ホーム > 24-143

Dr.コトー診療所 ウブ原→コト4

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |  コトー初作より。前回の続き+8話アフターストーリー
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄|  調子に乗ってさらに続けます…
 | |                | |             \
 | | |> PLAY.       | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ ドキドキ
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ )
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

(…次に僕が気づいた時には、もう誰もいなかったんだっけ…)
健助は首まで真っ赤にしながら、机の上で頭を抱える。
鳴海とのことは初めての経験で、自分がどうなってしまったのか分からず、
しかもはっきりと思い出せないことに怖れすら感じる。

(あれからしばらく、病院へ行くのが怖かったんだ…)

病院へ行くたび、いつ鳴海とバッタリ会うのではないかとビクビクしていた。会ってしまったら、一体どういう顔をすればいいのか。
幸いなことにそれっきり、鳴海とは顔を合わせなかった。

(僕は…)
もう一度、原さんが来てくれた日の夜の事を思い出してみる。
原さんの唇、抱きしめられたときの体の感触、今でもありありと記憶に残っている。思い出すたび、宇宙の彼方へ飛んでいってしまいそうな気分になる。
こんな感覚は初めてだった。
原さんの事が好きなのだと、その時初めて気が付いた。

ダメだ。

あの人を好きになってはいけない。
あの人はお父さんだ。剛弘君もいる。
それに、原さんはあの日お酒を飲んでいた。もしかしたら、酔っていたのかもしれない。

(忘れよう。)

そう思った。
あの人とは一線を越えてはいけない。

**************************** Edit

俺はまた、あいつの診療所にいた。

漁協で、あきおじが亡くなったことを聞いたとき、
また、あいつのことが気になった。
仕事もそこそこに切り上げて、あいつが行きそうなところを探して回った。
あいつは茉莉子の店にいた。
どうやら酒を飲んで、そのまま寝てしまったらしい。
そしていまあいつは俺の横で正体もなく眠っている。

診療所について、あいつを寝かせたとき、
藁草履を外そうと手に触れた。
あいつの手は信じられない力で握りしめられていた。
その様子を見たとき、どうしてもそのまま帰る気になれなくて、

『もう少し様子を見て帰る』

そう言って、俺は残った。

あいつはまだ俺の横で眠っている。
薄暗い部屋の中で、陰になってよく見えないが、
あいつの目尻には泣きはらした跡が残っていた。

「…う…ん…」
あいつが少し苦しそうな表情をする。どうやら気づいたようだ。

「…目が覚めたか?」
「…原…さん…?」
「あんた、茉莉子の店で眠ってたんだ。何か飲むか?」
「…ええ…水…ください…」
俺は立ち上がって台所へ行き、水を一杯汲んで戻った。
「ほら」
「…ありがとうございます。…っ!ゲホコホッ!」
「おい、大丈夫か?」
慌ててあいつの背中をさすった。
「…っす…ゲホッケホッ…すみませっ…ゴホッ!」
あいつは盛大に咳き込む。俺はあいつの背中をトントンと叩いたり、さすったりして咳が治まるのを待った。
ようやく咳が止み、水を半分ほど飲み干したところで、あいつは言った。
「…送ってくれたんですね」
「ああ、彩佳と茉莉子とな。俺はたまたま通りかかっただけだ。気にするな。」
「原さんはいつも…優しいですね…」
あいつにしては珍しい、やや自嘲するような声だった。
まだ酔っているのだろうか。

静かな波の音が聞こえる。

「原さん…?」
「ん?」
「この間のこと…覚えてますか?」
唐突に聞かれて俺はドキリとした。
慌ててあいつの様子を窺った。あいつは空になったコップを見つめていた。顔は陰になってよく見えない。
「…何のことだ。」
俺は必死で動揺を隠し、かろうじてそれだけを言う。
「…僕が怪我をした日のことですよ」
そう言って、あいつは不意に顔を上げ、俺に近づいてきた。
「あのとき…僕にキスしましたよね…こんな風に」
「んうっ!」
あいつの口が唐突に俺の口を塞いできた。
あいつの舌が、俺を誘うように進入してくる。
「僕を抱きたいですか?」
あいつが触れた場所、あいつに触れる場所から、電気に触れたような痺れが沸き起こり、俺の全身に容赦なく襲いかかる。
やめろ!やめてくれ!!これ以上俺に触れないでくれ!
これ以上触れられたら、俺は何をしてしまうか分からない!

「…っやめろ!!」

俺は乱暴にあいつの体をつきはなした。
あいつの体は、崩れおちるように俺の体から離れた。

あいつが今どんな顔をしているか、分からなかった。
俺はそのまま診療所を飛び出した。

波の音だけが残る部屋で、健助は崩れ落ちた体制のままでいた。

原さんとのことは、終わらせなくちゃいけないと思っていた。
親切にされれば、僕はきっともっと多くの事を求めてしまうだろう。
だから嫌われるつもりで、わざとああいう態度を取ったのだ。

でも、心のどこかでほんの少しだけ期待もしていた。
もしも、原さんが僕の事を好いてくれているのなら、僕を受け入れてくれるかもしれないと。
でもそれは僕の一人よがりだった。やっぱり原さんは僕のこと、何とも思ってなかった。
あの日の事を覚えていたのは僕だけだった。やっぱり酔っぱらってただけだったんだ。

(これでいいんだ…これで…)

咲ちゃんとの事も終わった。
痛みは一度のほうがいい。

健助の手は震えていた。

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |
 | |                | |           ∧_∧ 全く進展のないこの二人…
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )もう少し続けさせてください
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP