ホーム > 22-100

野球 トレードされた先輩×千葉ロッテマリーンズの一番打者

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     | ナマモノ棒球 トレイドされた先輩×区鳥の1番才丁者
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄| 降留戦頃の駄文の続きで、ヤッてしまいました・・・
 | |                | |             \
 | | |> PLAY.       | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ ※Caution!逆CPではないです
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ )
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「どぞ、ビール。」
「え、アルコールじゃなくてもいいよ。」
「俺、あっても飲めないっすから。ね、飲んで下さい。」
結構強引に酒を押しつけた。自分が舞い上がってしまっていたから、せめて彼にも酔ってもらいたかった。
「それじゃ、遠慮なく。」
ソファに掛けた彼はかしゃ、と音を立てて缶を開けて口をつける。小さな手や、かすかに動く喉にどきどきする。
「ああ、すいません俺、折角だったのに、あんまり話できなかった。」
「ううん、俺もあまりお前とは話せなかったから。」
そう言って左隣の俺を見上げる視線は穏やかで、ホッとした、とでも言いたげに見えた。
その表情に俺は嫌われていないんだなと安心する一方、そういう対象とは見られていない事も分かってしまう。
「前に・・・幕張で会った時の事、覚えてます?」
「うん。」
だったら思い出してもらおう、と唐突に切り出してみたが、即答されて言葉に詰まった。
「・・・やっぱり駄目っすか、俺じゃ。」
仕方ないから開き直って、もう一度彼に訊く。あれこれ細かく悩むよりは、強気で行く方が俺は得意だ。
「うん。ごめんな。」
缶を置きながら、半年前と全く同じ口調で言われる。しかし今日は、ここですぐに引き下がりたくはなかった。

知人を挟んでの夕食という席で彼に久々に会えて嬉しかったのに、俺はなかなか彼と喋れなかった。
彼の方はタイトルおめでとうと言ってくれて、あまり話す方ではないなりにそこそこ俺にも話を振ってくれた。
だから俺もごく普通に振る舞って、来年もお互い頑張りましょうとか言えば良かっただけなのだ。
それなのに6月以来あれこれ思いを巡らしていたその本人にどう接するか、考えているうちに時間が過ぎた。
あの時は自覚してしまった自分の気持ちが抑えられずに、いきなり彼の唇を奪ってしまった。
その勢いのまま告白したら、強くはねつけられた訳ではないが、しごく平静にきっぱりと断られた。
いつまでもそれを引きずって、色々意識してしまって話せないなんて、全く俺らしくもない。
それで帰り際、どうしてもこのままにしたくなくて、彼を俺の部屋に誘ったのだ。
だがちょっと考えてみれば、いきなり部屋に来てくれなんて不自然な話で、上手い誘い方じゃない。
まさか彼が部屋まで来てくれるとは思わなかったというのもあって、まだどうにも落ち着かなかった。

「何でですか?」
「一番は、好きな人がいるから、かな。」
かちん、という音がどこかでした気がした。気が付くと、彼の両肩を掴んでソファの背に押しつけていた。
「・・・は?誰っすか?俺の知ってる人?」
「それは言えない。」
「何で?やっぱ、知ってる人なんや。」
「言えないよ。」
睨みつけてもユニフォームを着ている時同様、表情が変わらない。押さえつける手に力が入ってしまう。
「・・・分かりましたよ、俺を好きじゃないのは。でも一度くらい、いいっすよね?」
口を引き結んで俺をキッと見上げるばかりで、彼は俺を止めもしない。本気で取り合われていないと思う。
どうしようもなく苛立って、彼の胸に飛びついた。初めて彼の守備を間近で見て驚いた時を、なぜか今思い出す。
俺の方がずっと体格は大きいし、さすがに彼も慌ててもがくだろうと思って、きつく胸板を抱きしめる。

それなのに一呼吸置いて、まるで子供を宥めるような手が俺の背や後ろ髪に伸ばされてきたのだ。
頭に血が上った。顔を上げて、彼の唇を自分のそれで捕らえた。打球にスッと追いつく彼の姿が脳裏をかすめる。
憧れも思いも込めて、忘れられなかった感触に浸る。それに、以前と違って彼の小さい舌がしっかり応えてきた。
びっくりして目を開けると彼は、軽く目をつむってどこか幸せそうだった。動きを止めた俺を引き寄せてくる。
彼はさらに舌と舌のひらめきを楽しみ、触れあう瞬間を味わうかのように何度も角度を変えて口付けてきた。
やっと口が離れたと思ったら、その唇が今度は首筋に押しつけられ、舌がゆっくり這う。
いつのまにか腰と肩に手がしっかり回されていて、咄嗟に逃げるという事ができなかった。
「ちょっ、何するんですか!」
びくっと感じてしまって思わず叫んだら、あっさりと離された。ソファの上にお互い乗り上げて、向き合う。
「何って、そのつもりなんだろ?」
顔を見つめ合うが、事態が飲み込めない。キョトンとした顔で見上げてきて、何とも可愛いとか思ってしまう。
何だか現実感がないが、つまり俺の意図を分かっていてくれていた、という事なんだろうかと思い当たる。
「はい・・・そうっすけど。」
俺は「そのつもり」だが、何かが違うような気がして戸惑う。反対に彼は、覚悟を決めたような表情を見せる。
「ん。大丈夫だから。」
訳が分からない事を言って、彼は俺をソファに横倒しにする。目が回るくらい深く口付けられて力が抜ける。
彼が何を勘違いしているのかぼんやりと、分かってきた。でも何だか、くらくらするほど気持ちが良い。
それに彼がそんな事する訳ないと頭のどこかで思い続けていたから、俺は状況に流されてしまったのだった。

***

朝の光に、まだ腕の中の彼が身じろぎした。目を開けて何となくこちらを見ていたが、急にはたと目を逸らした。
「あ、おはよう。」
「・・・おはよーございます。」
胸に頬を当ててきて、素肌の感触に浸っているようだ。その様子を見つめながら、ぎゅっと唇を噛みしめた。
彼に好かれている事はずっと前から気付いていた。そして半年前の事で、彼が今さら本気になった事を知った。
でも彼と離れた今、応えてはいけないと思っていた。それなのに積極的に迫られ、この手に抱いてしまったのだ。
「俺、こういうつもりじゃなかったんすけど。」
「うん。俺もそのつもりじゃなかった。」
勢いでしてしまった事なのだろうか。それなら俺がしっかりしなくてはならなかったのに、耐えきれなかった。
彼はムスッとした顔をしながらも、胸に頬ずりしてきたり撫でてきたりする。くすぐったくて、肌が逃げた。
「でも、すごく良かった。」
目を合わせて、はっきり伝えた。全て覚悟の上の事、彼で遊んだわけではないから。反省した振りはしたくない。
「なっ、何言って・・・!」
彼はやはり、後悔しているのだろうか。つい宥めるように軽く目をつむって、唇で頬に触れてしまった。
「お前はもしかして、辛いだけだった?」
口づけで誤魔化すのはいけないと思い直して、聞いた。これだけははっきりさせなくてはならなかった。

「え!いやそんな事は。普通に・・・・・・良かったすよ。」
相当辛そうだったし何度もねだってしまったから、今だって起き上がりたくないくらいのはずだ。
しかし彼もそう言ってくれて、こうして気持ちよさそうに触れてきてくれるのに、心底ホッとした。
「そうか、良かった。」
グラウンド上では抑えている微笑みを向けてしまった。彼も嬉しそうに、いつもの強気な笑みを返してくれる。
彼も俺も互いへの気持ちが募っていた事は確かで、それがぶつかりあって、どこか吹っ切れたのも確かだろう。
もうずっと一緒にいられないからと自分を戒めてきたが、今充ち足りている、という事だって大切なはずだ。
「・・・好きな人がいるんじゃ、もう会えないっすね?」
彼も似たような事を考えていたらしい。顔を合わせたくないのか、今度は俺が彼の胸にすっぽり抱き込まれる。
「会えないつもりでいたい。」
「つもり?」
「いつも一緒にはいられないから、期待したら苦しい。」
「あー。」
彼を振り回したくないと決意していたからこう答えた。でも、気持ちをはっきり伝えない事は申し訳ない。
彼は生返事を返して背や腕を手のひらで撫で回してくる。抱き締めてくる力の強さに、少し涙が滲んだ。
俺も彼の胸を抱く。言葉とは裏腹に彼も俺も、また球場以外でも会えると甘い期待をしていたに違いなかった。

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |               シチュ・キャラなど急に妄想捏造、ご容赦下さい
 | |                | |           ∧_∧ 来年は4仕合ですが競演楽しみです。そしていつか・・・
 | |                | |     ピッ   (・∀・ ) ェロは省略させていただきました
 | |                | |       ◇⊂    ) __好きな人、については想像にお任せです
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  | ・・・先輩は経験値高そうとコソーリ妄想
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP