ホーム > 43-124

オリジナル えせ時代劇風 遊郭の番頭×化粧師

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!
オリジナル。遊郭の番頭さん化粧師さんの続き。
途中でさるったらすみません。

九尺二間よりはましだが、長屋の土間は狭かった。邪魔するぜと入ったはいいものの、中は思った以上に暗く
狭く、どこへ足を踏み入れて良いか逡巡する。ようやく瓶と転がる魚篭の間に身を入れれば、狭い奥から声が
する。
見れば板戸を開け放って、化粧師はただ絵筆で細工ものを舐めていた。顔も上げず、珍しいなと言う。
あんたかい、何用だ。
「しばれるな」
どの口が言う。
あまりに幽玄にその月夜を浴びているので、瞬間時が止まったように呆けてしまった。だが振り向いたその顔
に、いや飲まれまい、飲まれてたまるかと下腹に力を入れる。取り乱すまい。取り乱しはすまい。
「俺が冷えるから、閉めてくれねえか」
頼むと、化粧師は妙な顔をしつつがたがた戸板を閉めた。此方も入り戸に心張り棒をかますと、またさらに
化粧師は怪訝な顔をした、ようだ。月明かりがなくなると明かりは薄暗い行灯ひとつとなり、髪や眉の影も
濃く、そして複雑になる。
「あんた、あの娘の髪結いに行ったんだってな」
まずは一言間においた。

誰それを指すのかは黙っている。化粧師の反応を見た。
それが用事かよ、であの娘ったァ誰だ、予想通りの返事が返ってくる。そこで例の呉服問屋の名を言った。
娘の嫁入りと息子の情死が重なるなんざ、それこそ草子書きの都合でもなけりゃ、どう考えてもありえねえ。
どこかで繋がる何かが在る。
あんたしかねえだろう。
「だからどしたい。祝言に呼ばれりゃ、化粧にも髪結いにも行くぜ」
それが生業だからよ、と化粧師。ここまではわかる。ああそれは合点がいく。
ただ俺が腹を立てているのはその先の一点だと、それを一番効果的にこの男に突きつけてやるにはどうしたら
と、月夜の道すがらそればかり考えていた。
夜半にひとの長屋に乗り込んどいて、手土産も無しかと化粧師が混ぜっ返す。この時だとばかりに固まった手
の中、熱く握り締めていた櫛のかけらを叩きつける。派手な音はしなかった。薄汚れた畳と情けない明かりの
中、それは滑って化粧師の手前で止まる。
菊紋を彫り付け絵付けして、振袖新造になった櫛だった。新造も使い込んでいた。
派手でないのが粋なンだと、化粧師は鼻で笑って(冗談と自慢のない交じった)、実は一歯欠け
てんだすまねえなとまた笑っていた。

焼け残りは、その一番端の歯が無い。間違いなかった。
「知ってたんだろう」
そして目の前にして、疑いは確信へ変わった。直感だ。
こんなもの、見なきゃよかった。
叩きつけられた櫛の半分を見て、二呼吸して化粧師の息の音が変わった。確かに変わった。
どこで、口がそう動いた。
「あんたの細工だ」
「待ちな旦那、何の」
「うるせえ」
それが引き金だった。取り乱すまい、我を忘れるまいとしていたが、怒りなのか嫉妬なのか、ふつふつ湧き
上がる何かで声が震えた。
惚れたはれただの、色街では叶うわけないと嘯いたのは誰だ。舐めるなと言ったのは誰だ。あんただ。
二つある。化粧師の櫛が二つある。ならば何故か、理由はひとつしかないだろう。
「あんた、逃がしたな」
逃がそうとした。
最初から手引きも何もしていない、あの夜あの場に居なかったのは知っている。ただ全く同じ飾り櫛を一つ、
たった一つ、川へぽんと投げ込んだだけなのだろう。
わかっていたから唇を噛んだ。たったそれだけのことだ。
だが情死と足抜けなら事情は違ってくる。こちらがわあわあ川をさらえているのを尻目に、どこかへのうのう
と逃げ延びたと思えば、さらにはらわたが煮えくり返った。

その怒りはこの男に向く。足抜けの罪も、責め苦を負うべきもあの二人とはよくよくわかっている。だがこの
男は櫛を投げ捨てたその足で、芯から何事も無かったかのように、俺の前で平然としていた。
それが許せぬ。血が滾った。あんたもあのあまもと、同じく叶わぬと言ったのは、化粧師のほうだ。
身が震えるほど思うのは、何故あの女の肩を持つのかと。むしろ逆か。
俺には何故、叶わぬままと言うのか。
「あのあま、勝ち逃げじゃねえかよ」
それに叶わぬなら叶わぬまま、ばっさり斬って捨ててくれ。苦々しい何かを含んでいるように、腹の底を探る
のは止めてくれ。吐き気がしやがる。
声を殺して言うくらいなら、最初からぶちまけてくれたら。
「俺は何だ!」
言うなら言え。
俺は突っ立ってるだけだ。畳に上がりこむこともしないし出来ない。月夜のあんたをどうこうしようなんて、
それすら出来ねえで固まる男だ。
「った、んじゃねえか」
しかし不意に聞こえた声が呻くようで、怒気がそがれた。驚いた、誰の声だ。
化粧師の声はとおる。檜や竹の清々しい硬さを髣髴とさせるそれで、逆に口汚く罵られるとそれ故堪える。
だが、これは誰の声かと思った。

呻きであったり断末魔であったり、そういった疼めく感情に飲まれた声だ。今まで聞いたことなどない。ここ
まで救いの無いのは。
「この、俺がよ」
いや、やはり化粧師の呻きだ。あの櫛の半分の前、ぐっと首を垂れてうずくまっている。そこにいつもの快活
さは無い。
ひとを化かし笑うのが生きがいの、揺ら揺らゆれているだけの、狐で柳のような男だが、こんな生々しい有様
は初めて見る。血を吐く、血にまみれる、どちらもあった試しがない。
「何で拾うんだ」
その娘の祝言の仕度を頼まれたのは、以前の縁からだった。
この化粧師、当代きっての腕利きとまではいかぬが、噂をすれば五指に入る。もともとの馴染みでもあった
し、花嫁とも顔見知りだ。その兄と例の新造のごたごたで廓仕事に気が滅入っていたこともあったが、よし
めでたい席だ、一丁損得抜きで(いや祝儀ははずむだろうとわかっていたが)腕によりをかけてやろうと
出かけていった。
その娘のことは化粧師は好きだった。ころころとよく笑いそれでいて下品でない。大店の箱入り娘だが芯は
強く、仕度しつつ遊郭通いの兄の様子をからかえば(もう既に何処でも評判だった)、あにさんはあたし
より大事があって、と笑った。

肝が据わっている。ただ父親と兄のすったもんだもよく知っているのだろう、嫁いだ後のことを思うと心残り
と言う。あにさんはあれで思いつめる性質だからと、おとさんは強情っぱりだしと、はあよく見てやがると
感心のため息をついたものだ。
仕度がひと段落して、茶の一杯も出されたとき化粧師は若旦那と会った。よく手入れされた庭を呆然と眺める
姿を、縁から見とめたのだ。ああ昼は親父と諍って、夜は廓に狂っていてはまあこの始末だろう。昼行灯に
拍車、とは口には出さぬが。
「妹の祝言に、冴えない顔してんじゃないよ」
からかえばほとほと困ったと、思わず同情してしまいそうな笑顔を見せた。やれやれ、兄貴だけでなくお天道
さまもご機嫌斜めだ、せっかくの晴れの日に景気が悪い。
今はまだ小雨だが、こりゃ酷くなるなと煙管をくゆらしていたら、何の前触れもなく若旦那は隣に腰かけ、
これを、と何かを差し出した。見れば小さな紫の、上等の袱紗の包みだ。何の真似だい、祝儀なら親父さん
から頂くぜと返したら、また若旦那はあの心底弱ったとでも言うような、人の良すぎる顔で呟いた。
大事な妹です、綺麗にしてやって下さいと。言われなくともそのつもりだ。

言うと若旦那ははははと空虚に笑って(そのように見えた)、目に焼き付けておきたいと呟いた。ただ一息
おいて、せっかくの晴れ姿であるからとまた笑った。
昨今己のせいで、妹に心労をかけているとわかっているのだろう。しかし笑ってばかりいるくせに、威勢が
弱い。もともと顔と人の良さが売りのような男だが、やつれはてよろよろ笑う姿には、気丈に振舞っている
以上の何かを感じる。
あにさんは思いつめる性質だという妹の弁を思い出す。こういう男が思いつめると一体どういう行動に出る
か、化粧師は廓で散々見聞きしてきた。やばい予感が、はねた髪の一房を張り詰めさせる。
どこか今生の別れのように話している。
若旦那は知ってか知らずか、あんたにも世話になりましたとまた言う。何を意味しているか、普通にとれば
妹の仕度云々のことだろうが、なりましたときている。過去のことのように話している。
ぴんと来た。
「あんた、余計なことは考えねえほうがいいぜ」
するり押し殺した声を吐けば、若旦那はその饒舌を止めた。二人の間を雨の匂いを含んだ北風が走り抜ける。
「死んだら元も子もねえ」
ええいくそ、もうちょっと気の利いた台詞は吐けぬものかと己に舌打ちした。

これじゃあ無粋だ。
無粋も無粋、この二人もそうだ。叶わねえことにじたばたとし、泣き喚き、どうしようもない。真っ直ぐで
純粋で、健気で、ああ畜生、俺は褒めてねえ、断じて褒めてるわけじゃねえ。
もう会わねえつもりなんだろうとカマをかけると、若旦那は押し黙った。ほれ見ろ、嘘がつけない。後生です
と言われても、こちとら何の関わりも無い。
そうだ。権利もなければ義務も無いのだ。
叶わぬと斬って捨てる義理も無い。
「その覚悟があるなら」
俺は何を言おうとしてるんだと、己が煙管の先端を見ながら思った。どんより重だるい空にすうと上る白い
煙は、風にもまれてふっと掻き消えた。ああ、こうなりゃ良い。煙のように消えりゃ良い。
今日は、おあつらえの天気になりそうだぜ。
「何も残すな、足がつく」
傍も見ずに立ち上がる。素足に北風はすっかり染みていた。誰に言ったわけでもないと、化粧師は思って
いた。否、思おうとしていた。
そしてそれを忠実に、あの二人は守ったわけだ。否これも、守ろうとしたわけだ。
婚礼支度の化粧台、飾り細工を、下女が静々と抱え過ぎようとしたとき声をかけたのは、ただの気まぐれ
だったのか。
「ああ、待っておくんな」

下女の手中の、飾り櫛をひとつ取る。
黒柘植でよく光った新品だ。花飾りがついているだけのものだ。
「かんざし一つのが、粋だぜ」
そう言って勝手知ったる問屋の中、仕立て部屋の絵付け道具と彫り刀を拝借したのだった。気まぐれで花飾り
をむしりその櫛を、まるであの櫛のように。
全く同じものを二つ、そしてその二つともを何故か、この男が手にしている。
「何であんたなんだ」
どっちの櫛も、と。
「そんな訳あるかって、その程度のほんの、ほんの少しだけの」
化粧師は苦しげに、そんな可能性を何故拾うのかと言う。問われても困る。そのほんの少しに何があったの
か、何を賭けたのかこちらから問うた。
「叶えたく、なったんじゃねえかよ!」
すると化粧師は、そう嗚咽して髪を掻き抱いた。
がり、絵筆を齧る音すらした。その八重歯のことを、場違いに思い出した。
みるみる肩が震えて、吐露するものが、その体からずるり抜け出す。強い風も無いのに行灯の火が身悶え
して、化粧師の影も己の影も揺れた。
その何かがごうおと、見えぬ嵐のようにその場を凪ぐ。
「あんたさえ拾わなけりゃ、気づかなけりゃと、俺はずっと」
ぽんと、闇夜に川にひとつの櫛。
「ずっとだ」

まさか、な。
たったそれだけくらい、冗談のような賭けだ。若しや新造が躊躇えば、若旦那が諦めれば、ただ流れていく
だけのこと。いやそれ以前に、これが今日の日でなければ、全て意味を成さぬこと。飲み込まれ沈めば誰に
も何も起こりはせぬ。
罪滅ぼしの意味も、己の良心の呵責もあった。手に手を取って駆け落ちしても、捕まれば目も当てられぬ
折檻、拷問が待っている。それをも知っていた。
逃げ延びたのかは知らぬ。もしかしたら本当に、川底に沈んだのかも知れぬ。ただもう、それも今となっては
どうでもいい。
叶うわけねえよ、叶わねえよ。ああそりゃそうだろう。だがもしうまくいったならそれは。
あんたさえ拾わなけりゃ、気づかなけりゃ。
だがもしあんたが拾ったなら、うまくいったならそれは。
ああ逆だ、何でもかんでも嫌がらせみたいにかちりかちり、噛み合いやがる。噛み合いやがった。
目を逸らすなと、そういうことか。俺は目を逸らせやしないのか。
畜生。
やがて、ふうふうと息を吐ききって、ようやっと顔を上げた化粧師と目が合う。何かが抜けた後の、それが
あばれ狂った後の、その目はやたらつめたかった。

狭い、この距離なんざ僅かだ。
結わえきれぬ髪も好い。伸ばした手のひらに触れ掴める。
そのまま仰向けに押しやっても、化粧師は冷静だった。いつぞやの煙管のように咥えていた絵筆を、ちょい
と絵皿へ戻すこともする。
目は逸らさず真っ直ぐのままだ。
畳のまんまはちょいとつらいなと言うので、押しやられていた夜具を足で引きずりだして乗り上げた。おと
がいに掛けた指を化粧師は好きにさせておく。
喰らいつくように口付け貪っても、もれるのは継ぐ息の音だけだった。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
やっとここまで来ました。

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP