ホーム > 22-138

ロードオブザニップレス ホモの帰還

131 はい、続き

135 セツナス GJ! そして雰囲気ぶちこわしでゴメ

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ ) ウカーリ ツヅイチャッタ!

Edit

前作のあらすじ
千年ぶりに復活した魔王エイナルを倒すために旅立った勇者達。
伝説の防具「流星のニップレス」を無事手に入れ、目指すは魔王の住む城
アパァトメント・クロガーネ!
しかし行く手を阻む魔王の人類総攻め化計画――タイムリミットは受けが
攻めになってしまうまで! 残された時間は少ない、果たして間に合うか?!

旅の途中――
空を見上げる勇者。その瞳に浮かぶものは煌く星と月、そして――愛する
受けの面影。鍛え上げた巨体を丸め、在りし日の幸せを思い出す。
身につけている紫のラメ入りビキニにそっと手をやり、ああそういえば
このパンツもまた受けが自分のためにと買ってきてくれたものだったと思い出す。
恥じらいで頬を染め、そっとこちらから視線を外しながら差し出した仕草。
おそろいなんだ、と小さな声で呟いてえへへと笑った彼の笑顔。眩しく輝いた白い歯。
熱く胸に込み上げた情熱に押されて、思わず食卓テーブルに押し倒した事。
抱きしめた身体のがっしりとした肩口の厚み、優美に盛り上がった背筋の描く美しい曲線。
あの全てが夢だったのではないかと――そう思われるのは、月があまりに綺麗だからだ。

月のような人だった。
色白の身体に無駄なくついた筋肉、それで織り成すサイドトライセップスはまるで
三日月のような弧を描き、人を圧倒し寄せ付けない孤高の美しさを放っていた。
それでいて自分に向けてくれる笑顔は無邪気で優しくて――光り輝いていた。歯が。
愛しい人を思い出し、そっと溜息を吐く。
そんな勇者の背後から魔法使いが躊躇いがちに声をかけてきた。
「……悩み事かな」
「ガンバルス……」
声をかけられて振り向くと、老いた魔法使いが優しく微笑みかけてそこに立っていた。
「受けの……ことを。姫五郎のことを、少し考えていただけだ」
姫五郎。三国一の受けと言われたあの人。
彼が攻めになってしまう。もし間に合わなかったら。
その時自分達は、どうなってしまうのか。
多くのカップル達のように破局を迎えるのだろうか。
そう思うと気が狂いそうになり、夜も眠れず腹筋500回を猛烈にかましてしまうほど、
勇者は思い悩んでいた。

「大丈夫じゃよ」
穏やかに老魔法使いは言う。
「万が一――受けが攻めになるようなことがあったとしても、お前さんがたに
 愛がある限り、何一つ問題などない。……大丈夫じゃ」
遠い目をして、月を眺める魔法使いの横顔を勇者は黙って見つめた。
魔法使いは多くを語らない。三千年という時をどう過ごしてきたのか――
辛いことや悲しい別れもあっただろうが、黙して彼は微笑んでいる。
もっとも、一番大事なことは魔法使いの身体を見れば全て分かるのだが。
年をとってもなおはっきりと分かれたシックスパッド、首から肩へかけての
穏やかなる曲線が示す筋肉。大柄な身体が生む威圧感は年輪を経て
ますます増し、味方にとってこれ以上なく頼もしい存在だ。
彼が乗り越えてきた困難の一つ一つがその身体に刻み込まれ、筋肉達が
高らかに歌うのは覇者だけに許される英雄伝――そんな漢なのだ。
だから、勇者は彼の言葉に頷いた。
「ああ、信じるよ。受けを。愛を。俺達の未来を」
俯いていた顔をあげ、煌く月を眺める。きりっとした緊張感に厚い胸板の
乳首もそそり立ち、震える。

必ず取り戻すのだ。受けを。

月がそんな勇者を優しく見守っていた。

アパァトメント・クロガーネ――
数々の苦難を乗り越え、とうとうたどり着いた敵の本拠地。
意外と庶民的な形の黒く四角い箱型住居の一部屋一部屋の扉を勇者達は
片っ端から開けまくっていた。
「くそっ……、こう数が多くちゃ!」
「こんな扉に手間取っている間に受けが攻めにされちまう……!」
弓使いと斧使いのでこぼこカップルが呻く。ずらりと並んだ扉はとにかく数が多く、
その部屋のどこにエイナルと受けが潜んでいるのか全く見当もつかない。
「どうにかならないのか、ガンバルス!」
焦燥に駆られた仲間からの叫びに、しかし魔法使いはううむと唸っただけ。
「くっ……」
全ての扉を開けていくしかないのか――そう思いながら69番目の扉に手をかける。
がちゃり、と扉を開け放つ。鍵はかかっていなかった。
中は普通のワンルーム、がらんとした部屋には調度もなく無人であった。
「くそぉっ!」
叫んで扉を蹴りつけた勇者の脳裏に、天使の言葉が蘇る。

笑顔を忘れてはいけません。そう、どんなに辛いときでも――

ふっと身体の力が抜けた。そうだ、忘れてはいけない。俺達は常に笑顔を――
勇者は大きく息を吐くとにっこりと微笑んだ。そしてゆっくりと、自分の身体を
一番良く見せられるポージング――マストモスキュラーのポーズをとる。
心が落ち着く。
そんな勇者の心境に連動するように、勇者の乳首に貼り付けられたニップレスが
突如として輝き始める。ふわりと淡く光を放ったかと思うとそれはたちまちに強さを増し、
虹色の光が両の乳首から放たれる。

「なっ、なんだ?!」
「おい勇者、この光は……!」
仲間達から驚きと疑問の野太い声が上がる。しかし、勇者の耳にその声は
届いていなかった。光の指し示す先――そこに、自分の求めるものがある!
直感的にそれを悟り、勇者はうおおおと雄叫びを上げた。
叫びとともに光が帯状になり勇者の身体へと纏わりつく。光を纏い、今や
黄金の戦士と化した勇者は光の指し示す方向へと突進した。
「待っててくれ、姫五郎!」
どごおっ
壁にぶち当たり、それをぶち抜き、瓦礫を掻き分けて勇者は前へと進む。
仲間達はこれがニップレスの力なのかと驚きながら後へと続く。
次々と壁をぶち抜き、二十枚目の壁を突き破ったところで勇者の脚が止まった。
この部屋だけ明らかに内装が違う。黒に塗られた壁、春の麗らかな日差しを
遮るカーテンも黒、そしてそこだけ不釣合いに豪奢な天蓋付のベッド。
そしてベッドの上に愛しの受け、姫五郎の姿を見つける。
「姫五郎!」
「攻め!」
勇者の姿に気づいた受けは駆け寄ろうとして、すぐにはっと気づいて叫んだ。
「だめだ!」
激しい恫喝に思わず立ち竦む勇者。訝しく思って受けの顔をじっと見返すと、
受けは悲しそうに顔をゆがめ、小さな声で呟いた。
「来ちゃだめだ、攻め。俺の身体はもう、俺の物であって俺のものじゃない」
「何を言ってるんだ……?」
「俺はもう、魔王エイナルに身体を乗っ取られてしまった。
 奴が眠っている今はいいが、奴が目覚めたら――俺は、きっと」
そこで受けは言葉を切った。言うことがとても辛いというように、涙が両目から溢れる。
震えながら受けは言葉を口にした。
「俺は、攻めを抱いてしまうだろう」

「…………!」
その言葉に勇者は衝撃を受けた。
「間に……」
意識せず呟きが口から漏れる。間にあわなかった。
ショックのあまりがっくりと膝をつく勇者。力なく項垂れた彼の胸元から
黄金のニップレスがぺろりと剥がれ落ちる。受けを救いたいという熱い思いが
失われた今、彼は勇者としての資格を失ったのだ。
ニップレスは勇者の胸にしか張り付かない。
「……逃げてくれ、攻め。俺は……君に抱かれたいとは思っても、
 抱きたいとは……今でも、やっぱり思えないんだ……」
涙ながらの受けの言葉に、勇者――いや、いまやただの攻めとなった男が顔を上げる。
「受け……」
じっと見つめる、久しぶりに見る受けの顔はやつれていた。
無精髭がまばらに伸び、それを隠したいのか顔の下半分を手で覆っている。
あれだけ逞しかった筋肉も少し落ちて一回り小さくなった印象だ。
だがそれは、紛れもなく攻めが愛した受けその人だった。
攻めは受けを見つめ、そして瞳に決意の色を浮かべると立ち上がった。
「俺は……逃げない」
低く、だがきっぱりと言われた言葉に受けの目が見開かれる。
「俺は逃げない。お前と一緒にいたいんだ、受け!」
「だけど……!」
「例え俺を掘ろうとしても、いいんだ。いいんだよ、そこに……愛が、あるなら」
攻めの言葉に受けは激しく首を振った。
「いやだ! いやなんだ、俺が、俺が君を抱くなんて、耐えられないんだ!!」
魔王エイナルに身体を乗っ取られ、身体は既に攻めとして目覚めながら、
それでも受けは攻めにとって受けでいたいのだと叫んだ。
「なら……なら、もう一度俺は受けを抱く。攻める喜びなんか、忘れさせてやる……!」
「! 攻め……!」

力強く言い切る攻めの胸元に、床に落ちていたニップレスが宙を舞い再び張り付く。
黄金のオーラを放つ厚い胸に受けは飛び込んだ。
再び勇者となった攻めは受けをその胸にしっかりとホールドする。
受けの身体を覆うのは勇者と揃いの紫のビキニ。そのぴちぴちに張り付いたビキニが
勇者を誘っている。高鳴る胸の熱い鼓動、久々の抱擁に身体が溶けそうな幸せを感じる。
だが、間もなく受けは勇者の腕の中で苦しみ始める――魔王エイナルがおやつの後の
睡眠から覚めたのだ。受けたいという心と攻めたいという渇望に挟まれ、受けは苦しむ。
そんな受けに攻めは優しく口付け、その巨体で持って優しく包み込む。
まばゆい光を放つニップレスに気づいたエイナルは、それこそが自分を苦しめる産物だと
気づいて勇者の胸から引き剥がそうとした。
だが、その伸ばされた手を勇者の手が掴む。
「エイナル……あんたは、何を怖がっているんだ」
肌を重ね、間近で目覚めた魔王と触れ合うことで勇者には魔王エイナルの思考が読めた。
その心の奥底に秘められた不安や恐れといった感情さえ覗くことが出来た。
「わたしが、何を恐れているだと……!」
「怖がっているじゃないか、今だって。何も……恐れることはないのに……」
優しく抱きしめる勇者に、エイナルが震え上がる。
その光景を見ていたガンバルスははっと気がついた。
「そうか……そうだったのか、魔王エイナル……」
目の前の巨体の男二人の組んず解れつに一歩近づき、厳しい眼光で魔王を質す。
「魔王エイナル、あんたの本質は攻めじゃないんだ、受けなのだ」
老魔法使いの言葉にぴくりと受けの――エイナルの身体が強張る。
「そうだろう。エイナルは発音記号、魔王エイナルの正体とは愛の神アナルじゃ!」
なんと、と仲間達がいっせいにガンバルスを振り返る。

「そう――昔、遥かな昔に聞いたことがある。
 我らが神ヤオゥイと愛を誓い合った神アナルの神話を。
 彼らは愛し合い、永遠を誓ったがある日を境に互いを憎み、戦うことになった。
 その原因は――」
哀れむような眼差しで、ガンバルスはエイナル――アナルを見遣った。
アナルは笑った。泣きながら、笑った。
「そうさ、あいつが俺に、今度ちょっと逆でやってみない?なんて言ったからだ!」
その場にいた全員が凍りつく一言。
彼らにとってはとても重要な受けと攻めの役割を、そんな風に簡単に交換しようと
言われたアナル――しかも彼は生粋の受けだというのに。その時の彼の心境は、
どれほどつらかったことだろう。
「言われても俺にはあいつを攻めることが出来なかった。
 あいつは仕方ないよと言ったけど、そんなことを言われても惨めなだけだった。
 俺は、俺は、だからあいつを……」
「――満足させられる『誰か』を見つけるために、人類を攻めに次々と変えていった」
静かに言ったガンバルスの言葉に、勇者の腕の中で魔王と呼ばれた神は頷いた。
「俺じゃない誰か……あいつを攻められる、誰かを……ずっと探してた……」
ガンバルスは静かに息を吐くと、ついで大きく吸い、一喝した。
「ばかもンが!!」

老体から発せられたとは到底思えぬ声量が部屋に響き渡る。
「そんなことをしてなんになる、ヤオゥイが求めたのは他でもない、お前だろうに!」
怒鳴られてしゅんとなるアナルを勇者は抱きしめ、ガンバルスに言いすぎだと言った。
受けの短い五分刈りの頭を撫でながら、優しくささやく。

「ただ、攻めが――ヤオゥイ神のことが、あんたは大好きだったんだ。
 それだけのことだろ?
 ……そうさ、あんたはヤオゥイを愛してる。今でも。だから、こんな計画を……」
泣きながら受けがしがみついてくる。もはやそこに攻めたいという渇望はない。
アナルはアナルなのだ。攻められることを願い、ただ愛した男を受け入れたいと願う。

「……俺じゃ、ダメだな。あんたが愛してるのは、ヤオゥイだた一人だ」
勇者が呟いたその時、一際強く黄金のニップレスが光り輝いた。
そして光が人型を形作り――優しく輝き、言葉を発した。
『やれやれ……まったく、手のかかる奴だな』
苦笑混じりの優しい言葉には深い慈愛の響きが宿っている。
その場の誰もが目を剥き、驚きに息を呑んだ。
「まさか……」
「……ヤオゥイ神」
誰のものとも知れぬ呟きに光がふふっと微笑む。
『そのとおり。エイナル――いや、アナル。迎えに来たぞ』
微笑み受けへと手を伸ばすと、黄金の光に釣られるように白金の光が
受けの身体から引き出され、人の形を創り出す。
『すまなかった。わたしの軽率な一言で、お前がこんなにも傷つくとは――
 愛があればなんでも許される、そう思っていたのだ。
 わたしは愚かだ。そのわたしを、許してくれないか。
 わたしは、いまでも、お前だけを愛している――』
黄金が言葉を紡ぎ、白金が煌き震える。
静まり返った四畳半に、喜びが悲しみか、震える声が漏れる。

『ヤオゥイ……わたしこそ、許されない罪を犯した。
 無関係の人々を混乱に巻き込み、多くの別れを生み出した。
 それでも、わたしを愛しているといってくれるのか』
『……そうだ。お前の罪を生んだのもわたしに責任がある。
 お前の罪はわたしの罪。ともに背負い、償っていこうではないか』
『ヤオゥイ……!』
感極まって白金は黄金へ飛び込んだ。まばゆい白い光が溢れるように飛び散る。
『人間達よ、すまない。我々の起こした愚かな過ち、これから先の未来でもって
 必ず償っていくと約束しよう』
黄金の光がそう宣言し、暖かな光が部屋いっぱいに満ちる。

そして光が消えた後、誰もが呆然としている中――
「……攻め」
受けが勇者の胸に頬を寄せ、幸せそうに微笑んだ。
勇者もまた、きつく受けの肩を抱く。
その姿に仲間達はやっと我に返り、そそくさと視線を逸らし部屋を出て行く。

今まさに愛を交わさんとする二人に、ガンバルスがにやっと笑って
「ほら、大丈夫じゃったろう」と言った。
勇者は笑い、受けを抱きしめ頷いた。
「ああ! 俺達は、何があったって大丈夫さ!」

ロードオブザニップレス ホモの帰還 おわり

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

すまん通し番号入れ忘れ
感動巨編とか目指してたっぽい ムリポ

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP