」と謝るのがおかしかった。
「あいつらが全然離してくれなくってようー」
「別に構わんが、大丈夫か?」
水でも飲むかと聞くと素直にうなずいた。
冷蔵庫からミネラルウォーターのペットボトルを取り出し手渡す。
ごくごくと飲むのに合わせて上下する喉が、
あの少女が絶頂の最中に見せたそれと合わさって見えて頭を振る。落ち着け俺。

奴はそんな様子に気づくわけもなく、蓋を閉めるのもそこそこに話し始める。
友人の結婚祝いの飲み会だったらしい。都合で式自体には出席できなかったようだが、
そのぶん飲み会ではっちゃけたというところか。
普段は(俺にだけ)見せる厳しい視線とは違い、頬を上気させ目じりを下げたまま話す奴は素直に可愛い。
ひどい滑舌と普段より強い訛りのせいで、何を言ってるかは半分くらいわからないが。
「そーだ!これもらった!」
奴は素っ頓狂な声をあげると、何やら怪しげな不透明の袋を差し出した。妙に重い。
ビンゴの景品だという。中を見ていいと言うので袋をひっくり返す。
何か固いものと長いものが音をたてて床に落ちた。
『八重歯のインテリ女教師 凌辱の放課後!』
『いつもと違うパートナーが見れるかも?!SMロープ(赤)』
「これどうしろって言うんだよなー」
けらけらと笑う奴はよそに、タイミングの悪さ(良さか?)に目眩がする。
八重歯はジャンルとしてアリなのか。
いや、そういうことではなく。忘れかけていた妄想が戻ってくる。
暗い室内で、鍛えられた肉体を縛られたまま涙を流しているのは―――なあ、と呼ばれて顔を上げた。
目の前に奴の顔。いつの間にか息のかかる距離まで近づいている。
じっとりと、絡み合うように目が合う。
「…使ってみるか?」

冗談だったのか本気だったのか、俺は知らない。
ただ、アルコールを十分すぎるほど摂取した体に火をつけるのは容易いことは知っている。
唇を押し付け舌で歯列をなぞり、息さえ飲み込むような激しい口づけをすればいい。
想定外の激しさに抵抗するのも、元々の体格差に酔いが加われば無意味に等しい。
床に押し倒しシャツを脱がしながら、ロープに手を伸ばす。俺を見る目に挑発の光が宿る。
だが一瞬よぎった怯えの色を見逃しはしない。誰でもないお前が持つその弱さがもっと見たい。
ぐちゃぐちゃと考えながら、自分の唇が歪んでいるのに気づく。はは、と小さく声が漏れた。
この表情はきっと、あのビデオの男に似ているだろう。奴は少女か。
あの少女のように泣き叫ぶのもいい。あくまで頑ななのもいい。
ただ、”嫌じゃないだろう”、その返事を聞いてみたい。

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |
 | |                | |           ∧_∧ 色々アレだな。
 | |                | |     ピッ   (・∀・;)  
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP