ホーム > 23-561

ル/ナ/テ/ィ/ッ/ク/ド/ー/ン/第/三/の/書/ 冒険者×ヴァンパイア12

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     | ル/ナ/テ/ィ/ッ/ク/ド/ー/ン/前途シリーズ
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄| より、冒険者×ヴァンパイアです
 | |                | |             \12回目です。
 | | |> PLAY.       | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ 
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ )
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

それから五年がたつ。
それまで普通の冒険者として過ごしてきたヴァンパイアは、すっかり冒険者生活に慣れ、また、ヴァンパイアになってほしい事は、一言も言わなかった。
五年がたった今、ロウッドは三十になっていた。
あっという間だった。
 また、雪の季節がめぐってくる。
冷たい風を避けるように、馬車の中で二人は会話していた。
「そろそろ着くな」
「夕闇の町か」
町の外から見た夕闇の町の上空は、曇っていた。どす黒い暗雲が立ち込めている。
ムシュフシュは、いまだ健在なのだ。
誰にも倒されていない、五年も住み続けている。
ロウッドの表情は、曇った。
夕闇の町につくころには、その曇り景色もいっそう濃く見て取れた。
無言で馬車を降りる。
そのロウッドの雰囲気に、ヴァンパイアも黙って馬車を降りた。
宿に泊まる準備は、ロウッドが済ませた。
だがロウッドは部屋には行かないで、一階の酒場で噂話を聞いていた。
「――まだ、ムシュフシュは居座ってるんですのよ」
「ムシュフシュはいつになったらいなくなるのかねぇ」
「俺のリーダーがムシュフシュに殺されてさ…」
皆、この町に居座っているムシュフシュの話題ばかりだった。
ヴァンパイアは戸惑った。
皆、ムシュフシュから逃れたがっている。それはすなわち、救世主の誕生を待っているのだ。
 二人は二階へと上がり、自分の部屋へと入った。
二階には、鏡があった。
人間の服装チェックができる、ロングタイプの鏡が、立てかけてあった。
ロウッドはその鏡を、しげしげと眺めてはにやりと笑った。
「ロウッド、話があるのだが、良いか」

「ん、何だ?」
ヴァンパイアは荷物を置いてフードを取ると、ロウッドの前に立った。
鏡にははっきりと、ヴァンパイアの姿が映っている。
「ムシュフシュ討伐に行かないと、誓ってくれ」
「レイン…」
「頼む!頼むから…!」
ぼりぼりと、ロウッドは頭をかいた。
ロウッドは、何を思ったか、鏡にヴァンパイアが映るのを確認すると、言った。
「なあなあ、そんなことより服脱いで鏡の前で足開いてくれよ」
「は!?」
ヴァンパイアは目を丸くした。
「なあ、良いだろ、な?」
その間にも、てきぱきとコートを脱がせていく。
「ちょ、ちょっと待ってくれ、人の話を聞いているのか!」
「聞いてる聞いてる、それにお前ヴァンパイアだろ、人じゃない」
「そうだがっ…!」
するするとハイネックの服を脱がせ、あれよあれよという間にヴァンパイアは一糸纏わぬ姿になった。
 恥ずかしいのか、ヴァンパイアはコートをめちゃめちゃに羽織り、体を隠すと、ロウッドに文句を言った。
「何をするのだ、私の話を聞け!」
「そのコート返して、鏡の前行って」
「ふざけるな!」
その一喝もむなしく、そのまま担がれてベッドの上に放り投げられた。
ちょうど目の前には鏡。裸のヴァンパイアが、映っていた。
「ヴァンパイアは鏡に映らないって言うのは嘘なんだな、こんなに綺麗に映ってる」
ロウッドはヴァンパイアの肩に触れると、口付けの雨を落としていった。
そしてヴァンパイアをひざの上に乗せる。
 裸の自分が鏡に映っているというだけで、目をそらしてしまう。
が、ロウッドはヴァンパイアの足をつかむと、一気に開かせた。
「わーっ!!」

「おー。丸見え」
性器からその奥まった部分まで、鏡に映っていた。
慌てて手で隠す。
最低だ、この男は。
ヴァンパイアは思った。
ロウッドは指をつばでぬらすと、手を退け、その奥まった部分に指を突き入れた。
「んっ!…あ、ロウッド。するのか?」
「鏡見ながら、な、しようぜ」
鏡には、指を入れているロウッドと、入れられているヴァンパイアの姿。
鏡は、ヴァンパイアの不安げな目つきもしっかりと映し出していた。
「嫌だ…、鏡は、どけてくれ…」
「だめだ」
「ああ…」
だんだん中がほぐれてくる。秘められた部分に猛りをあてがうと、ゆっくりと埋没させていった。
「ほら、前みて…」
見ると、鏡には自分の中にロウッドのものが入っていく様が、ありありと映し出されていた。恥ずかしさに目を覆う。しかし、その手もほどかれた。
しばらく、ヴァンパイアはぼんやりと鏡に見入っていた。
「あっ、はっ」
ゆっくりとヴァンパイアの腰をつかんで、上下される。
鏡には、抜き差しされるそれが、映っている。自分が犯されている姿が、映し出されている。なんとも言いがたい快楽が背筋を走った。
「ああっ、こんな私は見たくない…」
そういいつつも、鏡に釘付けだった。両手を、後ろ手にロウッドの首に手を回す。
突き上げると、いっそう高い嬌声が上がる。
「ああああっ!ロウッドっ…」
「見ろよ、足開いて、男に突かれて、よがってるお前が映ってる…」
「あん、あっ、ああっ、そ、そんなこと、言うなっ、言うなあっ!!」

 つかんだ腰に、揺さぶりをかける。
何度も何度も抜き差しを繰り返されて、ヴァンパイアは白い首をのけぞらせてよがった。
鏡には、その姿が映し出されている。ロウッドはその姿を見て、満足した。
(この顔も、この体も、この手も足も、俺のものだ)
「ああんっ、ふあっ、ロウッド、ロウッドっ…!!」
涙を流してよがるレインに、やさしく口付ける。
「もっと、もっと突いて、ロウッド!!」
鏡を横目で見ながら、ヴァンパイアは懇願した。
その願いどおりに、突く速度を早くさせていく。
先走りの液をしたらせ、ヴァンパイアは鏡に見入った。
「私、が、いやらしい、こんな、私は、しらない…ああっ!」
羞恥と快楽で、白い肌は薄紅色に上気していた。
鏡は羞恥にもだえるヴァンパイアを映し出している。腰は上下し、ロウッドのものを飲み込んでいる。
突き上げるスピードが速くなる。そのうちに涎を垂らしてまでよがるヴァンパイア。
あまりの快楽に、すぐに達してしまった。
達したときの自分の表情を見て、ヴァンパイアは頬を紅潮させた。
「私は、こんないやらしい顔、してたのか」
「綺麗だよ、レイン」
そのまま、ヴァンパイアはロウッドに体を預けるように、眠ってしまった。
翌日、コートを着せられた状態でベッドに沈んでいるヴァンパイアは、目を覚ました。
鏡が昨日と同じように、立てかけられている。
この鏡が、自分の痴態を映したのかと思うと、壊したくなってくる。
が、その思いはぐっとこらえた。
「ロウッド…?」
ふと、ロウッドの姿が見当たらないのに気づいて、辺りを見回す。
が、やはりいない。
彼の持っていた装備も、荷物も無い。
ヴァンパイアは、青くなった。
――まさか。まさか。
服を着込み、装備を整えると、荷物を持って宿の一階にある、酒場へと走っていった。

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |
 | |                | |           ∧_∧ レスバンカクノワスレタ・・・
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )エロツヅキデモウシワケナイ
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP