ホーム > 32-194

オリジナル、エルフ×ダークエルフとエルフのハーフ

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     | いきなりやってますが気にしないでください
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄| 本編書くと長いのでエロ抜き出し。
 | |                | |             \
 | | |> PLAY.       | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ ドキドキ
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ )
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ぎしっ
ベッドがきしむ。不安げに見上げてくるその顔が、たまらない。
薬によって頬は上気し、体に服が、指がふれることさえ快楽に変わっているようだ。
これはチャンスだ。
とはいっても心の奥底に眠るこの思いを。あの人間の老婆は見透かしているのだろう。
だからこのような要求をしてきたのだろう。
これはチャンスなのだ。
ただ、友人として接してきた関係が壊れるのを、どこかで聞いた気がした。

二日前
「すまないな、お前にまでこんな所までつき合わせて…」
ダークエルフとエルフのハーフであるスペルは、赤い瞳をこちらへ向けた。
ダークエルフの血が入ってるとは思えぬほど白い肌、長くみつあみにされた金の髪はとても美しく、女に見えても仕方ないと思う。
ただその赤い瞳は、ダークエルフそのものである。
とはいえ幼少期からその血のせいで村中から迫害されてきたのだ。
ただ一人、その村のエルフ、クィンだけが好意を持って彼に接してきた。
最初は心を閉ざしていたスペルだったが、半ば強引に仲間になり、接するうちに、友人として笑顔を見せてくれるようになった。
 そう、クィンはスペルの事を見てきた。
クィンは、幼いころから彼のことを。
「いや、大丈夫さ。ケイがあんな状態じゃ、何人かはついていてやらないとな。お前一人では危ないし、そう思えばこの坂道だって…何とか…きっついけどな」
ケイは腹違いの、スペルの弟だ。
人間とエルフとのハーフになる彼は今、魂を死神に持っていかれている。
その魂の行方を追うべく、この山を登っている。
この山の頂上には、占い師が住んでいるという。
「なんだって人間てやつぁ、こんな山のてっぺんに住みたがるかね」
とても森を愛する種族とは思えないせりふである。
昔から、クィンはほかのエルフとは一風変わった存在だった。
だからこそ成長したスペルを見て、心底惚れ込んでしまったのかもしれない。

中空に月が浮いている。
まん丸の月は雲と雲の間で美しく光っている。
その明かりを受けながら、スペルは微笑んだ。
「疲れたな、今日は休むか?」
得意の魔法で火をつけると、枯れ木に火を移す。岩場のちょっとくぼんだところに二人は腰掛けると、ぱちぱちと音を立てて燃える火を見つめていた。
エルフには火をつけることはできない。
火は破壊の象徴だ。それを付けることのできるのはダークエルフと人間だ。
ダークエルフの血の入ったスペルは、とても攻撃魔法に強い。その細い体のどこにそんな力があるのかと思うほど、攻撃魔法を繰り出して戦う。
だが、今となりにいるのは疲れてため息をつく、頼りなげな青年。
弟のことを案じているのか、顔色が悪い。
さらりと流れる髪が美しい。
「大丈夫か」
「…うん…」
少しの沈黙の後、スペルが口を開いた。
「ケイ…大丈夫かな…これでケイの魂がどこにあるのかわかるなら、何でもする…!」
大丈夫、魂の輝きはうせていない。
死神さえ何とかすれば、魂は戻ってくるのだ。
その死神と魂さえ探し出せれば!
「…気持ちはわかるが…無理すんなよ」
クィンはスペルの肩をぽんぽんと叩いた。

それが二日前。
それがなんでこんなことになったのだろうか。
自分たちはその後、山の上に立つ小さな小屋を見つけ。そこに住む老婆を訪ねた。
何もかもを見透かしたような顔でクィンを見ると、二人を家に入れ、部屋をあてがった。
だが占いをするには条件があるという。
その部屋で。
クィンが、スペルを抱けというのだ。
最初は戸惑い、クィンは断った。
だがそれではきた意味がない、と、スペルは受け入れた。
クィンはスペルの肩をつかむと、本当にそれでいいのかと問いかけた。
彼は、困ったように言った。
「あ…お前が嫌なら…考える」
「嫌じゃない!」
「え」
一瞬あっけにとられたような表情をすると、悲しげに微笑んだ。
「ケイの命が助かるなら、私の体くらいどうってこと無いよ」
体くらい?
その程度にしか考えてないのか?
そう思ったが、あえて口にしなかった。
本当は今すぐ抱きたい。その唇を奪いたい。
苦虫を噛み潰したような表情で、スペルを抱きしめる。
こうして抱きしめたことすら初めてだったかもしれない。
だが決心とは裏腹に、腕の中のスペルは震えているようだった。

ベッドがきしむ。
そんな音さえ卑猥に聞こえる。
老婆とその下僕が見守る中、体を寝台に横たえる。硬い木に布を覆っただけの寝台に、横たわっている。
普段は同室だ。いつも見慣れた光景が、今では違って見える。
美しいスペル。このまま、このまま。
「風呂が沸いておるぞ、長旅だったろう、する前に入ったらどうかね?狭いから一人用だがの」
その言葉に飛び起きたスペルは、着替えを持って、下僕に風呂場に案内された。不安げな視線からすると、やはり怖いのだろう。
誰もいなくなった寝台に腰掛けると、腰を曲げた老婆が杖をついてやってきて、愉快そうに尋ねてきた。
「気分はどうかね?わしは何でも見えるぞ、おぬしの深層心理もな。心の奥で、あの美しいハーフエルフを抱きたかったのだろう?」
「…」
クィンは少しむっとして、顔をそらした。
「何も異常な性癖だとは思わんよ。それよりあのハーフエルフ、童貞で処女じゃな。まったくの未体験者じゃ」
男も女も相手にしたことが無い。
その言葉に、反射的にクィンは老婆を見つめた。
「…」
「本当じゃ、わしの勘は当たるでな。おぬしが初めての相手となるわけじゃ。そうじゃのう…」
なにやら近くの、大量の薬ビンが入ったたなから、一つの小さなビンを取り出した。
中にはクリーム色の軟膏が入っている。
「なんだ…これ?」
クィンはそれを受け取り、蓋を開けて中を覗いた。甘いにおいがする。
「すべりをよくする薬じゃ。追加効果も入ってるでな、それを使ってゆっくり楽しんでおくれ」
けらけらと笑う。この老婆は何を考えているのだろう。
「本当にこれでケイの魂の居所を探ってくれるんだな?」
「もちろんじゃ」
しばらく話し込んでいると、湯船から上がってきたスペルがいた。バスローブを着て、そのバスローブから見える胸板はピンク色に上気していた。
髪は解いて、ゆるいロングのウェーブになっている。
一瞬見ほれてしまったが、すぐにスペルの言葉に、はっと現実に戻される。

「…クィンも入ってきたら?」
少しうつむいて、恥ずかしそうに。
クィンがベッドから離れると、今度はスペルがベッドに座った。髪はまだ濡れて冷たい。
「じゃあ、はいってくるから」
すぐに出よう。心の中ではやる気持ちを抑えながら、風呂場へと向かうクィンだった。そのクィンを見送って、スペルが手を振る。
「いってらっしゃい」
浮かべた笑顔は頼りないものだった。
クィンの姿が見えなくなると、うつむいて床を見つめた。不安げな顔は、誰が見ても分かるほどだった。
「不安かね」
老婆は言った。
「あ…はい…」
「いい薬があるでな。飲むか?」
またしても老婆は棚をあさる。出したのは、黄色や赤の粉薬だった。
「ある植物の根から抽出した薬さ。飲めば不安なんてものはなくなるさ…、気持ちよくなりたいだろう。痛いのなんてごめんだろう?」
「私は…その」
老婆は台所から、おわんに水を入れ、粉薬を溶かした。
溶かした水はとても綺麗なオレンジに染まり、その水面にスペルの顔を映した。
「経験がないんじゃろ」
「!」
赤くなってうつむくスペルの頭をなでると、老婆は薬を勧めた。
「そう赤くなるな、悪いことじゃないさ。だが男が男に抱かれるときは、どうしようもなく痛いと聞くのう」
「私は…」
「なんじゃ?」
「いえ…薬を飲めば…少しは…よくなりますか?」
薬を受け取って、オレンジ色の液体を見つめる。
「少しはよくなるじゃろ」
その言葉に、スペルは一気に飲み干した。
甘くもなく苦くもなく、ただの水のような味に、スペルは首をひねった。
本当に薬が入っているのだろうか。
しばらくはなんともなかった。
やがてクィンが風呂から上がった頃、その薬は効果を示しだした。
スペルがうずくまる。

カラン、と椀が床に転がった。
「あ…」
熱い。体が熱い。
「熱い…あっ…」
大きく呼吸をするスペルを見つけたクィンが、あわてて近寄る。背をなでようと触れた瞬間、大きく体が跳ねた。
「あっ!!さ、触らないで…」
熱い体に触れられて、すべての神経が敏感になっているようだった。
「…おい!!何した、スペルに!大丈夫なのか!?」
「媚薬じゃ。痛いのが嫌だというでな。ほれ、支度せんかい、辛いまま待たせとくつもりかの」
うずくまるスペルの体に触れて、何度か嫌がったが、それでもそのままベッドに押し倒す。
荒い息を上げてスペルが毛布をかぶる。
クィンは、バスローブの腰紐を解こうとしたが、まだその場にいる老婆をにらみつけた。
それに気づいた老婆は笑いながら下僕とともに、部屋を出て行った。
「おおすまんすまん、軟膏を塗るのを忘れずにな」
パタン、と音がして、扉が閉まる。
あたりはスペルの荒いと息だけが響いた。
「…苦しいか?スペル」
赤い顔をしながら、何度かうなずいた。
その額に口付けて、ゆるく笑った。
「楽にしてやるからな…」
そういうと、
バスローブの紐を解く。
ただし裸になるわけではない。少し肌寒いので、毛布を剥ぎ取って自分にかぶせた。その際、スペルを組み敷く形になった。
「ちょっと寒いな。大丈夫か、スペル」
「私はっ、あ、熱い、体が熱くて…はあっ、何とか、して…」
熱い視線、乱れる吐息、乱れた着衣。
何とかしてと訴えてくるその視線。
頭を軽く持ち上げてやると、そのままクィンはスペルに口付けた。
何度も何度も舌を絡ませて、唾液を飲み込んで。お互いがこれから行う儀式を暗示させるように。
「んっ…はあっ…」
初めての口付けに、戸惑うスペル。それでも振るえる舌を捕まえて、舐めあげて行く。

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |
 | |                | |           ∧_∧ 長くなったのですん止め
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP