ホーム > 43-33

アリアンロッド トラン×クリス

元ネタ「蟻案ロッド・リプレイ・口紅」 トラン×クリス前提で 本編終了から一年後の設定

|>PLAY ピッ ◇⊂ (・∀・ ) ジサクジエンガ オオクリシマース!

簡素な墓石に花を添え、神への祈りを終えたクリスは、ふと気配を感じ振り返った
「やれやれ、これだから神殿は」
肩を竦めながら微笑むレントに苦笑を返す
「お前も弔いに来たのか?」
「なぜ私が? 前任者とは何の面識もないんですよ」
言いながらも、摘んで来たのだろう野花を墓前に手向け
「反神殿組織である、我がダイナストカバルの幹部、トラン・セプター。貴方の遺志は私が引き継ぎましょう」
瞑目するでもなく、祈る訳でもなく。ただ淡々と誓いを述べる
「祈り位捧げたらどうだ、悪の組織の幹部」
仮にも聖騎士の前なんだぞ。と、敢えて茶々を入れてみる。
「聞こえなかったのか、クリス・ファーディナント。我が組織、ネオ・ダイナストカバルは地域住民の皆様に愛される反神殿組織。神への祈りなど不要。…これだから神殿の犬は」
こちらも、敢えていつも通りな返答を返す。
そう、それはトランが生前の頃から頻繁にやり取りされていた、他愛のない言葉の応酬。

レントは来た時と同じ様にふらりと元来た道を帰って行く。

ただ、ポンとクリスの肩を叩いてから。
それはレントなりの慰めだったのかもしれない。

アルテナから聞いた
『レントの記憶回路の一部は、トランの部品を使ったんだ』
という言葉に、ノエルとエイプリルは純粋に嬉しそうな顔をしていた。
自分は…どんな表情をしていた?
喜び?困惑?
初めて会った時のレントは、理路整然・効率優先の言動しかしなかった。
だが今、レントはかなり人間くさい行動をとる様になってきている。
(なあ、トラン。最近レントが気になると言ったら、お前は怒るだろうか?)
墓石に向かって語りかける。
あの熾烈な神竜との戦闘時、確かにレントに重なったトランを見た。
あれから、自分に芽生えた新しい想い。
果たして、これから続く旅で答えが出るのだろうか?

「行きますよ、クリス」
呼んでいるレントにトランが重なって見えた気がした。

そっとトランの墓石を撫でてから、クリスはレントに向かって歩き出した。
また、冒険の日々が始まる。

□ STOP ピッ ◇⊂ (・∀・ ) イジョウ、ジサクジエンデシタ!

原作知らない方には
?(-"-;)?

な話でスミマセン…m(_ _)m

トランとレントは人造生命で、
トランは話の途中で亡くなってます。
ノエルやエイプリルは旅の仲間です。

失礼しましたm(_ _)m

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP